言っても仕方ないかも知れないけれど・・・
今朝の新聞の“広告欄”に「後期高齢者医療制度」の、保険料徴収のシステムが一部変更になった事が載っていました。
“記事”ではなく、“広告”って辺りに中々厚労省の思惑が見え隠れしてる様で、なんとも言えない嫌なものが残ります(^^;

変更内容に関しては、一部の条件を満たした人は年金から天引きではなく銀行振込みも出来ますよという物ですが、まぁ散々批判されてる割には“申し訳程度”のものでしかないので、ここでは詳しく触れません。
実際御自身で今朝(7月23日)の朝刊か、他に詳しく解説されてるブログ等を参照していただければ幸いです。

あと、今日は大阪府の財政改革・・・いわゆる“橋下改革”の予算案が、ある程度の議会の意見を汲んで調整した部分はあったものの、概ね原案通りの内容で可決されたというニュースもあります。
大阪のローカル局の報道番組でも、賛否両論だったり反応も様々なれど、これからの大阪府の方向を決める重要な件ですから、それなりに大きな扱いにはなってました。

しかし・・・ですね。

どちらも一時は全国区のニュースや報道番組で、大きく騒がれた話題なのに、全国区のそのテの番組での扱いの薄さはちょっとなぁ・・・(^^;

言っても仕方ない事かも知れませんが、“旬”を過ぎてメシの種としてはおいしくなくなった話題に関してのマスコミの態度には、納得がいかないと言うか、ガッカリすると言うか・・・
特に、個人的に「後期高齢者医療制度」は自らが直面してるものだけに、最盛時の頃からの扱いの差には失望感すらあります(4月頃だったら、今回みたいな僅かな変更でも、大騒ぎで報道してたはず)

この件だけじゃありません。



あのくだらない“馴れ合い晩餐会”でしかなかった「洞爺湖サミット」の頃に、あやかるかの様にどのチャンネル回してもやってた“環境問題”やら“食糧問題”とかは、サミットが終わればまるで潮が退くかのようにに、本当に気味が悪いくらいに言わなくなってしまい、それじゃぁどこかの“年一回だけ募金しましょう”って24時間やってる夏のお祭り番組と変わらんじゃないかと・・・(^^;

そしてそれに変わるかの如く、今では連日のように“血なまぐさい嫌な事件”を、鳴物入りで報道している・・・
秋葉原の事件は確かに衝撃的だったけど、今の状況はまるであの事件に“あやかって”残酷な事件を先を争うかのように報道して、その事で自らの懐を潤おわしてるヤツらが確実にいる。

それだけならまだしも、某女性キャスターと野球選手の不倫疑惑なんかを、下世話なスポーツ誌や芸能情報番組ならまだしも、一般誌や報道番組でまで面白おかしく報道しちゃうのはどうなのか!?
しかもその報道の仕方と来たら、道徳感や倫理観を問うものならましも、まるで“国賊扱い”なのは、ちょっと違うだろうと・・・
更に、その報道に乗せられた一般人までもが、その真偽に何の疑問も持たずに“1人の人間を”よってたかって叩きまくるという状況は、そら恐ろしくすらあります。

「日本人は美しい花を作る手を持ちながら、一旦その手に刃を持つと、どれだけ残虐窮まりない行為をする事か・・・」
と言うのは、某特撮ヒーロー番組内での某隊長が語る、有名なセリフ。
この女性にキャスターに限らず、某ボクサー一家や某女性歌手等に対して、報道や一般人がした行為は正にこれを地で行っているようなもの(あのクライマックスシーンが頭を過る・・・(^^;)
しかも、最近の日本人は“美しい花を作る手”すらも失ってるように思います。

なんかもう・・・暑さとかも重なって、なんと言うか・・・

気持悪いですorz
[PR]
by yaskazu | 2008-07-23 23:44 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/8688943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tannan at 2008-07-28 08:29 x
はじめまして。いつも拝見しています。
(最近は特撮ネタが減ってきて、少し残念です)

さて最近の報道なのですが、「日本人」というくくりではなく、送り手である
マスコミと私たちの乖離が大きくなってきたのではないかと思っています。
マスコミがプッシュして私たちの話題を決め、私たちも疑いなくそれに乗る…私は某特撮のイ○ド(メロン・パンのあれですw)を思い浮かべました。

そして、何を報道しないかもマスコミが決めます。おっしゃるように知りたいことの続報が出ないのも…。
「毎日新聞 英 サイト」で検索いただければ、マスコミの様子のいい例がご覧いただけるかもしれません。
Commented by yaskazu at 2008-07-28 23:13
>Tannan様
初めましてです。
最近特撮ネタが減ってきてるのは・・・まぁ、管理人の一身上の都合と言う事で勘弁して下さい(^^;

>>マスコミと私たちの乖離
それはあるかも知れませんね。
とは言え、元々私なんかは小学生の頃から既にマスコミに不信を抱いてた様な捻くれ者なんで(理由はありますが)今更乖離もクソも無いと思ってるんですがね(苦笑)
マスコミが何を言おうが知ったこっちゃないし、ハナから信じちゃいません。
むしろ、報道の中の何が真実で何が嘘か、なんでもっと“大切な事”を伝えようとしないんだって事を、受け手側が考えない方が恐いですよ。

そういう意味で、某特撮のアレを例えられるとは、中々マニアックですな(笑)
私なんかはどちらかと言うと“大天使”の名を掲げた白いヤツに「お前が正義なら俺は悪」と言い放った、某有名悪役キャラが主役の映画を連想しましたけどね(笑)
<< 本当に無関係なのか? (本当に)帰ってきたウルトラマン >>