10月26日説
ただでさえ総裁選でグダグダになってるのに、それがしっかり片付いてない内に1ヶ月後には解散総選挙って・・・

もう本当に何がやりたいんだかサッパリ分りません(^^;

なんちゅうか、この場に及んでもあの人達は自分らが勝手に盛り上がってるだけで、国民は反比例するように盛り下がって行ってるっ・・・って言うより、もはや全く無関心だって事に本当に気づいてないんでしょうか?

国民が本当に関心があるのは政治そのものじゃなくて、今日のこの日や明日の自分達の生活や健康、我が家の将来に直結する問題なはず。
そういったものに関して“今現在”起きている深刻な問題の数々を、具体的にどう解決してくれるのかと言った様な事を置き去りにしたまま、額面通りの御題目並べただけの演説やられたって、こっちは脱力していくだけですからねぇ・・(^^;



国は国民が本当に望んでるものをサッパリ理解しないで、その場凌ぎとも責任逃れとも思えてしまえる様な対策しか打ち出さないで、却って問題をややこしくしちゃうってのは、先の事故米問題での先走った流通先の公開や、後期高齢者医療制度の節穴だらけの改正案とか、泥沼化の一方の年金問題とか・・・・

もう、どれをとっても真剣に考えてるとは到底思えませんorz

で、そんな国民の感情や山積みの諸問題とは“別の所”で勝手に総裁選進めておいて、イキナリ10月26日に総選挙って言われたって、なんやねんソレはとしか言い様がない( ̄▽ ̄iI

ふざけんじゃないよ・・・
[PR]
by yaskazu | 2008-09-18 23:35 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/9110239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アブナイ煙草の業者さん ちょっとグロッキー >>