カテゴリ:社会( 276 )
権利
本日は、大阪府堺市の、市長選挙でした。

前回のときは、自分もこのブログに少し触れましたが、元々投票権のない他の市の選挙な事もあり、今回は敢えて、選挙前は触れないことにしていました。

この文章を書いてる、PM9:50分の時点で、現職市長の当確となった模様。
その結果については、堺市民の皆さんが決めたことなのだから、それこそ他の市の住民である自分には、意見する権利はないし、するつもりもありません。

今後の、同市の更なる発展と安泰を、祈ります。

ただ・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2017-09-24 22:16 | 社会 | Trackback | Comments(0)
図に乗りすぎ
つい数日前に、再び三たび四たび・・・世界を賑やかしたかと思ったら、文字通り舌の根も乾かないうちに、またもや暴挙に出た、北の某国。

会話や話し合いの通じる相手じゃないってのは、日本はもう何十年ってレベルで思い知らされてきたけど、漸く世界もそれに気づいてきた模様。

腹を割って話し合おうとして挟んだテーブルを、その度に“ちゃぶ台返し”するような国と、これ以上どう会話しようというのか・・・

けど・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2017-09-04 22:14 | 社会 | Trackback | Comments(0)
頭の上を
北の某国、相変わらず飛ばしまくってますが、これまで日本海に落としていたのに対し、今回は北海道を飛び越えて、太平洋側に落ちたということで、先日グァムに落としてやるとか言って、西の大国を牽制したのが、嘘じゃないことを証明したカタチになってしまいました(^^;

ただ、それならばむしろ、西日本の頭の上を通過させるコースを狙いそうなものを、東日本一帯を含みつつ、北海道の頭上を飛ばすとか、あくまで西の大国に直接の制裁の口実を与えない策に出たのであろう辺りの“あざとさ”が、如何にもあの国らしいところ・・・

お陰で、東日本から上の方は、今朝は大変なことになっていたようですが、もしこれが、当初の牽制通りにグァムを狙うコースで撃ってたなら、多分西日本がそういう状況になってただろうし、もしそれで西の大国の、あの大統領をブチ切れさせたら、本当に最悪の事態になりかねませんからね(^^;

かと言って・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2017-08-29 22:11 | 社会 | Trackback | Comments(0)
地方選挙
東京都議選、このテキスト打ってる段階では、まだ完全に結果が出た訳ではありませんが、どうやら都民ファーストが過半数議席を獲得し、自民党は大幅に減らした模様です。

東京都の議員を決める選挙ですから、国政に影響が出るというのは分かるのですが、自分ら他府県民の目から見れば、そうは言っても47都道府県の中の、地方選挙のひとつに過ぎず、結果は東京都民の選んだことなのだから、それについて意見をするつもりは、ありません。

ただ、なんかこう・・・TVやらマスコミに、踊らされちゃって、冷静な判断できなかったのかなぁ・・・という気は、正直します(^^;

これからの都政や、国政が、どういう方向に流れてゆくのか・・・

それを見極めるのは、有権者の務めなので、他府県民の立場からも、見守っていきたいと思います。

ところで・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2017-07-02 23:01 | 社会 | Trackback | Comments(0)
ホントの愛はなんだ
恒例の、日本流行語大賞。

正直自分は、毎年関心もなければ、結果についても特にどうとも思わないのですが、ノミネートの中に「シン・ゴジラ」が入っていた分、選ばれることはないと思いながらも、そこそこ気にはかけたんですが、それとは別のところで、注目したのが・・・

「保育園落ちた日本死ね」受賞は「とても悲しい」つるの剛士、流行語大賞への異議が反響

単純な個人的な気持ちとして、つるの君に同意というのもあるけど、この“待機児童問題に一石投じた”とされる言葉に対し、自身が子だくさんであり、育メンでもある彼が、この言葉の受賞に、疑問と不快感を発していると言う部分、ここが大切だと思うのですよ。

勿論、意見は賛否があって当然だし、各々に主張はあるだろうけど、少なくとも「死ね」という単語が含まれてるような言葉を、子供を育てる立場の人が発したような言葉(例えそれが、行き場のない感情の結果だったとしても)を、こうういう“公”の機関が主催するような選考する言葉に、選ぶべきではないと思います。

つるの、よく言ったよ。
[PR]
by yaskazu | 2016-12-02 22:09 | 社会 | Trackback | Comments(0)
毛布
夕べは寒くてなかなか寝付けず、今日はまた睡眠不足で、体調不良。

だもんで、今夜に備えて、さきほど遂に毛布を引っ張りだしました(^^;

今日で終わりとは言え、一応まだ11月なのに、既にかなりの割合で冬支度が進んでいます。

今年の季節の移り変わりが、それほど急激だからなのか、それだけ自分が歳食って、時間の流れが増々短く感じられるようになったからなのか・・・

泣いても笑っても、明日から師走。

早いねぇ・・・
[PR]
by yaskazu | 2016-11-30 20:32 | 社会 | Trackback | Comments(0)
月の光は愛のメッセージ
一瞬、目を疑ったというか、下衆で煩悩にまみれたおぢさんは、“下”の方のネタに一直線になりそうになったのですが、あくまでも“真面目な”話題です(^^;

「検査しないとおしおきよ!!」 セーラームーンが性感染症予防呼びかけ 厚労省が起用

確かにね、若い女性の知識不足や、男の要求を断れないとか言った“意思の弱さ”から、色々と“悲劇”が増えてるって話は、色々と聞き及びます。

だから、こういう方向でキャンペーンを行うこと自体の意義は、あるだろうと思います。

ただ・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-11-21 22:14 | 社会 | Trackback | Comments(0)
衣装
某アイドルグループがイベントで着用した衣装が、とある方面からクレームをつけられたという話。

その衣装のモチーフが、ナチスの軍服を思わせるものだったことが引っ掛かったようで、裏にはどうも“ちょっとヤバイ系”の方達の存在があるとかないとか、真偽が定かでない話もあり、ちょっとした騒ぎになってる模様。

あくまで個人的な意見として述べさせてもらえば、言わんとすることは分からなくはないけど、自分の目には、単にビジュアル的な見栄えの良さから“衣装として”採用したのだろうとしか思えないんだけどね(実際、ナチスの軍服って、デザイン的にはカッコいいからね)

他意のないであろうアイドルの衣装なんかに、いちいち過剰に反応してしまう心理や傾向の方が、危険な感じがします。

むしろ、現実にアイドルを、偏った政治思想を広めるために利用してしまったような例の方が、よっぽど悪質だと思うのですが・・・

と、これはちょっと余計な話でしたか(^^;

こういう手合いの話題が出る度、自分が危惧するのは・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-11-04 21:16 | 社会 | Trackback | Comments(0)
お気持ち
天皇陛下の、お気持ち表明。

正直、もっと遠回しで“持って回った”ような表現だろうなぁと思ってたので、かなり直接的な発言に近いような内容だったのには、少し驚きました。

あのお気持ちを現実のものとするには、法整備やなんやら、色々と面倒臭い問題が山積みってことは分かりますが、ご高齢でまともな役割が果たせないことに“ご自身が”責任を感じてられいて、これ以上周りに迷惑をかけたくないからこその、お言葉なのでしょうから、ここはしっかりと尊重してさしあげるべきでしょう。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-08-08 23:18 | 社会 | Trackback | Comments(0)
混沌と探索の陰で
増々混沌の様相を強め、もはや“グダグダ”状態な東京都知事選(失礼(^^;)や、思った通り批判ありきで報道されるポケモンなんとかというスマホゲームの報道の陰で、全くと言っていいほど(地元のニュースですら)取り上げられなかった選挙が、先日大阪で行われました。

自分が住む寝屋川市の、隣に位置する門真市の市長選挙と、補欠議員選挙がそれ。

確かに、全国区のニュースで取り上げられるようなものではないかもしれない、大阪府内の中でもローカルな地方選挙ではありましたが、結構地味に意味のある選挙だったと、自分は思ってます。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-07-25 22:03 | 社会 | Trackback | Comments(0)