タグ:ウルトラマン ( 97 ) タグの人気記事
M78星雲の宇宙人
先日、久々に購入したフィギュアーツの“初代ウルトラマン・Aタイプ”を、紹介したいと思います。

ウルトラ系のフィギュアーツを購入するのは実は初めてで、前身的シリーズの“ウルトラアクト”も買ったことはなかったのですが、発売が発表されたときのサンプル写真を見て、非常に魅かれるものをものを感じ、店頭で実物を見た時、その魅力に抗えず、買ってしまいました(^^;

f0124763_10571793.jpg
パッケージはこんな感じ。
このところ、フィギュアーツを購入する際は“真骨彫”が中心だったので、久々にノーマルのアーツのパッケージ見て、「あぁ、こんな感じだったなぁ」と。

デカデカと特価の値札シールが貼ってありますが、実際はそこよりポイント利用で、更に安く"4,252円”(税込)で買いました(笑)

それでも4,000円越えちゃうんだから、フィギュアーツも、高くなったなぁ・・・(最初の頃とか、3,000円切ってた筈(^^;)

f0124763_10570928.jpg
パッケージの裏側はこんな感じ。
この辺りは、構成やレイアウトが違うくらいで、内容的には真骨彫と大差はないようです。

f0124763_10564864.jpg
オプションパーツ。
左右の手首パーツ各種と、スペシウム光線のエフェク付きの手首と、赤色の付け替え用カラータイマー。

カラータイマーは、非常に小さいパーツなので、紛失しないよう、要注意です。

“八つ裂き光輪”や“バリアー”等は、Aタイプの頃は使ってなかったということで、今回は付属しないとのこと。

でも1話の赤い玉の中のシーン再現用に(先に発売されたゾフィーに付いてた)ベーターカプセルくらいは、付けてほしかったかな?

あ、ブリスターに入った状態の写真、撮り忘れた(^^;

f0124763_10562426.jpg
前面。
初代ウルトラマンといえば“猫背”のイメージがありますが、古谷敏さんのスマートなプロポーションを実によく再現してあることを確かめていただくため、“S字立ち”のポーズにしてみました。

f0124763_10560399.jpg
背面。
初代マンの、頭頂から踵までの、流れるような美しいラインの後姿が、よく再現されていると思います。

注目すべきは、ウルトラマンの背中の特徴でもある、いわゆる“チャック隠し”の背びれの処理で、これが実にうまく考えられてます。

その辺りは後述するとして、それらも含め、以下更に・・・


つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2017-10-16 20:00 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
買ってしまった・・・
久しぶりに、フィギュアーツを買ってしまいました・・・(^^;

f0124763_215449.jpg

ウルトラマンAタイプ。

実は、ウルトラ系のフィギュアーツを買うのは初めてだし、ウルトラアクトも買った事はなく、ウルトラアーツのウルトラマンCタイプや、ゾフィー、セブンも(主に経済的理由で(^^;)見送ったのですが、このAタイプウルトラマンは、デキの良さも然ることながら、どうにも抗う事の出来ない魅力に絆され、買ってしまいました。

ジョーシンで約3割引のところ、ポイントを利用して、4,200円で購入。

f0124763_21535556.jpg

f0124763_2153492.jpg

今回は、ゆっくり写真を撮ってブログに上げる時間がないので、登場ポーズとスペシュムポーズでのみ、軽く紹介しておきます。

いつか時間がとれれば、ちゃんとした紹介記事、書きたいと思います。

f0124763_21534157.jpg

いい顔してます(^^)
[PR]
by yaskazu | 2017-10-07 21:57 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
夕日のウルトラマン
アルティメットルミナスの、帰ってきたウルトラマンを使って、また写真を何点か撮ってみました。

f0124763_2322011.jpg

帰マンと言えば、夕日のウルトラマンの異名を持つ事で有名ですが、なんとかそれっぽい写真を撮ろうと思い、白熱電球で照らしてみました。

部屋の蛍光灯を消し、デジカメのホワイトバランスや露光を調整して、直接照らすのではなく、少し離れた所から“手持ち”でスタンドを持って照らして、何枚か撮った中から、比較的よく撮れたものを、更にiPhotoで調整しました。

因みに、今日は大阪は気温が30度近くまで上がり、部屋も冷房はまだ入れてないので、白熱電球を間近に持ってると、無茶苦茶暑かったです(^^;

他に・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2017-05-21 23:06 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
帰ってきた息子
このところ、色々とストレスが堪っていたところ、久々に玩具に散財(^^;

f0124763_21124390.jpg

アルティメットルミナス03。
今回のラインナップは、帰ってきたウルトラマンと、ウルトラマンゼロ。

3回回して、結果はゼロ×2と、帰マン×1。
今回も、発光ユニット付きの“団地”は出ず・・・

日を改めて、また挑戦します(^^;

f0124763_21123550.jpg

以前からお知らせしてる通り、このところちょっとゴタついてる上、MacBookの調子もよろしくないので、ちゃんとしたレビューは当分はできないと思うので、軽く紹介しときますね(02のセブンとダイナは結局やらなかったし(^^;)

今回は“団地”が出なかったので、01の時の団地からユニットを持ってきて、光らせました。
やっぱこのシリーズは、“光らせて”ナンボですね。
圧倒的な存在感を放ってます。

f0124763_21122545.jpg

ゼロはこんな感じ。
近年では、ウルトラセブンの息子と言う設定も相俟って、最もキャラの立ってるウルトラマンですが、その“やんちゃ”なイメージが、目やカラータイマーが発光してるだけで、俄然引き立って見えます。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2017-05-16 21:19 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
究極の輝き
先日入手した、ガチャポン“アルティメットルミナス”の“初代ウルトラマンBタイプ”と、“団地”を、軽く紹介しておきたいと思います。

f0124763_20512549.jpg

以前にも紹介したように、1回500円と、ガチャポンとしては少々高めなこともあり、今回のラインナップ3種(団地、初代マンB、ティガマルチ)の1発コンプを狙って、取りあえず3回、回してみたのですが、結果は初代マン×2と、団地×1で、ティガが出ずに、コンプなりませんでした(^^;

実はその翌日、改めて1回だけ回したのですが、結果は団地。
その後は、色々とあってその場所に行けてないので、多分もう売り切れちゃってるでしょうね。

f0124763_20532245.jpg

カプセルはこんな感じで、黒の方に団地、オレンジの方に初代マンが入ってます。

f0124763_20542894.jpg

カプセルの中はこんな感じで、各パーツがビニール袋に入れられて、ギッシリと詰め込まれてます。

f0124763_20553957.jpg

ウルトラマンを組み立てると、こんな感じ。
電飾を入れてなくても、この時点で相当な完成度で、まさしくかつての名作“アルティメットソリッド”の再来と言った面持ちです。

f0124763_20574158.jpg

横からだと、こんな感じ。
古谷敏さんスマートなプロポーションや独特のポーズが見事に再現されていて、とても全高13センチ程度のガチャポンフィギュアとは思えません。

少し残念なのは、胴体側の、腕との接合面の“脇”部分が、自分のものは銀色の塗装が塗りきれてないところですが、ダブッたもう1個のウルトラマンは、ちゃんと塗ってあったので、どうやら“個体差”のようです。

f0124763_2059297.jpg

背面。
最近のソフビフィギュアや食玩のように、背面の塗装が省略されるということはなく、しっかり塗り分けられてます。

中央の分割線は、電飾ユニットをセットする際の蓋になっています。
この辺りは、後で詳しく。

では、更に詳しく。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-09-28 21:12 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
ライティング
ガチャポンのアルティメットルミナス、ウルトラマン。

一通り写真は撮りましたが、まだ補正やサイズの調整が出来てません。

取りあえず、2点ほどテストで調整したものを、上げておきます。

f0124763_21502457.jpg

これは、電飾を入れて、バックをいつものグレーの布、部屋の蛍光灯と補助のライトで撮ったものです。

アルティメットクウガの時に使った、LEDの昼色ランプだと、光量が強すぎて、せっかくの目の光が潰れてしまうんですよね。

この辺りは、また改めて紹介したいと思います。

f0124763_21492645.jpg

こちらは電飾をONにして、バックを黒のフェルトに、部屋の灯りを落として、ライティングを調整した撮ったもの。

なかなか趣のある写真になったと思います(^^)

ライティングや背景によって、これだけ雰囲気が変わるということで、シロウトながらも、写真の奥深さに、改めて驚く次第です(^^;
[PR]
by yaskazu | 2016-09-24 22:00 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
光る目
バンダイのガチャポンの新作“アルティメットルミナス”を見つけたので、さっそく回してきました。

1回500円と、ガチャとしては少々高めですが、名前から分かるように、バンダイのガチャとしての、あの名作“アルティメットソリッドの流れを汲む商品で、完成度の高さは全く変わってないようです。

しかも今回、電飾ユニットを組み込むことで、目とカラータイマーが発光するというギミックが付いており、これがなかなかいい感じ♪

ラインナップは“初代ウルトラマンBタイプ”、”ウルトラマンティガ・マルチタイプ”、の3種類。

“団地”てなんやねん!、と突っ込んでしまいますが、要するに団地の建物のミニチュアで、これに付属してる“ルミナスユニット”という電飾ユニットがないと、光らすことが出来ないという仕組みになっています。

全く、阿漕な商売しやがって・・・(^^;

てことで、1回コンプを目指して、3回分回した結果・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-09-22 21:58 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
巨大不明生物のルーツ
「シン・ゴジラ」は、今年の邦画の中でも記録的ヒットとなり、平成以降のシリーズの中ではダントツの1位に輝いたそうで、正直ここまで当たるとは思ってなかったので、意外と思いつつも、素直に嬉しいと思うし、これがゴジラや怪獣映画に留まらず、日本の特撮の発展に繋がってくれればと、切に願うこと頻り。

「シン・ゴジラ」に関しては、当ブログにて以前も少し長文の記事を書きましたが、今日はまたちょっと違う視点で(短めに済ませます(^^;)

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-09-16 21:26 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
怪獣酒場・料理編
「元祖怪獣酒場」の紹介のつづき。
今回は、自分たちが食べた料理を中心に、紹介して行きたいと思います。

f0124763_20171078.jpg

こちらはメニュー。
ちょっと見は、なんか昔の“怪獣図鑑”みたいな装丁ですが、中味はちゃんとしたメニューでした。

f0124763_20181063.jpg

メインメニューの他には、こういう販促用のものも。
今回はパスしましたが、次に行く機会があれば、一度買って食べてみたいと思います。

f0124763_20192280.jpg

料理の小分け用の取り皿も、こんな風に怪獣や宇宙人の絵柄がプリントされています。
自分たちのテーブルの上には、この他にメフィラス星人やブラックキングの柄もありました。
おそらく、他の柄も多数あるかと思われます。

こういう食器類も、グッズ販売されているのかと思ったのですが、グラスは販売されているものの、こちらの皿方は、 残念ながら販売は行っていないそうです。
是非、検討していただきたいものですね。

f0124763_20202633.jpg

f0124763_20205734.jpg

箸袋や、お手拭きの袋等にも「元祖怪獣酒場」のロゴがプリントされてます。
この袋だけとかなら、他の飲食店同様、持って帰ってきても良かったかなと、帰宅してから気づきました。
勿体無いことしたな(^^;

f0124763_20144744.jpg

食事とドリンクのセット注文や、デザートを注文すると貰えるコースター。
図柄は選べないのですが、こちらも多種多様で、トレカや駄菓子屋のメンコのような感覚で、何が当たるかをドキドキしながら、楽しみました(^^)

自分が貰ったのは、ボスタングとサータンで、ピッコロは友人から譲ってもらった(「いらん」と言って押し付けられた(笑))ものです。

この他に、ウルトラマンの“箸置き”という、お客様全員プレゼントがあるのですが、こちらはディナータイム限定のサービスなので、ランチタイムだった自分らは、残念ながら貰えませんでした(^^;
いつか、ディナータイムに行きたいものです。

それでは、いよいよ料理の方を、紹介しましょう。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-01-08 20:35 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
怪獣酒場・店舗編
先日、仲間内との新年会で行ってきた、大阪はなんばグランド花月内にある「元祖怪獣酒場」の紹介をば。
写真の点数が多くなったので、2回ほどに分けていきたいと思います。

まずは、店舗の様子を中心に、紹介していきます。

f0124763_21332797.jpg

場所は、前述のなんばグランド花月の、1階飲食店街の隅で、すぐ横に花月の建物の横側からの出入口があります。

店名ロゴのデザインには、店長のカネゴンさんの意匠が組み込まれているようですね。

f0124763_21343219.jpg

お店の前では、その店長さんの立像がお出迎えしてくれます。
なんともフレンドリーな(笑

f0124763_21355719.jpg

f0124763_21364522.jpg


出入り口横の壁面には「ウルトラQ」の「カネゴンの繭」回本編にも出てきた(よね?)イラストが、レリーフとして刻まれています。
元絵は確か、成田亨先生の筆によるものではなかったかな?

f0124763_21385100.jpg

「ウルトラマン」のオープニングのシルエット画をモチーフにしたポスター。

f0124763_21392347.jpg

こちらは、グッズ販売のショップ「カネゴン商店」で、「酒場」の会計レジと出口にもなっており、ショップのみの利用もOKとのことです。
「酒場」への入り口は、水色の大きな扉が、この「商店」右側にあるのですが、今回はあろうことか、そちらを撮るのを忘れてしまうという大失態を犯してしまいました(^^;
次に行く機会があれば、必ずカメラに収めてきます。

f0124763_21433031.jpg

お店の前には、昭和テイストの裸電球の街灯風の照明が、雰囲気を醸し出しています。

f0124763_21445632.jpg

で、よく見るとこの電柱の上には“ガンQ”がいました。
なんでこんな所に・・・と、思ったら、実はこれ“防犯カメラ”なんだそうです。
洒落てるなぁ(笑)

お店の前はこんなところ。
それではいよいよ、店内へ・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-01-06 22:02 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)