プスン・・・
テレビが死にました・・・_| ̄|○

夕べ、ごく普通に主電源を切って就寝し、その時点ではなんの異常も不具合もありませんでした。
しかし、今朝起きて主電源を入れようとスイッチを押すと・・・

あり!?、電源が入らない!(?○?iI

勿論、コンセントも確かめたし停電もしてなかったし、ブレーカーも落ちてなかった。
繋いであるビデオやCSのチューナーも問題無し、テレビだけがどんだけスイッチ押してもコンセント差し直してもひっくり返しても叩いても(←叩くなよ(^^;)ウンともスンとも言わない・・・

正に、突然死・・・・(泣)

取り敢えず、メーカーに電話をかけてみたところ、販売店に相談してくれとの事でしたが、素晴らしい事にそのテレビ買ったダイエー内の電器屋は、本体ごと潰れてて綺麗さっぱり瓦礫と化しました(T▽T)
そうすると、商品を送っての修理でその送料やら技術料やら工費やら部品代やらで、修理費が幾らになるかは分らないなんて言いやがるorz

取り敢えずまた電話しますと言って、ネットで調べて「JBR」とか言う、修理の請負業者を見つけて、早速相談の電話。
するとなんと・・・
「そちらの地区は、現在修理のサービスは行っておりません、前はやってたんですけどねぇ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふざけんじゃねぇえ!!ヽ(`Д´ノ

まぁ、怒ってても仕方ないんで、代わりの物を見に行く事にしたのですが・・・



先ず、地デジのテレビはまだまだ高いので、今はまだアナログの安いヤツ繋ぎで使えればいいやと、近所のリサイクルショップに行ってみたら・・・

“9月21日”をもって閉店しました

2日前じゃねーかよ・・・

フ・・・フフ・・・・フフフ・・・・フフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフ(壊)

結局、近所のスーパーの家電売り場で、在庫処分で出していた外国製の地デジ対応テレビを3万8千円で購入、おかんの入院前の時期には結構な痛手でした(^^;

そこの店員さんの人とも話したのですが、最近のテレビや電化製品は大抵壊れる時は、文字通り突然死の如くイキナリ逝ってしまうそうで、昔の物のように何かの“予兆”みたいなものが無い事が多いらしいです。
また、現在はどこの店でも地デジ用の物しか置いておらず、私のように小さいサイズが欲しくても(今まで使ってたのは14インチ)一番小さいヤツで19インチ位になってしまうとの事でした。

で、家に帰って設定していよいよ地デジデビューかと思ったら・・・

信号レベルが低下しています

え、映んないよ、なんで!??(゜▽。)?(。▽゜)? 、アハ、アハ、アハハハハ(崩壊)

どうやら、ウチの地域は地デジの電波のレベルが低いか、私がビデオとかで分配してるのが原因かと思われます。

ブースター付けたら直るのかなぁ・・・?

ともあれ、当分はまだアナログで観てなきゃ仕方ない模様。

嗚呼、今日はマジで疲れた・・・・
[PR]
by yaskazu | 2008-09-24 00:37 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/9160051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 〜ふらふら〜 臭う話 >>