<   2015年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧
腰に頼みの変身ベルト
ゴースト、ゴースト、ゴーゴーゴース・・・・

失礼しました(^^;

さてさて、毎年恒例の“次の仮面ライダー”の、正式発表の季節がやってまいりました。

仮面ライダー最新作は、お化けがモチーフ!目が変身アイテムの「仮面ライダーゴースト」

最新作「仮面ライダーゴースト」 歴史上初となるおばけモチーフ

もはや、デザインや設定で大きく驚くことはなくなりましたけどね(^^;
結局のところ“作品としては”スタッフやキャストが重要になってくる訳だし、脚本や演出、年間を通しての、スポンサーの要求や要請との兼ね合いを、どう上手く回していくのかが、成功の鍵になりますからね。

その辺りは、長年この枠に携わってきたスタッフさん達ですから、信頼していいんじゃないかと思います。

にしても・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2015-07-31 21:26 | 仮面ライダー | Trackback | Comments(0)
黒雲
ここ数日、炎天下の凄まじい猛暑かと思えば、突如黒雲が空を多い、夕立とかいうレベルじゃない、俗にいう“ゲリラ豪雨”みたいなものに見舞われるという日が続いています。

幸い、今のところ洗濯物とかは戸入れた後だったり、洗濯自体をしなかった日だったりしたので、濡らしてしまうとかはないのですが、こういうのが続くと、せっかく夏の日差しがあるのに、迂闊に外干しできないじゃないかという、妙なジレンマに陥ってしまいます(^^;

なんでこう、天候が安定しないんでしょうかねぇ?
[PR]
by yaskazu | 2015-07-30 22:13 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
風物詩
この季節になると、今や風物詩のように、パソコンの冷却ファンが回りだします。

現在使用してるMacBookは、前に使ってたPowerBookG4や、iMacG4に比べると、ファンの回転はそう頻繁ではないんですが、それでもYoutubeの動画や、ゲーム(と言っても、自分はYahooの無料ゲームの「キューデケス」くらいしかやらないんですが)なんかを長時間やってると、高速でファンが回転を始め、室内に高音の回転音が響きます。

一応、部屋の中はエアコンは効かせてるんですが、冬に比べれば、媒体自体が熱を持つ率が高くなるようで、あまり効果はないようです(^^;

ま、それでぶっ壊れるほど、荒い使い方はしてないつもりですが、やっぱりちょっと心配になってしまいますね。

夏は、機械にも人にも、厳しい季節の用で・・・
[PR]
by yaskazu | 2015-07-27 22:11 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
アクロバット
今朝、2階のベランダで洗濯を干していると、目の前を2匹のトンボが“繋がったまま”飛んでいきました。

なんか、久しぶりに見る光景でしたが、トンボさん達、なんとも器用な“交わり方”をなさりますなぁ(笑)

その昔、当時務めていた会社の慰安旅行で、夜場末の地方の怪しげな“ストリップ劇場”に、自分らも含めた野郎ども数人で行ったのですが、そこで見た“アクロバットを実演しながら「本番」する男女”という見せ物があり、興奮するというよりは、むしろよくあんな態勢で“ヤれる”なぁと、その器用ぶりに感心したことを思い出しました。

いやぁ、もう暑いと色んなことが起りますなぁ(^^;
[PR]
by yaskazu | 2015-07-26 22:13 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
暑中御見舞.2015
f0124763_21585075.jpg

暑中御見舞申し上げます

梅雨がやっと明けたと思ったら、今度は猛烈な暑さがやってきて、身体の方がついていかずに、なんとも参ってしまいます(^^;
自分はここ数年来、病院通いやら予想外の入院やらが続き、よる年並と共に、改めて健康の大切さ、有り難さを実感している次第です。

お互いに無理をせず、身体を労りつつ、日々を精進していきましょう
[PR]
by yaskazu | 2015-07-25 22:00 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
TRCS2000+Kuuga
フィギュアーツ“トライチェイサー2000”のつづき。
今回は、フィギュアーツ真骨彫“仮面ライダークウガ・マイティフォーム”を搭乗させた状態を中心に、紹介していきましょう。

f0124763_21554512.jpg

まず、真骨彫クウガの手首を、トライチェイサー付属の“握り手”のパーツに付け替え、グリップに通すカタチでハンドルを握らせます。

元々、真骨彫クウガに合わせて設計、商品化されたものなので、実際に乗せてみると、双方の大きさやバランスも、ピッタリと収まります。

ただ、先の記事に記したように、ハンドル部分の強度に不安があったり、自分の所有してる真骨彫クウガが、個体差の関係で右腕の肘から下のジョイントが甘く、外れやすいので、なかなか思うようにポーズが決まらなくて、普通に乗せるだけでも、結構苦労しました。

上の写真のものも、このアングルからだと分かりませんが、実はシートにちゃんとお尻が付かず、少し“浮いた”状態になってます(^^;

この辺りは、時間をかけてじっくりとやれば上手く行くと思うので、焦らない方がいいでしょう。

f0124763_21554154.jpg

トライチェイサーの“見せ場”は、荒れ地や河原、山道等で見せた“トライアルアクション”なので、普通に乗せるより、むしろ派手目のアアクションポーズの方が、
それらしくなるかもしれません。

とは言え、車体を傾けるようなポーズでは、スタンドを使わない状態での自立は難しいので、クウガの足で支えるようなポーズが、必然的に多くなるかもしれません。

f0124763_21552591.jpg

ハンドルを大きく切れば、それだけ車体も大きく傾きます。
クウガの足で支えつつ、バランスを保ってられるのは、だいたいこれくらいが限界のようです。

実際、この状態で写真を撮ろうと、フレーミングを考えながら、デジカメの液晶を覗いてる最中、バランスが崩れてコケそうになっとりました(^^;

f0124763_21551519.jpg

上のポーズの別アングル。
こういうアクションフィギュアにポーズをつける時は、一方向からだけでなく、別方向からも見てもバランスがとれてるか、カッコよく見えるかとかは(例えそれが特定のアングルからしか見なかったり、写真に撮ったりしなくても)意識しておいた方が、結果的にいいものになると思います。

アクションフィギュアに限らず、固定ポーズのフィギュア等も、どの方向から見ても全体のバランスのとれててカッコいいというのは、原型師さんの技術とセンスが試される部分だし、常に意識されていることでしょう。

この写真に関しては、実際調整とトリミングを行う段階で、スタンドの上がり方が中途半端なことに気付いてしまい、撮り直そうかとか、いっそボツにしようかとか思ったのですが、自らへの戒めも兼ねて、取り敢えず載せることにしました(^^;

以下、もう少し。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2015-07-24 22:09 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
明けたはず・・・
つい先日、梅雨明け宣言されて、いよいよ夏本番、と、思ってたら・・・

なんなんですか、昨日、今日と、また雨模様・・・どころか、昨日なんて1日中シトシト雨で、今日の午前中まで降ってましたよ(^^;

まぁ、晴れたら晴れたで暑くて堪らんだろうし、雨つづきで湿気でジメジメも嫌だし、天気に文句言っても仕方ないとは分かっていても、ホントにもう、なんとかしてくれと、叫びたくなっちゃいますねぇ。
[PR]
by yaskazu | 2015-07-23 22:01 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
TRCS2000
久しぶりの玩具レビュー。

入院代やら治療代やらで、経済的にピンチに陥っているにも拘らず、ネット上でのレビュー記事や、Youtubeのレビュー動画を見て、俄に欲しくなってしまい、病み上がりの自分へのお見舞だと、無理繰りな理由を付けて買ってしまった、S.H.フィギュアーツ“トライチェイサー2000”です。

基本自分は、こういうビーグル系の玩具には手を出さないのですが、S.H.フィギュアーツ・真骨彫の“仮面ライダークウガ”は買っていたし、クウガと言えば、昭和&平成含めた全仮面ライダーの中でも、最もバイクアクションが印象的な作品なこともあり、店頭で見かけた時、これに乗せた写真を撮りたいという、誘惑に勝てなかったという次第(^^;

トライチェイサーに関しては、以前“S.I.C極魂”版のものを当ブログで紹介していますが、そちらも参照されていただければ幸いです。

例によって、前置きが長くなりました。

では、本題。

f0124763_1702124.jpg

パッケージはこんな感じ。
最近のフィギュアーツ系のパッケージは、こういう“渋い”デザインが多く、対象年齢が“大きいお友達”に向けられてることが伺えます。

f0124763_1713399.jpg

パッケージ裏側。
こちらも、派手な写真は控え目な分、中味への期待が逆に高まるといったところでしょうか。

f0124763_1722685.jpg

中味は、例によってこんな風に、ブリスターに収められてます。

f0124763_1733170.jpg

本体以外のパーツ類は、いたってシンプル。
本体左右に取り付けるマフラーと、“真骨彫クウガ”を乗せる時に使う、交換用の手首パーツ。
デスプレイ用のスタンドと、別売の“魂ステージ”を使用する際に使用する、ジョイントパーツです。

f0124763_174429.jpg

本体左サイド。
劇中のトライチェイサーの再現度も然ることながら、撮影用車両のベース車となったトライアルマシン“パンペーラ250”のスケールモデルとしても、かなり完成度が高いと思います。

f0124763_16573979.jpg

“S.I.C極魂”版と並べてみたところ。
実車の再現に重点を置いたフィギュアーツと、イマジネーションによるアレンジを主題にしたS.I.Cと、商品コンセプトが違う両者を、単純に比較することはできませんが、S.I.C版はアーツ版よりも、全体的にシルエットが少し無骨な印象。

ただS.I.C版の方は、後に発売された“ゴウラム”との合体による“トライゴウラム”への変形を前提にしていた関係か、オフロード車のパンペーラではなく、トライゴウラムのベース車だった、オンロード車“V-MAX”のシルエットに近い設計にされていたのかもしれません(この辺りは憶測ですが)

もし、フィギュアーツでトライゴウラムが発売されるとしたら、ゴウラムとの合体機能はオミットされ、V-MAX型バイクをベースとした、一体型の商品として、新たに設計されたものになるかもしれませんね。

でもそれだと、物凄いボリュームになりそうだし、かなり高額になるだろうから、出るとしてもプレバン限定になるでしょうね(^^;

f0124763_1656611.jpg

右サイド。
エンジンから伸びる排気管のカーブとか、ここらも拘ってますね。

本体のスタンドは、実車通りに可動して、普通に飾るならこれで十分に自立します。

以下、もう少し詳しく。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2015-07-22 20:00 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
明けたと同時に
本日、遂に近畿地方にも梅雨明け宣言がありましたが、明けたのはいいけど・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2015-07-20 22:15 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
1ヶ月ぶり
大腸ポリープの手術の備え、数日前から食事制限をしていて、その後はこちらでも記したように、出血や入院等もあり、暫くの間食べるものには注意をしていましたが・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2015-07-19 21:52 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)