イカしたレディ
昨日の病院で見た事を、もうひとネタ。
いや、昨日の親子連れは見ていてあまり気分はよくありませんでしたが、今日は院内で見かけたイカしたレディの話。

ああいう人の多く集まる場所と言うのは、ある意味“人間ウォッチング”をするには中々楽しい場所です(楽しいって言い方はちょっと失礼かも知れませんが(^^;)
特に、病院の待合室ってのは老若男女問わず、本当に“色んな人達”に遭遇します(^^)

待合室で検査の順番を待っているソファーの、おかんと背中合わせに座っていた人のファッションが中々個性的。
ふくらはぎまでの丈で裾に白いフリフリの着いたブルージーンズを履き、白地にグレーの柄(デザインまではちょと失念)が入った薄いカーディガンを羽織り、ピンク地に紫の花柄の刺繍のしてあるスカーフを首に巻き、頭に被った白いカリフラワーみたいに膨らんだ帽子には、薔薇のコサージュが配ってある。

個人的に最も目を引いたのは、背中に背負った黒いリュックの肩のベルトに着けられていた「マイメロ」の“クロミちゃん”のがま口ポーチ。
厚みは無かった様だから、多分中に小銭が入ってる訳ではなく、あくまでワンポイントとして飾ってあるのでしょう。

この、70年代テイストなんだかコミケ会場やアキバ(日本橋?)テイストなんだか、よく分らないイカれた・・・・じゃなくてイカしたファッションに身を包んでいたのは・・・



どう見ても60は優に越えてる婆ちゃん!!!(^^;

いや、やはり大阪のおばちゃんは最強だと思いました(^▽^;
[PR]
by yaskazu | 2008-07-15 23:52 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/8630980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 梅雨明け バイオレンス・ママ >>