人気ブログランキング |
カテゴリ:社会( 286 )
お国の事情
先日、市役所に行った理由は、「後期高齢者医療制度」が、制度の見直しにより割引率が変わり、月額の保険料が一気にほぼ倍額になってしまい、ただでさえ少ない年金の中から、そんなに天引きされては堪らん(細かく言えば、年金は1年間で500円しか上がってないのに、この後期高齢者の保険料が月額1000円越え)ということで、苦情に行ったと言うよりは、詳細を聞きに行ったという方が近いか。

「後期高齢者医療制度」については、その開始前後から、当ブログでも集中的に取り上げたことがあるけど、結論を言えば、その当時に危惧されていたことが、いよいよ表層化して来たということか・・・

窓口で、担当のお姉さんに色々説明してもらっても、ぶっちゃけ“アニュアル通り”の回答をされるだけで、なんだか難しくてよく分からないというのが正直なところ。

なんでも、そもそもの予定では、この制度の保険の割引率は、一律7割だったところを、各世帯の収入や年金の支給率等々に合わせて、例えばウチのおかんのように、年金が最低賃金しかないような世帯には最大9割割り引かれていたのが、今回の見直しによって8.5割となり、来年度は本来の予定通り、一律7割になるということらしい。

つまり言い換えれば、それは世帯の収入に関係なく、金持ちも貧乏人も、取れるところからは尻の毛まで抜いちゃえってことなのかな?(^^;

まぁそこまでは、千歩譲ってよしとしましょう(よくないけど)

おかんが(自分も)一番納得いかないのは・・・

つづきを読む
by yaskazu | 2019-08-09 20:00 | 社会 | Trackback | Comments(0)
席巻
昨夜は結果を全て見るまでに寝てしまいましたが、朝起きてみれば、府議選で自分が投票した候補も当選してたし、何よりも驚いたのは、大阪府議会においては維新が単独過半数を獲得し、大阪市議会も42議席の過半数には届かなかったものの、43人候補を出した内の40人が当選するという、前回を上回る大躍進ぶりで、事実上大阪の議会を席巻するカタチになりました。

改めて、大阪での維新の底力を見せつけた訳ですが、ここまでの圧勝になった要因のひとつは、やはり対立候補や政党が、あまりにもへっぽこ過ぎたことが大きいし、そのあまりの不甲斐なさに、本来対立政党を支持してた層までもが、維新の支持に流れたことが大きいのでしょう。

有権者にとっては、維新ありきでなく、維新一択しかなかったということ。

これは、国政の与党と野党の関係と、全く同じと言えるでしょう。

さて、次は後半の市議会選挙。

果たして、どんな結果が待っていますやら・・・
by yaskazu | 2019-04-08 22:16 | 社会 | Trackback | Comments(0)
審判
今日は午前中に投票を済ませ、午後からは家でデレ〜っとしてました。

大阪での選挙の結果は、このブログを書いてる現時点(PM22:00)で、大阪府知事、大阪市長共に、維新候補の当確。

今回の選挙は、このクロス選自体に、自分も正直疑問というか、どうなのかな?・・・という気持ちもあったし、雰囲気的にも、ちょっと今回ヤバイんじゃないかという声も多かったけど、実際は概ね圧勝に近いカタチだったようです。

今になって思えば、うん、そうだろうねぇ・・・ってところでしょうか?(^^;

やっぱりね・・・

つづきを読む
by yaskazu | 2019-04-07 22:15 | 社会 | Trackback | Comments(0)
最後の戦い
明日は平成最後の選挙、統一地方選の前半戦の投票日です。

大阪では、府知事選、大阪市長選、大阪府議選が行われ、21日投開票の各市議選も加え、4重選挙となり、自分の住む地域は、市長選と補欠戦も行われるため、5重選挙という、文字通り大戦争状態です(^^;

中でも注目なのは、やはり明日行われる、大阪府知事戦と大阪市長選。

自分は大阪市民ではないので、市長選には投票できませんが、府知事選と府議選には投票権があるので、赴こうと思ってます。

既に投票先は決めてありますが、敢えてここでそれを明かすことはしないし、またそれを他者に勧めることも、しないつもりです。

勿論、同意できない他者の意見や誘いにも、従うつもりはありません。

ただ、徒党を組んだ組織票等に、屈することは避けたい・・・とは思ってますが。

投票は自由意志であり、義務でなく権利。

だからこそ、真剣に熟考し、後悔のないような投票をしたいし、していただきたいと思います。

政治や社会に、ちゃんと意見を持ち、意思を表示するためにも、その権利を放棄しないよう、必ず投票には行きましょう。
by yaskazu | 2019-04-06 21:31 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トップ
自民党の総裁選は、まぁ順当な結果といったところでしょう。

出来レース・・・なんて言ってしまうと、ミもフタもありませんが、そもそも政党の党首を決める選挙なんて、そういうものです(苦笑)

ただ、以前からずっと言ってることですが、事実上国家のトップを決める選挙に、国民が投票できない今の制度は、やっぱおかしいと思いますけどね。

とは言え、仮に国民が投票できたとしても、結果は多分、同じだったでしょうけどね(^▽^;

つづきを読む
by yaskazu | 2018-09-20 23:10 | 社会 | Trackback | Comments(0)
本当にどうなってるのか・・・
大阪を中心に、近畿圏内が台風で、結構な被害が出てしまって、どうなることかと思ってたら、間髪入れずに北海道で大きな地震・・・

こちらも、かなりシャレにならない事になっている模様で、ここ数日は報道関連は、災害一色(しかも複数の)になっていて、本当にどうなっているのかと・・・

思えば今年は、冬は異常に寒かったかと思えば、夏になってからは、先ず関西圏で広範囲で大きな地震があり、直後に日本全土を覆うような、前代未聞の豪雨。

その後は、これまた信じられないような猛暑が続き、その後毎週のように台風に見舞われ、そして今度の強烈な台風21号に、北海道の地震・・・

さすがにここまで天災が続くと、本当に日本は大丈夫なのかと、心配になってしまいます。

それに・・・

つづきを読む
by yaskazu | 2018-09-06 23:12 | 社会 | Trackback | Comments(0)
恐るべし猛暑
今年の猛暑は、本当に尋常じゃないというのが、皮膚感覚で実感できる話題。

京阪のパンタ故障は猛暑が原因 電線伸びてたわむ 車内閉じ込め救急搬送も

大阪、特に京阪沿線に住む者なら、京阪電車の運行がストップするというのは、余程のことだというのは、周知の事実。

多少のトラブルや、人身事故程度では、数時間の内には全面復旧してしまうのが、京阪電車。

あの、阪神大震災の時も、全面運休はしなかったし、先日の地震や大雨の時も、遅延や部分的な運休はあっても、大幅な運休にまでは至らない。

その京阪電車が、先日大幅な遅延や運休に至った、その原因が、今回の猛暑という・・・

京阪を止める猛暑。

本当に、恐るべし(^^;
by yaskazu | 2018-08-03 22:04 | 社会 | Trackback | Comments(0)
今後は属託で?
ある年代以上にとっては、衝撃のニュースが・・・

ガチャピンがリストラ‥ポンキッキ終了の報道にネットがざわつく

ポンキッキ終了も然ることながら、ガチャピンが今更リストラとか、正しく現在の日本の厳しい雇用事情を垣間見るばかり。

とはいえ、勤続45年なら、むしろ定年の年代だろうから、今後は属託でお願いするという方法もあるでしょう。

是非、局側には御一考願いたいものです。

てか・・・

つづきを読む
by yaskazu | 2018-02-13 22:16 | 社会 | Trackback | Comments(0)
north
今年の漢字一文字が「北」に決まったとのこと。

流行語大賞と同じく、毎年どうにも「?」なものが選ばれる印象がありますが、今年のこれは、さすがになんというか、このご時勢の中では、あまり笑えないというか、シャレとしてもセンスが無さすぎるというか・・・(^▽^;

まぁ、こちらの過剰反応だと言ってしまえば、確かにその通りだとも思うんですが、もう少し気の効いたものは、なかったんでしょうかねぇ?

つづきを読む
by yaskazu | 2017-12-12 22:11 | 社会 | Trackback | Comments(0)
解消
大阪市とサンフランシスコの、姉妹都市解消の件。

これは、正直なところ当然だと思うし、そもそも姉妹都市であることのメリットとか、どれだけの大阪市民や、サンフランシスコ市民が把握していたかも、甚だ疑問。

会話云々って意見は、当然出てくるだろうけど、そのために大阪市側が働きかけたことを、サンフランシスコ側が「話し合う余地はない」なんて言ってきたのだから、これではお互いに信頼関係は保てないでしょう?

一般の企業同士の取引も、お互いの利益が一致しない内容なら、関係を解消した方が双方のためだし、身近な人間関係でも、話の通じない相手といつまで付き合っていても、どちらもダメになるだけだから、いっそ別れた方が身のため。

一度関係を解消した後で、改めて今後のことを、考えてゆく方がいいでしょう。

てか、ホントにアジアの某国は、色々と“かき乱して”くれるよなぁ・・・(^^;
by yaskazu | 2017-11-24 22:01 | 社会 | Trackback | Comments(0)