悪条件
平昌オリンピック、絶賛開催中、なんですが・・・

日本はイマイチ結果に繋がってなくて、少し残念ではありますが、勝負は時の運でもあるし、こればかりは仕方ない。
選手は精一杯、競技を行なっているのは十分伝わってくるので、そこは掛け値無しで応援し続けたいものです。

その上で・・・



今大会に限ったことではないけど、どうも採点に疑問の残るものが見受けられたり、様々な面で釈然としないものを感じてしまうのは、考えすぎなのでしょうか?

特に、本来夜に試行うのが通例のフィギュアスケートの競技が、朝の開催だったり、逆に昼間に行う筈のスキーのジャンプが、夜・・・それも“夜中”で、しかも極度の強風と氷点下の気温という、過酷な条件下で強行したり。

また、本日行われた女子スノーボードも、選手が途中で予定してた技を中止するほど、競技に影響が出るレベルの強風が吹く中で行われたりと、選手や観客に対して、あまりにも受け入れ体制や、競技場の整備や管理が疎かな気がして、それが観ている側にも非常に不快に感じられて、なんとも楽しめないオリンピックになってしまってる気がして、そこが残念だなぁと・・・

ともあれ、まだまだ会期は残ってるので、終了までには、楽しめる競技が出てくることを、期待するばかりです。
[PR]
by yaskazu | 2018-02-12 22:04 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yaskazu.exblog.jp/tb/29550940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今後は属託で? 才能 >>