カテゴリ:独り言( 386 )

阪神大震災から23年。
これまでも、毎年この日には何かしら思う事を記してきました。

やはり、“身近”で起きた大災害ですから、今でも記憶は鮮明に頭に浮かびますが、あれ以降も、東日本大震災や、宮城の地震、最近では熊本と、記憶に残る大きな地震が、幾つもありました。

その度に、当時の事を思い出してきまし、同時になにも出来ない自らの無力さを、思い知らされること頻り。

だからこそ、思い出すこと、忘れないことで、記憶を繋いでいかなきゃなぁと、感じ入ります。
[PR]
ネットーサーフをしていて、偶然“諸口あきら”さんが、この9月に亡くなっていたことを知りました。

色んな方が旅立つ中、寂しさや悲しさを感じる人は多いけど、ちょっとした“喪失感”を感じるくらいに、少しショックを受けてます。

自分が中学時代、京都に住んでいた頃、ラジオの深夜放送が全盛で、現在の京都放送(KBS京都)が“近畿放送”と呼ばれていた時代、当時の京都の学生の殆どは、そこで放送されていた深夜番組「日本列島ズバリリクエスト」、通称「ズバリク」を聴いていました。

その「ズバリク」で、金曜日と土曜日を担当していたのが諸口あきら”さんで、リスナーからは”アニィ”と親しまれてた、ある種の憧れ的存在でした。

男気があって、優しくて温かい語り口や、ちょっと破天荒な生き様、何よりも最大の魅力は、番組の名物でもあった“弾き語り”・・・

自分も、多感な思春期の頃は、この人に少なからず影響を受けたし、自分の中の“かっこいい大人”の中の、1人でもありました。

自分の趣味が、アニメや特撮といった“オタク系”に移行し、長い時間が流れる中、京都も離れ、東京や大阪と移り住み、いつしかラジオそのものを聴かなくなってしまいましたが、その間も“アニィ”は、京都や大阪でラジオ番組を続けられてたようだし、自分も心の片隅には、ずっと存在しつづけていたような、そんな人でした。

でも、もう80歳越えてたんだね・・・

その時間の経過が、一番ショックだったり。

つづきを読む
[PR]
2020年の東京オリンピックのマスコット候補が決まり、最終的には小学生による投票で決定するとのこと。

公式サイト

“エンブレム”の件で、あれだけ色々とあった分、今回は民間からの応募を中心に絞り込んで行って、最終決定は子供達に委ねるということのようですが、なんかその候補をみると、ポ◯モ◯風だったり、デ◯モ◯っぽかったり、妖◯ウ◯ッチ的だったりで、逆に如何にも小学生ウケしそうなの選んでるなぁという印象が・・・(^^;

自分的には、好みなのは「ア」の案だけど、一般受けしそうなのは「イ」という感じだけど、結局のところ、一番無難そうな「ウ」に決まるんじゃないかと予想。

さて、結果は如何に?
[PR]
元々特撮ファンは、出演者同士の交際や結婚といった話題に対し、実に寛容で、むしろ応援や祝福をするケースが多い。

なんかね、自分の好きな作品に出てた役者さん同士が幸せになったり、番組が終了した後も、いい関係を保っていたりという話題には、まるで自分のことのように、嬉しさを感じてしまうものなのですよ。

先日、一部で報道があった然る話題に対しても、ファンの間では概ね好意的受け取られていたようで、記事を出した某文◯さんも、さぞ思惑外れだったことでしょう。

◯春砲、不発ってことで(笑)
[PR]
天皇陛下の退位の日程が、2019年4月末に決まったとのこと。

正直、もっと早くしてあげれないのかとは思うけど、なんか色々とややこしくて面倒臭いことがいっぱいあって、結局この日程になってしまう・・・っていうことらしいです(^^;

そうは言っても・・・

つづきを読む
[PR]
北の某国、久しぶりに“構ってちゃん”なアピール再開です。

本当にもう、どうしたいのか分からない国ですね、あそこは・・・

最悪の方向に向かないことを、切に祈るばかりです。
[PR]
このところ、世間のあちこち・・・それも、ごく普通の、どこにでもある住宅街で、色々と物騒と言うか、そら恐ろしい事件が、よく起きています。

それが、自分の住む市内で、自分の家から、そう遠くない場所で起きたら、一層それを感じてしまうし、なんとも残念で、悲しい気分になってしまいます。

・・・・はい、そういうことが、起きてしまいましたorz

つづきを読む
[PR]
人間、言ってはいけないということに直面すると、逆に言いたくて仕方なくなるというのが、人情。

特に、ネットという媒体では、余計にぶっちゃけたくなることも、ある訳ですが・・・

でも、言いませんよ(^^;

フフフ・・・
[PR]
さてさて、いよいよ48回目の衆議院選が始まりましたよ。

自分は既に、投票先は決めているので、後はどう流れていくかを、じっくり見据えていこうと思ってますが、それを他者に対して、どこを支持しろ、誰に投票しろとかは、言うつもりはありません。

皆様、ご自身の基準で考え、判断し、悔いのない投票を。
[PR]
新党の設立に際し、“しがらみがない”を掲げるのは、大変結構なことだと思います。

しかし・・・

つづきを読む
[PR]
スペルボーン(Spellborn)