カテゴリ:独り言( 398 )
好きじゃない人達
デー◯ス◯ク◯ーとか、古◯憲◯といった人たちは、キャラ的にも、発言や考え方も、個人的には好きじゃないのですが、このところTVや新聞を賑わせてる、某セクハラ報道に関しては、悔しいけど彼らの意見に、ほぼ全面的に賛同、共感しました。

実際、あの証拠とされた音声データも、信憑性という点では、少し疑問が残るのは確かだし、被害者は守られるべきだとは思うけど、だからこそ双方の視点から、多角的に考察、検証しないと、真実は明らかにならないでしょうに。

更にそこに付け込んだかのように、大臣の任命責任とらせて退陣とか、政権批判にまで話が及べば、逆に“なんらかの思惑”が絡んでるんじゃないかと、疑われてもしょうがないと思うんですがねぇ(^^;

あと・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2018-04-21 22:11 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
太陽を呼べ
自分が、今のような“オタク道”に、どっぷりハマる直接の切っ掛けになった作品は、間違いなく「宇宙戦艦ヤマト」だと思うけど、それ以前に、その“種”のような物を植えつけた、入り口になったのは「太陽の王子ホルスの大冒険」だったかもしれません。

あれが公開されのは、自分がまだ小学校の低学年の頃だったでしょうか。

当時の「東映まんがパレード」(後の「東映まんがまつり」)に、父親だったか母親だったか(どちらだったかは曖昧)に連れて行ってもらったのが原体験。

だけど、なんかその時は、看板作品である「ホルス」には、大して興味を持ってなかった記憶が、微かながら残ってるんですよね(^^;

当時の自分は、おそらく同時上映だった「ゲゲゲの鬼太郎」(モノクロ版「大海獣」)か、東映なのに何故か同時上映された「ウルトラセブン」(「空間X脱出」)の、どちらかが目当てだったのかもしれませんが、実際に上映された物の中で、一番強烈に焼きついたのは、他でもない「ホルス」でした。

当時は内容はイマイチよく理解できていなかったと思うけど、圧倒的な映像美や、重厚な演出、音楽に、子供心を完全に掴まれ、その世界に引き込まれてしまったのでしょう。

帰りの電車の中とか、家に帰ってからも、「行け〜走れ〜」と、ホルスの主題歌をうろ覚えで、繰り返し鼻歌で歌ってた記憶があります(笑)

その後も・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2018-04-06 21:07 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
電波の無駄遣い
朝から晩まで、TVはどこを回しても、同じ映像、同じ内容の事ばかりで、特に今日なんかは、かなり酷かった模様(^^;

災害や、有事とかならともかく、くだらない政治ゴシップ(しかも、予算委員会止めてまでやる内容じゃない(^^;)に関する証人喚問ごときを、何時間もダラダラ垂れ流すとか、ホントに電波の無駄遣い以外の、何者でもない。

てか、普通のまともな国民は、仕事や家事や勉強で、平日のあんな時間、何時間もテレビなんて観てないよ!(笑)
[PR]
by yaskazu | 2018-03-27 22:13 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
臨休です
今日は更新は臨時休業します。

この後、Twitterの方では、少しつぶやく予定です。
[PR]
by yaskazu | 2018-03-21 23:18 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
低俗番組
子供に観せられない番組、観せたくない、低俗番組。

今やその代表といえば・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2018-03-19 22:03 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
実感が・・・
散髪に行ってまいりました。

このところ、個人的にも色々と慌ただしかったこともあり、元々洗いざらしでろくに手入れもしない髪の毛ですが、鏡見ると本当にボサボサ状態で、なんとも疲れた表情になってたもので、散髪して少しサッパリとね。

そんな忙しい中、うっかり忘れそうになってましたが、今日は東日本大震災から7年。

もう7年なのか、まだ7年なのか、どちらにせよ、実感があまりありません。

阪神大震災の時は、ほぼ地元と言っていいほど、すぐ間近だったこともあり、その恐ろしさも、復興の経緯も、ある程度“肌で”感じる部分はあったのですが、こちらに住んでいると、TVやネットの映像や情報等で、間接的にある程度想像することはできても、そういう皮膚感覚で感じることが、なかなかできないんですよね。

だからこそ、ブログだったりツイッターだったりで、こうやって何かしらのカタチで、文章を書くことで、忘れないように、他人事にしないようにと、自分を戒めるためにも、これからもこの日は、触れていきたいと思っています。
[PR]
by yaskazu | 2018-03-11 22:19 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
信頼関係
あまりに唐突な“話し合い”の申し込み。

いったい“あの国”には、これまで何度騙され、裏切られ、約束を反故され続けてきたことか・・・

そうやって、決して信頼関係を築ける相手ではないことを、嫌という程味わされてきた国の者としては、正直言って、今回の話は全く信用できません。

これが元で、話がより一層、ややこしい方向に流れないことを、切に祈るばかりです。
[PR]
by yaskazu | 2018-03-10 22:05 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
消灯
平昌オリンピックも閉幕し、聖火台の灯火も、今しがた消えました。

正直、最初のうちは日本勢はイマイチ振るわなかった印象でしたが、中盤辺りから、男子フィギュアスケートの羽生&宇野の金銀を頂点に、その後もあれよれよと言う間に、堰を切ったようにメダルラッシュが始まり、気がつけば冬季オリンピックでは記録更新の13個のメダル獲得という結果に終わりました。

終わり良ければ・・・と言う訳ではありませんが、いいカタチで閉会式を迎えられたのではないでしょうか。

と、思ったら・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2018-02-25 22:13 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
大健闘
平昌オリンピック、毎日熱戦が続いてて、蓋を開けてみれば、日本は大健闘しています。

今日行われた、フィギュアスッケート女子シングルのフリーは、結果としてはOAR(ロシア)の金銀フィニッシュになりましたが、あれはもう本当に次元が違うと言うか、圧巻の演技だったと思います。

まずは、ザギトワ選手とメデベージェワ選手、そして銅メダルのオズモンド選手、おめでとうございます。

そんな中で・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2018-02-23 22:04 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
金銀
平昌オリンピック男子フィギュアスケート、羽生結弦選手が見事金メダル。
昨日のショートもそうでしたが、今日行われたフリーも、鳥肌ものの演技でした!

技術的なものの勿論そうですが、羽生選手の場合、観ているものを釘付けにしてしまうような、とんでもい吸引力で、取り込んでしまうような“世界観”を築き上げてしまうことが、一番の魅力なんでしょう。

自分も今日はリアタイで観てましたが、ネット上では“凄いものを見た”というコメントが数多くあり、まさしくその通りだなと。

そして、日本のもうひとりのエースの宇野昌磨選手も、見事に銀メダルで、オリンピックのフィギュアスケートで、日本が金銀続けて獲るのは、初めての快挙だとか。

あれだけのアクシデントを乗り越え、ほぼぶっつけ本番で挑んだにも拘らず、素晴らしい結果を残した羽生選手も、少しづつ経験と実績を重ねてきて、いい意味で気負わないことが結果に繋がった宇野選手も、そして今大会が最後のチャンスと挑んで、悲願の銅メダルを獲得したフェルナンデス選手も、本当におめでとう。

メダルには及ばなかったけど、持てる力を出し切って戦った全ての選手達も・・・

みなさん、お疲れ様でした!
[PR]
by yaskazu | 2018-02-17 22:04 | 独り言 | Trackback | Comments(0)