<   2016年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧
往ぬる
2月は逃げる、3月は去る、というのに対し、1月は行くとか、往ぬる、とか言うそうです。

なかなか昔の人は、言い得て妙と言うか、その月々の特性みたいなものを、よく表現した言葉を残すなぁと、改めて感心。

そんな訳で、つい先日年が明けて、2016年になったと思ったら、もう1月も終わり。

正に“往ぬる”という感じですねぇ・・・

さてさて明日から2月、これまた本当に、逃げるように過ぎていきそうですね。
[PR]
by yaskazu | 2016-01-31 22:10 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
BTCS+Kuuga
フィギュアーツ”ビートチェイサー2000”の紹介3回目、取りあえずこれで一区切りです。
今回は、フィギュアーツ真骨彫のクウガを乗せた写真を中心に、紹介します。

f0124763_20511331.jpg

さて、実際に乗せる前に、少し加工を施しました。
以前、トライチェイサーのグリップ部分を折ってしまったという記事をupしましたが、原因は記事内に記したように、グリップを含めたハンドル部分が、全体的に強度に不安があることと、グリップを握らせるための、付属の交換用手首パーツの穴が少々キツめで、グリップに通す時と外す時に、余分な力が入ってしまいがちになることです。

勿論,注意深くやれば済むことなのですが、つい力が入ったり、不器用が災いして、自分みたいに折っちゃう人も、少なからず居られる気がします。

f0124763_20533694.jpg

てことで、その解決法のひとつとして、交換用手首パーツの、親指と人差し指が一体になってる部分を、こんな風に切り離してやります。

こうすることで、手首パーツを少し開くことができるようになり、グリップへの装着や取外しが、幾分楽になります。
この部分を切り離してしまっても、保持力には特に影響はないので、問題はありません。

ドライヤーで手首パーツを温めたり、模型用のシリコンオイルを塗る等の方法と併用すれば、より安全でしょう。

せっかくの商品を、わざわざ傷つけたり手を加える事に抵抗がある方も多いでしょうが、無理な取り扱いで、予期せぬ破損を招くよりはマシかと思い、この方法を紹介してみました。

とは言え、何かあっても自分も責任を負いかねますので、試そうと思われた方は、一応自己責任ということで、よろしくお願いします(^^;

因みにこの写真の手首パーツは、本商品“ビートチェイサー2000”付属の物ではなく、以前交換品として送ってもらった“トライチェイサー2000”に付属してた物で、その際に件の加工をした物に、デザインナイフを挟んで撮影した、言わば“デモンストレーション”で、今回の記事のものは、こちらの“トライチェイサー”付属だったものを使用しています。

さて、前置きが長くなりましたが、本題。

f0124763_20553578.jpg

トライチェイサーの時に既に証明されてますが、縮尺は正確で、クウガもビートチェイサーも、互いに大きすぎず,小さすぎず、しっかりと収まります。

ただ、上手く乗せるには少々コツとセンスが必要で、なかなか思うように乗ってくれず、この写真も(死角になっていて分かりませんが)実はちゃんとお尻がシートに付いてません(^^;

むしろ派手なアクションポーズや、片足が地面に付いたようなポーズの方が、それらしいものにし易いようで、こういう“普通に乗ってる”ポーズを決めるが、一番難しいようです。

納得のいくように乗せるのに一番必要なのは、実は“忍耐”かもしれません(笑)

f0124763_2047613.jpg

f0124763_20465968.jpg

上の2点は、正に“片足を地面に付けて”、それらしいポーズにしたもので、デジカメの液晶を見ながら、アングル等を探りつつ撮れば、ズブの素人でも“それっぽい”感じにはなると思います(写真の腕がもう少し良ければいいんだけどね(^^;)

f0124763_20464167.jpg

これは、上の写真の別角度、足が付いてるのが分かると思います。
ライトがズレて暗くなった(実は,照明は手持のミニLEDのスポットライトだったり)ので,ボツにしようかと思ったんですが、比較のために。

てことで、以下もう少し。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-01-30 21:08 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
胃のポリープの細胞検査の結果、聞いてきました。

結論から言うと・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-01-29 21:18 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
ちょっと不安。
明日は、先日の胃カメラの時に見つかった、ポリープの細胞検査の結果を聞きに行く日。

前にも書きましたが、見た目の感じでは多分ただのポリープだろうというこですが、大腸の時は、そう言いながら初期癌判定されちゃいましたから、検査の結果次第では、また厄介なことにもなりかねないので、少々不安です。

そんな訳で、フィギュアーツ.ビートチェイサーの紹介は、ちょっとお休みします。

いい結果が出れば、数日中にはラストの3回目をupする予定なので、暫しお待ちを。
[PR]
by yaskazu | 2016-01-28 23:10 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
BTCS&TRCS
フィギュアーツ“ビートチェイサー2000”の紹介の2回目。
今回はフィギュアーツ“トライチェイサー2000”との比較を、写真の点数は少ないですが、気になった点を押さえて、簡単にやっておきたいと思います。

f0124763_2092816.jpg

こうして並べてみると、トライチェイサーのマフラー部のアンテナが、如何に特徴的かというのを、改めて感じます。

カラーリング等も相俟って、トライチェイサーの方は華麗で機動的、ビートチェイサーは重厚で戦闘的といった印象でしょうか。

もっとも、カラーリングに関しては、両車輛とも“マトリクス機能”で、車体の色を変更できる設定で、トライチェイサーは、クウガ搭乗時のゴールドヘッド、五代搭乗時のブラックヘッド、初登場時のポリスヘッドの他に、一般配備用の白バイ仕様の“2000A”が存在し、ビートチェイサーの方は、クウガ搭乗時のレッドラインと、五代搭乗時のブルーラインの2種と、バリエーションが多彩なので、あくまでクウガ搭乗時のカラーリングということになりますが。

その辺りのバリエーションとか、ゴ・バダー・バの搭乗マシン“バギブソン”(因みにこれもベース車はパンペーラ250”)なんかの商品化はあるんでしょうか?

また無駄話が長くなってしまいました(^^;

以下、もう少し。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-01-27 20:17 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
BTCS2000
先日購入した、プレミアムバンダイ限定、フィギュアーツ“ビートチェイサー2000”を紹介したいと思います。

例によって、写真点数がかなり多くなってしまったんで、何度かに分けての記事になります。
今回は、ビートチェイサー本体を中心に。

f0124763_20133552.jpg

パッケージはこんな感じ。
一般販売商品だった“トライチェイサー2000”のパッケージとの大きな違いは、窓と透明フィルムがなくて、中味が見えない仕様になっていること。

これは、ネット予約限定商品であることから、店頭販売用の商品のように、中が見えなくても特に問題はないからなのでしょうが、透明フィルムを排し、窓の型抜き加工等の行程を省くことで、パッケージの制作コストを抑える目的もあるのだろうと、意地悪な推測(笑)

f0124763_20143747.jpg

パッケージの裏はこんな感じ。
デザイン自体はなかなか上手く纏められていて、いい感じに仕上がっています。

f0124763_2016020.jpg

中味は、このようにブリスターに纏められていて、本体とオプションパーツが収められてます。

トライチェイサーは、マフラー部分をユーザーが取り付ける仕様になっていたため、別パーツとしてブリスターに入ってましたが、こちらはマフラー部分は最初から取り付けられてるので、説明書を除けば、これが全ての封入物です。

f0124763_20165993.jpg

オプションパーツ。
フィギュアーツ真骨彫のクウガにグリップを握らせるための、交換用の手首パーツと、車輪に挟んで使用するデスプレイ用のスタンド、別売の魂ステージを使用する際に使う、ジョイントパーツが入ってます。
使用法は、追々説明していきます。

f0124763_2011915.jpg
左サイド。
劇中車は、トライチェイサーと同じく、トライアルマシンの“パンペーラ250”がベース車両となっており、フロントカウルやマフラー部分意外はほぼ塗装のみの変更だったので、この商品も殆どが、トライチェイサー金型流用かなと思ってたんですが、ボディ部分は新規金型になっているようです。

ボディ全体の黒い部分は、最初は塗装かなと思ったんですが、どうやら成形色のままみたいです。
とは言え、パッと見は光沢ブラックの塗装に見えるくらいに、仕上げは非常に丁寧で美しいので、安っぽさは感じません。

赤い部分や、シルバー、ゴールド部分は、全て塗装が成されています。

f0124763_20103899.jpg

以下、詳しく。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-01-26 20:32 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
氷水
西日本は記録的寒波ということで、方々色々と“えらいこっちゃ”なことになってるようですが、幸か不幸か、ウチの周辺は特に雪や雨に遭うこともなく、今日1日はスッキリとした快晴に恵まれました。

ただ、気温は確かに今年一番の寒さというか、空気が冷たくて、我が家でも暖房の入ってない部屋は、冷蔵庫を通り越して,冷凍庫かよという勢いです。

なにより・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-01-24 21:57 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
撮了
フィギュアーツ.ビートチェイサーの写真、クウガを乗せたものも含め、取りあえず撮了しました。
今回も、点数がかなり多くなってしまったので、幾度かに分けて、紹介していきたいと思います。

まずは、試しに数点紹介。

f0124763_2214720.jpg

f0124763_222147.jpg

f0124763_222572.jpg


暫し、お待ちください。

S.H.Figuarts ビートチェイサー2000


[PR]
by yaskazu | 2016-01-23 22:08 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
梅か杉か
中村梅之助さんの訃報、自分ら世代にとっては、また寂しい話ではあります。

梅之助さんで思い出すのは、勿論「遠山の金さん」であり、「伝七捕物帳」なのは言うまでもないことで、個人的には“伝七親分”の方が好きなんだけど、世間一般ではやっぱり”金さん”だし、いつだったか、TVのCMで久しぶりに梅之助さんが“金さん”演じた時には、やっぱこの人の金さんが一番ハマッてるよなぁと、再認識したものです。

でも・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-01-21 23:09 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
後継車
f0124763_20592926.jpg

f0124763_20594956.jpg

プレミアムバンダイで予約していた、フィギュアーツ“ビートチェイサー2000”が、本日到着しました。
以前の記事でも紹介した、仮面ライダークウガの愛車“トライチェイサー2000”の大破を受けての後継車として、クウガ専用のマシンとして作られた車体です。

今回は一般販売ではなく、プレミアムバンダイの限定品なので、どうしようかと迷ってたんですが、トライチェイサーの出来があまりに良かったんで、高い買い物ではありましたが、意を決して購入した次第(^^;


取りあえず本日は報告のみという事で、後日詳しい紹介記事を書きたいと思いますので、暫しお待ちを・・・

f0124763_20595818.jpg

[PR]
by yaskazu | 2016-01-20 21:58 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)