仮面ライダーG、観ましたよ〜〜
取り敢えず雑感のみ。

なんか、かなりマジで面白かったと言うか、こんな事言ったら怒られるかも知れないけど、ホントに「ディケイド」よりも“仮面ライダーっぽくて”良かったんじゃないか?(^^;

着ぐるみはワームだったりアンデッドだったり、Gのバイクは“NEXTV3”のハリケーンだったりしたみたいだし、音楽も「555」や「カブト」の流用だったみたいだけど、画面の豪華さは平成ライダーの劇場版並みで、ちょっと驚きました。

上地君のテンションの高い芝居も、普段のおバカキャラからは想像出来ない程に堂に入ってて良かったと思うし、なんかこの先も「ディケイド」でなくとも、ヒーロー物の悪役とか、できそうだと思いました。

ゴロちゃんやGのキャラクターも、ネタも交えつつも実に“らしくて”、そのネタ部分すらも“ライダー世界”無理を殆ど感じさえずに融合させちゃったスタッフの手腕にも感心させられる事頻り。

草加とか、海堂とか、ザンキさん(次狼さん)とか、なにげに“ニヤリ”な顔ぶれが出ている辺りも、嬉しいファンサービスだし、一発限りのイベントに終わらすのはちょっと惜しい位の完成度だったと思います。

ただ、番組の性質上、上の方に小さく映ってるSMAPやスタジオの突っ込みやガヤがちょっとウザかたのは惜しいところ。

そんな訳で、もっとも印象に残ったのは・・・



キムタクの嫉妬っぷりが凄かった!(笑)(←そこか、そこなのか!?(^^;)
[PR]
by yaskazu | 2009-01-31 23:46 | 仮面ライダー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yaskazu.exblog.jp/tb/10255120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 爆睡 初期症状? >>