<   2013年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧
間と5年後
当ブログでも何度か触れてきた、平成仮面ライダーの小説。

相変わらず「クウガ」のみ、著者のこだわり故の原稿の遅れのため、現時点でも発売未定とのことで、自分でいうのもなんですが、流石に温厚なワタクシめとしましても、少なからず言いたい事はありますが(と言っても、著者や出版社と言うよりは、むしろファンやユーザーに対して、ですが)出版社側は必ず出すと明言されてますので、無事出版された暁まで、喉元に止めておく事にいたしましょう(笑)

とは言え、クウガ以外の小説は、多少のスケジュールの変更はあるものの、順次出版されております。
自分も、全部というのは少々厳しいものもあるので、その中から幾つかを選んで購読することにしていて、今のところ「仮面ライダーW」と「仮面ライダーファイズ」の2冊を読み終えました。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-02-28 23:29 | 仮面ライダー | Trackback | Comments(0)
月曜の夜は・・・
またも出ました「非公認戦隊アキバレンジャー痛」新情報、今回は、公式トップ画面より、新着のPR映像が見られます。

非公認戦隊アキバレンジャー痛 公式サイト

なんかこう、皆さん相変わらず楽しそうにやってて、ますます楽しみになってきます(^^)

そして本日はもうひとつ、以前より告知はされていましたが、劇場版の公開と共に、こちらも全容が明らかになりました!

牙狼〜闇を照らす者〜 公式サイト

こちらも、GALLERYと書かれたメニューから、予告ムービーを観ることができます。

予てからのアナウンスどおり、今回はキャストは一新され、スタッフも、総監督が雨宮慶太氏から横山誠氏に交代する等、これまでの「牙狼」とは少し趣の違ったものになるようで、よりダークファンタジー色の強いものになるとの事です。

ま、特撮ファン的には、ゴーカイシルバーこと池田純矢くんが、鎧とは違ったキャラクターをどんな風に演じるかってところも、注目でしょうね。

ということで、双方とも楽しみなのですが・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-02-26 22:16 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
物価上昇
昼間、買物に行ったスーパー内にて、どこかの子供がお母さんに、ガチャポンをやりたいとせがんでいた。

聞けば、100円のガチャポンがやりたいって言ってるみたいなんだけど、そのお母さん曰く

「100円のガチャポンなんてないやろ」

いやいやいや、そんなことはないだろう、確かに最近はガチャポンは安いものでも200円だし、高いものになると“500円”なんていう、おぢさんら世代には信じられないと言うか、容認できないくらいの額のものはあるけれど、100円のものがないなんて・・・・

で、確かめたところ、確かにその子がおねだりしてたブースには、100円のものはありませんでした。

正に、物価上昇(^^;

しかしな・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-02-24 22:25 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
無償
CSの標準画質の放送が、来年5月で終了するという事で、現在自分が使ってる標準画質専用のチューナーではもう観れなくなりますよと、なんだか一昨年の夏あたりにも、同じようなことがあったなぁと感じる、ある種“脅し”にも思えるような知らせが、スカパーから・・・(^^;

ただ、今後も契約を継続してもらえるなら、専用チューナーを“無償”で提供してくれるということで、一見美味しい話にも思えるのですが、タダより高いものは無いというように、なんか“裏”がありそうにも思ってしまうし、そもそも時間的余裕のなさもあり、CSの視聴自体、ごく限られたものしか出来ておらず、支払った代金分取り戻せてないというか、ぶっちゃけ無駄遣いかなと思ってて、そろそろ見直しを考えていたところだったので、ちょっと今悩んでる最中です。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-02-23 21:37 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
憑依
なんか、続々と新情報が出てきてる「非公認戦隊アキバレンジャー痛」ですが、今回はキャストが正式発表されたようです。

お待たせキャスト情報![S-2]

アキバブルーは新しくなるようですが、イエローはキャスティングはそのままに、姓だけが変わってるという事で、ファンの間では色々と憶測、推測が飛び交っているようです(笑)

実際、色々と設定も前作とは微妙に変わってたりするようで、単純な続編ってことでもなさそうなんだけど、そこはアキバレンジャーのこと、色々と“仕掛け”がありそうで、なさそうで、ってところなのかな?

しかし、なにがたまげたかって・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-02-22 22:05 | 特撮 | Trackback | Comments(2)
ゴム
ゴムが裂けてて、そこから漏れてしまって、大変な事に・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-02-20 20:31 | 日々の戯れ言 | Trackback
吉報
いや、めでたいというか、嬉しいというか。

なにがそんなにめでたいんだ?
[PR]
by yaskazu | 2013-02-19 22:37 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
応戦
S.I.C極魂の“トライチェイサー2000”の紹介の後編、別売のS.I.C極魂仮面ライダークウガを搭乗させた写真で、改めて紹介します。

元来自分は、値段や置き場所等の物理的理由から、ヒーローのビーグル系のアイテムには殆ど手を出さないんですが、「仮面ライダークウガ」という作品は、平成仮面ライダーだけでなく、昭和も含めた“仮面ライダー”の名を冠する作品全ての中でも、群を抜いてオートバイクアクションに力を入れていて、それが非常に印象的だったこともあり、クウガ本体を買った際、是非乗せて遊んでみたいと思ったという、非常に子供じみた理由なんですが、まぁ幾つになっても男がオモチャ買う理由なんて、そんなもんです(^^:

f0124763_2329767.jpg

S.I.Cクウガ自体、可動範囲はかなり自由なこともあり、こんな風に無理なくトライチェイサーに乗せることが出来ます。

この写真では、バイク本体のスタンドで支えてますが、クウガの脚を地面に付けて支えることも出来ますし、オプションパーツのスタンドでも、姿勢保持できるので、お好みやシーンに合わせて、色々試されると良いでしょう。

f0124763_23292432.jpg

先の記事で紹介した、オプションパーツのトライアクセラーは、クウガに持たせることができます。

設定では、起動キーであると同時に、その形状通り“特殊警棒”としても使用できるとのことですが、劇中ではこの状態での使用例はなく、もっぱらタイタンフォームでの“タイタンソード”へ変化させての使用が主でしたね。

因みに、バイク側のグリップ部分は外せないし、トライアクセラーも伸縮はしませんので、あしからず。

では、以下アクションポーズ等を、幾つか。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-02-18 23:52 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
疾走
S.I.C極魂、トライチェイサー2000、買ってきました。
以前当ブログでも紹介した、同じS.I.C極魂の仮面ライダークウガを搭乗させられるということで、これに関しては最初から購入予定で、お小遣いの予算の中にちゃんと入れてあったので、迷いなく購入。

ただ、この発売日に乗じて、このトライチェイサーに装備できる“ゴウラム”の発売が発表されるという、中々“あざとい”商売やりやがります、バンダイさん(^^;

ま、ゴウラムは勿論欲しいところなんですが、魂ウェブ限定商品で、お値段もかなりのものになるので、ちょっと無理っぽいです。

てことで、商品の紹介。

f0124763_23252975.jpg

パッケージはこんな感じ。
例のよって、特価の値札はスルーってことで、よしなに(^^;

f0124763_2325352.jpg

オプションパーツは、クウガの搭乗用の手首パーツと、トライアクセラー、スタンドの3つ。

少々少なめですが、実はこれもクウガ本体のオプションと連動してたりするからなんですけどね。

では、以下本体を。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-02-16 23:39 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
知らせ
昨夜、また悲報がひとつ・・・

訃報:本郷功次郎さん 「特捜最前線」の橘警部などで活躍

特ヲタ的には「ガメラ」って言うべきなんだけど、やはり一番印象に残ってるのは「特捜」の橘警部ですよねぇ。

「特捜」自体が、特撮物に所縁のある俳優さんで、ほぼ固められていた感がありますが、そういう意味では本郷さんもその範疇に入る訳だけど、それ以上にこの方は、色んなドラマで活躍されていて、そっちの印象の方が強かったりもします。

個人的には、月曜日の9時台、花登筐先生の、いわゆる“女性根性物”のドラマには、かなりのシリーズにに出ておられたイメージがあって、中でも中村玉緒さんの主演だった「おからの華」ってのが、何故か記憶に残ってます。

あの一連の“花登筐枠”は結構何作かあって、自分もよくは憶えておらず、「おからの華」の記憶もかなり断片的なんだけど、本郷さんの演じられてた役は、最終回で玉緒さん演じる主人公“うさ”の名を呼んで、絞り立てのおからの塊(これが「おからの華」のタイトルの所以だったはず)を握って死んでいったというのが、妙に記憶にこびり付いちゃってるんですよね(^^;

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-02-15 22:01 | ニュース | Trackback | Comments(0)