タグ:ドラマ ( 43 ) タグの人気記事
警部殿
「相棒 シーズン13」の最終回から、1週間。
その予想外の結末から、巷では“相棒ショック”と呼ばれるものが起き、まだ立ち直れなかったり、引きずっている人が続出、あちこちで“大炎上”となっているようです。

かく言う自分も、好きなドラマだっただけに「ちょっと、それはないやろう」と感じ、2〜3日は“どんより”した気分が続いていましたが、1週間経って少し落ち着き、あれはあれで、ある意味「相棒」らしい結末だったかなと、思えるようになりました。

まだちょっと「納得はできないけど理解はしよう・・・」ってところですが(あ、これ劇中での大河内さんの言葉の引用ね(笑))

ともあれ、秋から始まるであろう「シーズン14」が、どういうカタチになるのか、4代目の“相棒”はどんな人物なのか・・・

今は既に“期待”の方が高まってるというところです(^^)

ところで・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2015-03-25 22:11 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
抗議
某有名子役主演のドラマが、一部から抗議を受けて、放送中止を要求されたり、騒動が広がってるという話。

正直「またか・・・」という感じだし、同様の事例が起きる度、当ブログでも何度か触れてきたので、改めて言うこともないのですが、一応だめ押し的に・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2014-01-21 22:12 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
倍返し
今期のドラマは、残念ながら特別ハマッたというのは、なかったなぁ・・・

特撮やアニメ、深夜バラエティ以外で、現在毎週楽しみにしてるのは「八重の桜」くらいで、一般のドラマで楽しめるものは、最近あまり巡り会えませぬ・・・(^^;

少し前は「幽かな彼女」や「35歳の高校生」も、割と好きで毎週観てたんですけどね(これ、入院中に観てた流れってのもあるんですが)
他には「とんび」とか「空飛ぶ広報室」なんかは、結構気に入ったドラマでした。

そして、その「とんび」と「空飛ぶ広報室」の後枠で、今期話題を席巻したのが、他ならぬ「半沢直樹」な訳ですが・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-09-24 21:51 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
ショウ・ゲキ・ゴウ・ライ・ガン
当ブログでも度々紹介してる、雨宮慶太氏の新作「衝撃ゴウライガン」ですが、先日製作発表があった模様です。

原作・監督・総監督雨宮慶太! 新たな特撮キャラクタードラマが10月4日深夜に放送開始。雨宮監督と脚本・井上敏樹とのタッグも見逃せない!!

当初から、ラブコメ特撮なんて公表されていましたが、なるほど中々楽しそうな作品ですね。

特に3番目の写真、人間と光人が一緒に風呂入ってるシュールな写真。
なんかもう、この作品の世界観を顕著に表してる気がします(笑)

雰囲気的には、雨宮慶太版の「大魔神カノン」的な赴きにも思えますが、より“お笑い度”の強い作品な気がします。

そして、登場キャラクターが出揃ったところで、“ある事実”に気づきました。

それは・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-09-10 23:42 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
月曜の夜は・・・
またも出ました「非公認戦隊アキバレンジャー痛」新情報、今回は、公式トップ画面より、新着のPR映像が見られます。

非公認戦隊アキバレンジャー痛 公式サイト

なんかこう、皆さん相変わらず楽しそうにやってて、ますます楽しみになってきます(^^)

そして本日はもうひとつ、以前より告知はされていましたが、劇場版の公開と共に、こちらも全容が明らかになりました!

牙狼〜闇を照らす者〜 公式サイト

こちらも、GALLERYと書かれたメニューから、予告ムービーを観ることができます。

予てからのアナウンスどおり、今回はキャストは一新され、スタッフも、総監督が雨宮慶太氏から横山誠氏に交代する等、これまでの「牙狼」とは少し趣の違ったものになるようで、よりダークファンタジー色の強いものになるとの事です。

ま、特撮ファン的には、ゴーカイシルバーこと池田純矢くんが、鎧とは違ったキャラクターをどんな風に演じるかってところも、注目でしょうね。

ということで、双方とも楽しみなのですが・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-02-26 22:16 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
お前のブログはつまらん!
昼間、たまたま見たテレビから、流れてきたこのニュースは、少なからず驚きました。

俳優の大滝秀治さん死去 87歳、名脇役として活躍

というのも、つい一昨日のこと、CS東映チャンネルでやっている「特捜最前線・傑作選」を、観るとはなしに観ていたのですが、その時に放送されたのがちょうど大滝さん演じる“船村刑事”の主役回「子供の消えた十字路」でした。

この回は、脚本・長坂秀佳、監督・天野利彦という「特捜」の黄金コンビということもあり、長いシリーズの中でも、屈指の名編と唱われる、素晴らしい仕上がりで、その畳み掛けるような展開と演出のテンポも然ることながら、この時代のドラマならではの、ある種“暑苦しい”までの俳優の演技・・・・中でも、この回の主役たる船村刑事役の大滝秀治さんの、魂を絞り出したような演技に、時間も他の用事も忘れて、テレビに釘付けになってしまいました。

そんな記憶も新しいところにこの悲報で、しかもこの「子供の消えた十字路」が放送された前日に旅立たれていたという事実を知るにつけ、偶然では説明しきれない巡り会わせに、言葉を失ってしまいました・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2012-10-05 23:20 | ニュース | Trackback | Comments(0)
配慮
7月期のドラマが色々出そろったところで、関西では野球中継のために、初回2時間スペシャルが昼間の再放送枠に時間変更されて放送なんて、結構な憂き目を見た「警視庁捜査一課9係」が、今度は全国的にインネンつけられた・・・なんていうと、ちょっと適切な表現ではないかもしれませんが、早くも第3話の放送が見送られ、今後放送されるかどうかは未定とのこと。

理由は、劇中にいじめに遭った中学生が、飛び降り自殺をするシーンがあるということで、現実にシャレにならない大事になってしまった大津の事件(敢えて事件と言ってしまおう)が、ある意味あまりにタイムリーになってしまったため、それに対する配慮ということで。

こういう例で、ドラマや映画が放送を見送られたり、ソフトの販売が中止されたりという事そのものは、特に珍しい話ではなく、何よりも亡くなった少年の御家族や関係者のお気持ちを考えれば、無理からぬことであり、致し方ないとは思う。

けど・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2012-07-13 22:06 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
新番組とか
10月からの新番組とか、感想とか書きたいと思いつつ既に数話放送済み・・・(^^;

各話を追うのはちょっとしんどいので、取り敢えず幾つかの作品の雑感とか、書いてみたいと思います。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2011-11-05 22:13 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
buddyの境界線
今日、アクセス解析をなにげに覗いてみると、今日だけで560件にも及ぶアクセスがあり、多い時でせいぜい120件前後が平均な、僻地ブログなウチとしては普段の5倍弱で、これはちょっとビックリする数字。

で、検索ワードを調べてみると、ダントツで「相棒 ボーダーライン」が占めている。
確かに、普段でもこのキーワードで来られる方は多いし、ここ最近は常にトップに来てるほど。

いや、来てくださる事自体は大変有り難いことなんですが、自分が書いたあの回の感想なんて、今読み返しても本当に稚拙で読み辛くて、恥ずかしいことこの上ないんだど、なんでこんなにこのキーワードでのアクセスが多いのか、不思議に思ってました。

なので・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2011-10-15 23:57 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
ベラは・・・
最近はこのテの話題には免疫が出来てしまったせいか、さほど驚かなくなってしまったんだけど、取り敢えずはモノがモノなので少し触れておきましょうか。

亀梨&杏&鈴木福で「妖怪人間ベム」実写化! 「怪物くん」に続く異色のドラマ化決定

まぁ、これもまた例のよって“やめろやめろコール”が高らかに起きるんだろうけど、自分的には取り敢えず出来上がった物を観てから判断するってスタンス。

最近過去のアニメ作品やコミック作品の実写化が矢継ぎ早に続き、その度に原典作品のファンから猛烈な反対の声が上がるというのが慣例化しています。

自分の好きな作品、大切な作品に触ってほしくない、汚さないでほしいって気持ちは、とてもよく分かるし、自分にもそういうものは沢山あります。

ただ・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2011-08-10 21:16 | 独り言 | Trackback | Comments(0)