<   2008年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧
見立て
白内障の入院をきっかけに、整形の方も大きな病院で検査してもらおうという事で、おかんは今日もまた(入院してた)病院へ行って、レントゲンを撮ってもらい、診察。
概ねの見立ては普段の掛かり付けの先生と変わらない印象ですが、そこはやはり個人の開業医と最新設備の大学病院との違いがハッキリした様で、病状の進行が認められるとの事。

もう少し詳しく調べてみようという事で、来週の金曜日に今度はMRIを撮る事となり、詳しい結果は更にその次の週。
その間はいつもの先生の所の治療は当面中止して欲しいという事で、この辺りは先生の方針によって変わってくるものもあるだろうから仕方ない部分はあるけれど、私の立場で言えばその間薬だけで治療中止って辺りがどうにも引っ掛かると言うか、不安と言うか・・・

当人は意外とアッサリ受け入れちゃってる分、却って心配だったりもします(^^;

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2008-10-31 23:56 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
引き際
Qちゃん、とうとう現役引退ですか・・・

今年は野球とかでは大きな引退話が幾つかありましたが、元々野球そのものにさして興味の無い私にはどこか蚊屋の外って所が、正直ありました。
けど、高橋尚子の現役引退には、少々思うところがあります。

とは言え、別に特別マラソンって競技が好きな訳でも無ければ、取り立てて彼女のファンって訳でもないんですが、ただ彼女が走る時に放つ爽やかなオーラが大好きでした。
とりわけ、シドニーで金メダルを取った時に代表されるように、他の選手がみな息も絶え絶えに苦しそうに走っているのに対し、彼女は常に走る事を“楽しんでいる”姿がとても印象的で、本当に走る事が好きでたまらないと言った“笑顔”こそ、彼女の本質だったはず。

それが・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2008-10-30 23:10 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
ティガ
今日は、息抜きにまたちょっとオモチャの話題。

f0124763_2339963.jpg

以前“セブン”で紹介した食玩「創絶・超ウルトラ8兄弟」のティガ。
画像がちょっと悪いのですが、出来は非常に良いです。

他にダイナや帰マンもあるのですが、“アルティメットソリッド”のティガを取り逃してしまったリベンジの意味と、俗に言う「平成ウルトラ3部作」の中では、やはり一番思い入れの強い作品が「ティガ」だからって事で、買ってしまいました。

当時、本当に特撮物から離れかけていた心を繋ぎ止め、どっぷりと引き戻す切っ掛けになったのが、「ウルトラマンティガ」でした。
そういう意味で、今度の映画も観に行きたかったんですが(評価は散々なようですが(^^;)、叶いそうにないので、せめてこれで・・とか(笑)

時間があれば、もう少しいい写真を撮ってあげてみたいと思います。

ウルトラマン HDM創絶 超ウルトラ8兄弟 前編 1BOX (食玩)
/ バンダイ
スコア選択:



ウルトラマンティガ メモリアルボックス (期間限定生産)
/ バンダイビジュアル
ISBN : B000KEGCIA
スコア選択:
[PR]
by yaskazu | 2008-10-29 23:55 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)
現場
先日のエントリーで、おかんの入院に際して感じた、大きな病院を取り巻く人手不足や諸問題、現場のお医者さんや看護師さん達の大変さや、その奮闘ぶりに対する感謝の気持を書きましたが、この方もこういう事を仰っていたのは、偶然とは言え、何か感じ入るものがあります。

安心して産める社会に=「誰も責める気ない」−死亡妊婦の夫が会見

こういうニュースは通例ならマスコミが興味本位で“たらい回し問題”や、医師や看護師に直接バッシングの鉾先を向けて、場合によっては遺族側が訴訟に出て泥沼化する。
そして、それを尚もマスコミが“おいしいエサ”として偏った報道で煽り立てるってパターンになりそうなもの。

けどこの方は、“たらい回し”や“受け入れ拒否”そのものが真の問題ではなく、それを生み出してしまう現在の医療を取り巻く環境や諸問題、国の対応や制度の不備にこそ問題があり、そこを正してほしいという旨を仰ってるんですよね。
こういった問題や、医療事故やミスは本来は絶対あってはならない事ですが、今の医療の抱える問題はそれが起きてしまう可能性を増長させているだけなのかも知れません。

この方の場合、不幸にして奥さんが亡くなってしまったと言う、厳しい現実がありながらも、こういう事を発言出来るという事、現場で懸命に働く医師や看護師に対し、感謝出来る気持を持てるという事は、中々できる事ではありません。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2008-10-28 23:54 | 社会 | Trackback | Comments(5)
おかげさまで
おかんは無事、退院してまいりました〜

術後はくすんでいた雲の様な物が取れ、凄くハッキリ見えるようになって気持がいい反面、逆に近くがぼやけたり、時折目に違和感があったりするそうですが、これは当分の間は眼球内に入れた人工レンズがまだ安定しないからだそうで、最低でも数週間から数ヶ月は検診とケアは欠かせないらしく、その後は(人工レンズに合わせて)普段使う眼鏡を作り直す必要もあるとの事。
姑くは目医者通いもしなきゃならんみたいですが、現時点では経過は良好らしいので、先ずは一安心です。

これも全て、お世話になった先生、看護師の方々、病院のスタッフの皆さん、同じ病室の患者仲間(?)の方達、そしてこのブログを覗いて下さった皆様のおかげです(^^)

本当にありがとうございました〜<(_ _)>

と、御挨拶はこの辺にして、今度のおかんの入院を通じて、少し感じた事。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2008-10-27 00:17 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(6)
またまた明日は・・・
おかん、明日退院です。

今日は荷物をあらかた持って帰ってきたので、明日は概ね身の周りの物だけ持って帰ればいいのですが、朝の10時までにはベッドを空けなきゃならないという事で、まるでホテルのチェックアウトです(^^;

そんな訳で、明日はまた早いので、今日も御報告まで・・・。
[PR]
by yaskazu | 2008-10-25 21:51 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
次の日取り
経過は順調な様で、また眼科の先生の休みの都合とかもあり、退院はこの日曜日という事となり、予定通り1週間の入院で済みそうです。

整形の方も今日診てもらったところ、今の時点では心配はないものの、原因は腰から来ているらしいという事で、概ね掛かり付けの先生の見立て通りな模様。
念のため、次の金曜日に予約をとって精密検査をして下さるそうです。

明日は荷物の整理にまた昼から病院に行ってきます〜〜

ところで・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2008-10-24 23:09 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
一段落、です
おかんの白内障、右目の手術も無事終了しました。

術後、少し出血があって心配しましたが、やはりメスを入れてるから少しの出血等はよくある事で、問題はないとの事で、ちょっと安心。

経過を見ながら、順調に行けば週明けに退院出来そうですが、昨日予定していた整形の方の診察が先生の都合で延びてしまったので、多少の前後はあるかも知れません。

ともあれ、私もちょっと気持が軽くなりました(^^)
[PR]
by yaskazu | 2008-10-23 23:54 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
クタ・・・
今日はちょっとお疲れ・・・

明日はおかんの右目の方の手術。
またちょっと忙しそうです(^^;
[PR]
by yaskazu | 2008-10-22 23:35 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
丹下十衛兵
おかんの白内障の手術は問題なく終了。
取り敢えず今日は左目の手術で、右目はあさっての午後からなんですが、この分だと特に心配はいらないようで、明日は外来扱いで整形の方も診てもらえるそうで、私も他の用事やらなんやらを片付けたいところ、安心して病院に任せられそうです(^^)

で、眼科の手術の後ですから、今日は左目に例の灰汁取り用のおたまの柄を切ったみたいな、金属製の穴の開いた眼帯をしていて、おかんが自ら「まるで“丹下左膳”か“柳生十衛兵”みたいや」なんて言っとりました。

さすが我がおかん(笑)

でも、自分としては“左膳”ではなく“段平”って言ってほしかったところだが、さすがにムリか(^^;

まぁ、メギド王子だとかトップガンダーだとか、ましてザムシャーとまでは言う気はないけど(w
[PR]
by yaskazu | 2008-10-21 23:48 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)