星の林に浮かぶ・・・
月の船の乗り組み員が、またひとり・・・と、言うニュース。

特技監督・円谷プロダクション元専務、高野宏一さん死去
訃報:高野宏一さん73歳=特技監督

お歳を考えれば、致し方ないとは思いますが、やはり気持としてはこういう方にはまだまだ元気で生きてらしてほしいというがファンの気持だと思います。

実相寺監督が亡くなった時も淋しかったですが、またこれで“私らの世代”の灯が消えてしまいました・・・

安らかにお眠り下さい。

ウルトラの揺り籠~実録ウルトラQウルトラマン誕生秘話~ [DVD]

DIGITAL ULTRA PROJECT

高野さんを始め、当時のスタッフの方のインタビューが多数収録されているそうです。

財布に余裕があれば私も欲しい・・・


[PR]
by yaskazu | 2008-12-04 21:34 | ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/9825023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomoko at 2008-12-05 13:40 x
 うわあ、ショック! 昔、スターウォーズが初公開されて話題になった時、雑誌のインタビューで「お金に糸目をつけなくていいのなら、あれは(自分達にも)できます。」みたいなことをおっしゃっていたのはたしか高野氏だったと記憶しています。腕と技に誇りと自信を持っている方だったと思います。ご冥福をお祈りしたいです。
Commented by yaskazu at 2008-12-06 00:23
>tomoko様
そうですよね、昔気質と言うか、職人肌というか、そういう例えが一番似合う人だったと思うし、そういう時代を生きてきた人にしかない空気を持った人だったと思います。

昭和から平成にかけて、ほぼ全てのウルトラになんらかのカタチで関わっていた方ですから、そういう人がいなくなってしまうと言うのは、ウルトラの歴史がひとつ終わってしまった様で、哀しく思いますね。
<< 改めて「タナカ」の件・1 師走 >>