<   2011年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
よいお年・・・
2011年、大晦日。

本来なら、今年あった色んな事を、いい事も悪い事もひっくるめて、区切りの言葉として「よいお年を」と言うべきなんでしょうが・・・

なんか、今年は心の底からこの言葉を言えない・・・言うのを憚れる年になってしまいましたね。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2011-12-31 21:20 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
最後の最後まで・・・
なんかもう、今年は最後の最後、土壇場に来てまで、淋しい話、悲しい話が、続きますねぇ・・・

昨日今日も、複数の“そう言う話題”が重なってしまいました。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2011-12-30 21:33 | 社会 | Trackback | Comments(0)
何処へ?
掃除はなんとか片が付いたけど、今年は例年以上に手抜き。
なんか、年々手抜きの幅が大きくなってきて、体力と気持ちの落差がどんどん広くなっていくのを痛感する次第。

ところで・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2011-12-30 00:16 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
反射熱
いよいよ本気で寒くなり、暖房が不可欠な時期になってきました。

去年まではハロゲンヒーターを使っていたのですが、この2月頃にスイッチがぶっ壊れてしまい、止むなくエアコンに切り替えたのですが、元々エアコンでの暖房は好きではないし(気持ち悪くなるんだよね(^^;)特に今年は世間の風潮が節電に向いてる事もあり、やはり新しいハロゲンヒーター買おうかなと思ってたんですが、今は家電量販店とか見ても、ほぼ置いてないんですね。

理由としては、特に中国製のハロゲンヒーターが相次いで発火したり発煙したりと言う、“オトロシイ”事例が連発したりした事や、同類の物として“カーボンヒーター”の方が売れるようになったからって辺りが大きい模様。

そう言えば、確かに一番最初に買った中国製の扇風機型のハロゲンヒーターは、一冬保たない間に、いきなり“ブチン”という豪快な音と共に、ハロゲン球がどんどん明るくなっていき、変な臭いと共に電源コードが熱くなるという事態に陥り、そのままコードを抜いて、廃棄したってことがありました。

次に買ったタワー型の物は、2年ほど保ったものの、前記の様にスイッチが捜査不可に・・・orz

やっぱ中国製品って、なんでも爆発しちゃうんでしょうかね?(^^;

仕方ないから、カーボンヒーターにしようかと思ったけど、ハロゲンヒーターに比べると値段が結構高いんですよね。
今年は電化製品にやたら金がいったから、正直本当にもう余裕がない。

今時のエアコンは、昔に比べて元から節電仕様になってるし、ハロゲンヒーターって意外と電力使うみたいだから、この冬はエアコンで我慢しますか・・・

ただ、自分がハロゲンヒーターに拘る理由はもうひとつあって・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2011-12-28 00:12 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
笑顔の奥
今期のはちゃんと触れれなかったので、せめてひとこと。

フィギュアスケート、今年は震災の影響がもろに被ったり、ミキティが休場したり、真央ちゃんは御不幸でGP欠場したりと、色々あったけど、日本選手権の結果はまず順当ってところで、結果オーライってことでいいんじゃないかな?

真央ちゃんのラスト、見てる側の思い入れもあるんだろうけど、素敵な演技を見せてくれてよかったと思います。
あの笑顔の奥には、きっと本人にしか分からない“色んな思い”があるんだろうけど、それに向き合い、受け入れ、乗り越えていってほしいものです。

あと、やっぱ村上佳菜子ちゃん、まさかあそこでコケるとは思いもよりませんでしたが、それを“笑い”に変えてしまう辺りに、彼女の“芸人魂”を見ました!(←芸人ちゃう!(^^;)

辛くて重い空気の漂ってた今年1年、最後に笑顔にしてくれた彼女に、拍手を送りたいと思います。

これからも、期待してますよ〜
[PR]
by yaskazu | 2011-12-26 23:59 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
1週間
ふと気がつくと、あと1週間でもう正月が来ちゃいますよ。

なのに、今年は大掃除もなにも全く手つかずで、多分残り日数も所用が多くて、掃除は最低限できたらいいところでしょうねぇ・・・

年々、時間と自分の感覚や体力とのズレが大きくなっていくのは、ある程度仕方ない事かもしれませんが、それにしても今年はなんか色々ありすぎましたよ。

来年はどうなるんでしょうねぇ・・・・と、まだ1週間あるのに今から考えちゃうのも、やっぱ寄る年波・・・かなぁ?(^^;
[PR]
by yaskazu | 2011-12-25 23:56 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
期間限定
暫くお休みしてた「つぶろぐ」ですが、一時期の様な居心地の悪さも緩和されてきたので、年明けごろから再開しようと思ってたら、なんとサービス自体が終了する事になっちゃいました(^^;

だもんで、少し前倒しして数日前から再開してます。
横のメニューへの表示も再開しました→

来年の1月いっぱいまでの期間限定ですが、またよろしくお願いします。

Twitterを始めようかとも思ってたんですが、イマイチ踏ん切りがつかないんで、今少し保留という事で・・・
[PR]
by yaskazu | 2011-12-23 23:30 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
たっくん
今年最後(多分)の、オモチャ記事。

f0124763_2116821.jpg

S.I.C極魂の”ウルフオルフェノクです。

f0124763_2116063.jpg

「仮面ライダー555」の主人公、乾巧が変身した、狼怪人ウルフオルフェノク。
主人公も実は敵側と同族の“怪人”だったという展開は、TVに先駆け劇場版「パラダイスロスト」で初お目見えしました時に既に分かっていたにも拘らず、TV版でその姿を露にしたときは、映画とは違うストーリー展開や演出も相俟って、映画以上に衝撃度が大きかったと記憶してます。

番組開始当初、もうひとりの主役である木場勇治=ホースオルフェノクが、最初からオルフェノク側の主人公として設定されていたため、人間と怪人、種族を越えた者同士の対立や理解、友情みたいなものがテーマなのかなと、自分は勝手に思い込んでいたため、きっと後付けの設定変更だろうなんて思った事もあるんですが、これは最初から決められていた事で、巧の人との関わりを拒むようなキャラクターは、巧自身がいつ怪物と化して、他人を裏切り、傷つけるかもしれない、自らの事を怖れてたからだったというのには、なるほどと思ったものです。

f0124763_21145110.jpg

ウルフオルフェノクのデザインや造形は、そんな巧の“哀しさ”を上手く表現してたと思うし、それを更にアレンジしたこのS.I.C極魂は、正にウルフオルフェノクのイメージを極めた商品と言えるでしょう。

サイズ的には、ガチャポンのアルティメットソリッドと同等の、比較的小さめの商品なんですが、それでこのディティールの作り込みは、正直凄いと思います。

f0124763_21162415.jpg

正面は比較的オリジナルに近いイメージですが、背面はかなり大幅にアレンジされてます。
背中の巨大な爪状の突起は、オリジナルの1.5倍くらいは大型化している印象で、また四肢にヒレの様に存在してるブレードも、かなり大きく、かつ凶悪化してます(^^;

f0124763_21151621.jpg

最も大きな違いは、後頭部から尾にかけて、背中一面に生えていた真っ白な獣毛が、他の部分同様の硬質の装甲状になってる事。
おそらく、あの獣毛をPVC素材で造形的に表現しても、却ってリアル感を損なうだろうし、だからと言って、本物の動物の毛や化繊等を使って再現しても、コスト的に無理が生じるだろうし、抜けたりしてアクションフィギュアには適さないって辺りが、変更の理由かな?

上手いアレンジだとは思うけど、あの獣毛はウルフオルフェノクのもっとも印象的な部分なだけに、ちょっと残念・・・てか、ハードな外観に対するあの“もふもふ尻尾”が凄ぇ“らぶり〜”だったんだけどね(笑)

快傑ライオン丸やメガロマンの“たてがみ”とか、変身忍者嵐の“うしろ髪”とか、“髪”が印象的な実写キャラクターのフィギュア化は、難しいですな(^^;

以下、続きます。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2011-12-22 21:49 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
♪ボンボン、バ・・・
北の大国の件。

確かに大きなニュースである事には変わりはないだろうけど、日本国内の他のニュースを差し置いてまで、番組の大半の時間を割いて報道する必用があるのでしょうか?

なんか、自分が日本人なのか、ここは日本なのか・・・

少し自信がなくなってきました(^^;

ところで・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2011-12-20 23:39 | 独り言 | Trackback | Comments(2)
選択(その2)
橋下徹大阪新市長が、遂に正式に就任し、いよいよ大阪維新の会による府政、及び市政が、本格的に動き出しました。

もっとも、橋下氏の場合は既に就任前から休む間もなく動き出していて、正式就任前にある程度の“下地”を整えておくことを怠らない辺り、この人の“したたかさ”や“くせ者”ぶりが伺えて、まぁ分かり易いっちゃ分かり易いし、そこが支持を受ける所以のひとつでもあるでしょう。

と言う訳で、先日のW選挙について記事のつづきというか、前回語れなかった“知事選”の方について、記しておきたいと思います。

とは言え、選挙からもう随分日数が経過してしまったので、出来る限り簡潔にする・・・つもりです(^^;

年内にこれ書いとかないと、気になって他の事が手につかないんでね。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2011-12-19 22:31 | 社会 | Trackback | Comments(0)