感想色々.6月1週目
ちょっと今週は取り込んでたりするので、感想は手抜きバージョン。
御容赦のほどを(^^;



真マジンガー 衝撃!Z編 第10話
くろがね屋のみなさんは、やはり思った通りの人達でした(^^;
しかし、お菊婆さんの速さの秘密がまさか“加速装置”だったとは!(笑)

でもやっぱハイライトは“ガミアQ”でしょう!
マントの下が全裸状態で、単に裸ってだけじゃなくてロボットらしく各部に繋ぎ目みたいなのがある辺りは“人形フェチ”や“美少女フィギュア好き”の感性にもかなり訴えかけるものもあり、しかもそれがロボットなのに盛大に鮮血を吹いてバラバラにされて血の海に沈むという一大スプラッタ大会!
もうホント、コイツらの存在がいったいどれほどの数の健全な青少年を間違った道に導いたか、測り知れないぞ!!(笑)

ウ〜〜〜ム、超合金魂でガミアQ3人セットで出ないかなぁ?(←出ん出ん!(^^;)

感じてKnight

ULTIMATE LAZY for MAZINGER / ランティス





ザ☆ウルトラマン 第6話
全身が溶岩状の怪獣ってのは確かに(当時の)実写では表現に限界があっただろうし、アニメだからこそ出来たモチーフだったかも。
けど、今ならそれこそCGでもっと上手く表現出来るだろうし、そういう意味ではやはり“早すぎた”とも言えなくはありませんね。

ただ、物語部分では各キャラクターが妙に我が強かったり、組織としての統制が取れてないのが気になるところ。
ここらはやはり当時のアニメ作品の風潮なのかなぁ・・・・

THE ULTLAMAN MUSIC COLLECTION

TVサントラ / コロムビアミュージックエンタテインメント





侍戦隊シンケンジャー 第十七幕
寿司屋の源さんと聞いて、きっと前職は大工で、次は蕎麦屋に転職するに違いないと思った人は、多分結構な“ギャンブラー”(笑)
因みに私は最初の「大工・・・」の頃に既にそっちの方は卒業してしまったのですが、もし「シンケンジャー」の“台”が出たら、この辺りはネタとして盛り込まれるのかな?(w

シンケンゴールドの顔の文字は「米」じゃなくて「光」だったんだね(紛らわしいぞ(^^;)
それにしたって武器が“サカナマル”って!(笑)
あれで刀って言うんだから“太刀魚”かと思ったら“秋刀魚”なのか(まぁ、どっちも“刀”入るけど)
もしかして目刺し型の苦無とかでも使いそうだけど、それじゃ侍じゃなく忍者になっちゃうか・・・(^^;
飛天御剣流もビックリな超神速の居合い抜きとか、極めつけは“烏賊折紙”とか、あの“お気楽系キャラ”と相俟って、「シンケンジャー」に違った空気を吹き込んでくれそうですね。

しかし、6人目はブラウンさんだと思うんだけどなぁ(笑)

でも一番残念だったのは・・・
風呂を覗くならやっぱ茉子かことはに決まってるだろう!、世の“お父さん”をがっかりさせるんじゃねぇ!
・・・あ、“お母さん”向けですか、そうですか・・・

侍戦隊シンケンジャー 戦隊ヒーローシリーズ06 シンケンジャーゴールド

バンダイ





仮面ライダーディケイド 第20話
新章突入。
うん、色々な意味で“井上敏樹”でした。
一見ギャグ風味に見せかけて、話が進むに連れて徐々に“この世界”の違和感が表れ始め、最後に“首ゴキュ”に代表される様な、本来の“凶悪な様相”を成し始める・・・
この辺りの展開の絶妙さは正に井上敏樹の真骨頂で、多分誰にもマネの出来ない部分。
恐らく後編では更にボルテージが上がり、噴火するであろうと思うので、楽しみですね(^^)

ただ・・・・

やっぱユウスケの扱いは“あんまり”過ぎるよなぁ・・・(^^;

あと“退学クラブ”は、高校生でやっちゃうのはさすがにちょっと“痛い”かも知れない(中学生ならまだいいんですがね(^^;)
“ダイゴ”(「ウィッシュ」のね)のあのキャラが、最初は面白いと思ったけど、アイツが実は30歳過ぎててのアレは、やっぱちょっとあかんやろうってのと似た感じというか(笑)

そんな中で“音也パパ”だけが、相変わらず何の振れもなく“音也パパ”だったってあたりは流石!
あの音也は、多分私らの知ってる音也と同一人物ではないでしょう(ザンキさん達と同様ってところか)けど、その上でやっぱり“音也は音也”って辺りが、妙に嬉しかったり(^^)

闇ライダー達も大集合で、後編も楽しめそうです!

仮面ライダーキバ 変身ベルト&フエッスル DXダークキバットベルト

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2009-06-12 00:27 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yaskazu.exblog.jp/tb/11286737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ちょっと安心した話 雨にぬれても >>