ぼそぼそ
この数日の、このブログのサイドにある「つぶろぐ」でちょこちょこ語ってる事を、幾つか抜粋して、解説を付けてみる。



>もの凄くユルくてつまらないのに、妙に引込まれるものがあって、つい観てしまう不思議な番組だ、デカワンコ(^^;

書いてある通り、異常なまでなユルさがクセなる番組だ(笑)

> 認識の甘い人間が身勝手な屁理屈で無法を犯すから、マナーやモラルで保たれていたものが崩壊し、結果法規制の強化を余儀なくされるんだ。 自分のおかんは実際無法な自転車に怪我させられそうになった挙げ句、逆ギレして罵声まで浴びせられた。絶対に許さない!

これは、ノーブレーキピストという、ブレーキのない自転車の無法が横行してるという記事に対してつぶやいた事。
おかんだけでなく、私自身も昔、女子高生の自転車に、実際にぶつかっておきながら、無視して走り去られた事があり、無法自転車に対してはかなり嫌悪と憤りを持ってます。

> いとしさんが旅立たれた後も、つい最近までテレビに出られてたんだけどね(多分関西ローカルだろうけど) いとこい漫才、好きだったんだけど、残念です。

喜味こいし師匠の訃報に対して。
最近までテレビで元気に活躍なさってたと思ってたんですが、人の命って分からんもんです。
単に年齢がどうとかってのもあるかも知れないけど、若くても急逝しちゃう人もいるから、こればっかりは本当に運命なんだろうね・・・

>おかんの病院の付き添いの待ち時間のため持っていった、手持ちの「新宿鮫」シリーズの小説に、俄にハマッてずっと読み続けてる。一番好きな「無間人形」から始まって今「氷舞」。持ってなかった「風化水脈」を昨日古本屋で購入し、あと持ってないのは「狼花」。この分だと全部読んじゃいそう。

いや、面白いです「新宿鮫」
「無間人形」は4作目なんですが、一旦既刊のものを9作目の「狼花」まで読み終えてから、1作目の無印「新宿鮫」から3作目「屍蘭」を読むと言う、変則的な読み方をしてみようと目論んでるものの、元々は読書は苦手な方だから、どこまで続くやら・・・(^^;

この辺りまでの内容なら、本当はブログに書いてもいい事だったんだけど、つい手軽に済ましてしまってね(^^;

ま、ブログの方はマイペースで綴ってますんで、生暖かく気長におつきあいのほど、よろしくです<(_ _)>
[PR]
by yaskazu | 2011-01-24 23:42 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yaskazu.exblog.jp/tb/15389823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 74 断トツ >>