早速活躍
色々と便利なフリーソフトを探して入れてみるのは、楽しい反面危険も伴う。

今日は、Macの不要なアプリや、間違って入れちゃったアプリなんかを、関連ファイルごと根こそぎアンインストールしてくれる“AppCleaner”というのを入れようと思って、サイトに行って、そこにあったインストールボタンを押してみたのですが・・・



なんか、思った以上にでかいデータのダウンロードが始まったかと思ったら、勝手にインストールしてきて、ネット経由でMacの自分のMacの中身を検索しだして、やれゴミファイルが多いだの、なんたらのソフトが入ってないとか言い出す始末。

おかしいと思ったら、これが(Macユーザーの間では)悪名高い“Mackeeper”だったという・・・

つまり、“AppCleaner”のダウンロードページの、紛らわしい場所に、ちゃっかり“Mackeeper”のダウンロードバナーを忍ばせてた訳ですな(^^;

放っておいてもろくなことはないし、そもそも入れるつもりのないアプリだったので、ここは本来の目的だった“AppCleaner”を、こんどはちゃんとダウンロードして、早速活躍してもらい、“Mackeeper”を丸っぽすっかり、削除しました。

“Mackeeper”の方からは、アカウントの確定を催促するメールが届いてますが、これはもう無視。
しつこいようなら、メールブロックしようと思います。

今回は自分の迂闊さも災いしたのですが、これもまた、勉強ということで(^^;
[PR]
by yaskazu | 2018-03-13 23:07 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yaskazu.exblog.jp/tb/29649778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 白い日 コマンド >>