カテゴリ:映画( 17 )
幻の作品
先日、CSの“東映チャンネル”で放送された、81年の劇場版「月光仮面」を視聴。

当時、1度だけTVで放送された時に観た記憶はあるものの、殆ど憶えていなかったこともあり、今回はほぼ初見に近い感覚で観ました。

東映チャンネルでは、キャッチフレーズを“幻の作品”として紹介していましたが・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-11-14 22:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)
IV
秋より、新シリーズの放送も決定している「相棒」の、劇場版4作目の情報が、解禁になりました。

劇場版『相棒』来年2.11公開!ゲストに北村一輝&鹿賀丈史!

公式サイト



今度の劇場版、歴代“相棒”の中でも、人気度も高く、自分も一番好きな、及川光博演じる“神戸尊”くんのゲスト出演で、ファンの間でも俄に盛り上がりを見せているようですが、それ以上に注目すべきは・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-09-23 22:06 | 映画 | Trackback | Comments(0)
チラ見せ
公開が迫った「シン・ゴジラ」の、最新の予告編が公開されました。



封切り1週間前に出された予告にしては、もっとセールスになるような派手な特撮シーンでもなく、肝心のゴジラもチラ見せ程度。
本編も、ドラマチックな演出伺わせるハイライトシーンでもなければ、感情移入を予感させる俳優の表情でもない・・・

なんとも地味な構成になっていながら、逆にそれが興味をそそられるものに仕上げてる辺りは、なんとも庵野監督らしい“あざとさ”だなぁと(笑)

自分としては、この「シン・ゴジラ」は、ハリウッドの“アレ”を見せられた後に、久しぶりに本家でる日本で製作されたゴジラ映画だということもあり、どういうものに仕上がってるのか、この目で確かめたい気持ちが強く、是非観たいと思っているのですが・・・

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2016-07-22 21:05 | 映画 | Trackback | Comments(0)
シン
来年公開予定の、日本版のゴジラのタイトルが、正式に決定したようです。

『ゴジラ』新作に長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ!タイトルは『シン・ゴジラ』に決定!

シン・ゴジラ 公式サイト

既にネット上では、様々な意見が飛び交っているようですが、現時点では情報量が少なすぎて、判断しかねるというのが、正直な自分の気持ち。

ただ、あのハリウッド版を見せつけられた以上は、この日本版にはなんとしても“本家”の底力を見せつけてほしいし、期待しているのも確か。

庵野さんや樋口さんには、是非良い作品に仕上げてほしいという願いを込めて、エールを送りたいと思います。

ゴジラ(昭和29年度作品)【60周年記念版】 [Blu-ray]

東宝



S.H.モンスターアーツ ゴジラ

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2015-09-24 21:36 | 映画 | Trackback | Comments(0)
師匠
「GODZILLA」同様、観たい映画のひとつである「るろうに剣心」ですが、自分とおかんの病院通いが続いたり、免許の更新にも行かなきゃならなかったりで、なかなか都合がつきそうにありません(^^;

そんな中、先頃発表された「るろうに剣心」の、最後の主要キャストとして、発表された“福山雅治”氏、役名は秘密されてましたが、先日遂にそれが、剣心の師匠である“比古清十郎”であると発表されました!

『るろ剣』福山雅治は比古清十郎役だった!

えええーーー、それはビックリ!、まるで月光仮面の正体が祝十郎だったとか、タイガーマスクのグレートゼブラの正体がジャイアント馬場だったとか、聖戦士ダンバインの黒騎士の正体がバーンバニングスだったとか、科学戦隊ダイナマンのダークナイトの正体がメギド王子だったとか、そういうのに匹敵するくらいの衝撃ですねぇ!(笑)

まぁ、それはともかく・・・(^^;

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2014-08-19 22:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)
ビジュアル・その2
先日のエントリーで触れた、映画「るろうに剣心」のビジュアル、第2段が発表された模様。

「るろ剣」伊勢谷友介の蒼紫&田中泯の翁、ビジュアル公開

いやぁ、先の神木隆之介くんの瀬田宗次郎も、原作のイメージを損なわないビジュアルでしたが、今回発表されたお二方は、それ以上に・・・ホントに原作コミックのキャラそのままというくらい、バッチリとハマッってますねぇ。

この2人のビジュアルが公開されたということは、原作を知る人間ならピンとくるものがあるかもしれませんが、つまり“あのシーン”が映画にあるってことを、暗に示してるんじゃないかと・・・

映画の前作では、CGやワイヤーに頼らない、リアルな剣技アクションが非常に印象深かったのですが、だとすると相当“凄まじい”映像になりそうで、ちょっと期待してしまいますね。

さて、次はどんなビジュアルが公開されるのか・・・

るろうに剣心 豪華版 [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント



るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 彩色演舞『四乃森蒼紫』単品

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2013-12-06 20:48 | 映画 | Trackback | Comments(0)
ビジュアル
本格的なビジュアル公開は、もしかして初めてかな?

『るろうに剣心』宗次郎のビジュアル公開!神木隆之介が髪を染め、憧れの人物を熱演

前作の頃からも、この映画版「るろうに剣心」は、漫画&アニメの実写化の中では、群を抜いた完成度で、いわゆる“原作厨”な人達からも、多くの支持を得た作品で、この続編にも多くの期待が集まってる模様。

中でも、このテの物では常に物議を呼ぶキャスティングにおいても、佐藤健の剣心始め、原作のイメーズを損なわず、かつ演者の個性も100%引き出ししてるという点でも、特筆すべきもので、このニュース中にある瀬田宗次郎を演じる神木隆之介くんも、正にイメージ通り。

瀬田宗次郎自体は、モデルになってるのは新選組の沖田総司で、にっこり笑顔で人を斬るという、人間としての感情を欠落させた人物で、神木くんがどう演じるか、注目したいところです(^^)

さて、他のキャラクターのビジュアルはいつ発表になるのか?
比古師匠や、巴さんと言った、個人的に気になってるキャラは登場するのか?、出るならどなたが演じるのか?

まだまだ、先は長い様です。

るろうに剣心 豪華版 [Blu-ray]

アミューズソフトエンタテインメント



YAMATO ストーリーイメージフィギュア(2) SIF るろうに剣心 [単品] 瀬田宗次郎

やまと


[PR]
by yaskazu | 2013-11-29 22:23 | 映画 | Trackback | Comments(0)
いいも悪いも
もはや、当たり前になった感のある、漫画やアニメの実写化。
今度は、これに白羽の矢が立った模様。

「ルパン三世」が小栗旬主演で実写映画化!玉山鉄二、綾野剛、黒木メイサ、浅野忠信が出演

目黒祐樹版の実写ルパンを知る自分ら世代の人間なら、誰をどう持ってこようと、どんな内容の映画になろうと、少々の事では驚かない自信はあるけど、それにしても小栗旬は「ハーロック」といい、この「ルパン」といい、漫画原作の主演づいてますねぇ(まぁ「ハーロック」の場合は、CGですけど(^^;)

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-11-27 20:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)
実体を見せずに忍び寄る
映画「ガッチャマン」を鑑賞してから、、もう1週間経ってしまいました。
年々時間の流れるのが早くなってきます・・・(^^;

さて、映画の感想ですが、前述のように観てから日数が経ってるため、細かい部分はかなり忘れてる上、他所様のブログやツイッターで既に色々出尽くしてる感もあるので、大まかな雑感だけで、お茶を濁したいと思います(おい!)

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-09-21 22:23 | 映画 | Trackback | Comments(0)
包帯男
コミックやアニメの実写化は、もはや定番となりつつあり、賛否両論飛び交う中、ファンからも概ね好評であり、私自身もお気に入りの1本となった作品の、2作目(及び3作目)の製作が、決定した模様です。

実写版『るろうに剣心』続編2部作、連続公開で完結!藤原竜也が“宿敵”志々雄真実に!

公式サイト

記事中にもあるように「るろうに剣心」の“京都編”は、原作やアニメ版の中でも、最もエンターテイメント性に溢れ、人気度も高いシリーズで、この京都編だけで、それこそNHK大河ドラマ1年分に相当するくらいの、圧倒的なボリュームがあるので、2作連続公開なんて荒技も、頷けるとは思います。

個人的には、「剣心」の全てのテーマが集積する、原作での最終シリーズである“追憶編”“人誅偏”の実写映像化を望むのですが、それこそそれは、この“京都編”の結果次第でしょうね。

つづきを読む
[PR]
by yaskazu | 2013-07-03 23:23 | 映画 | Trackback | Comments(0)