折れてんがな
おかん、今度は肋骨を骨折・・・orz

いや、先日ちょっと具合が悪いなんて書きましたが、実は先週末位に風呂に入ってて、湯舟の中で足滑らせて脇腹を浴槽の縁でしこたま打ったらしいです(^^;

私は次の日にでも掛かり付けの整形の先生に診てもらうように奨めたのですが、その時はさほど痛まなかったらしく、2〜3日大人しくして様子を見ると言ってたんですよ。
まぁ、もしかしたら“例の件”もあり、なるべく医者代を控えたかったのかも知れませんが、特に救急車呼んだり首に縄付けてでも行かなきゃならないほどの様子でもなかったので、なら大人しく寝てるようにと言いつつ、私も炒飯作り損ねたり猪首になってたりしてたのがこの何日か(苦笑)

ところが、滑った時に捻った腰の方は段々痛みが引いていったのに、打った所は日に日に痛みが増していくらしく、今日は週1度の診察日で(整形の)医者に行くから、レントゲン撮ってもらってちゃんと診てもらうって事に。
本人はもしかしたらアバラにヒビでも入ってるかも知れんと言っていたのですが、先生は・・・

「折れてんがな(^^;」

どうやら、左の8番目かなんかの肋骨が折れちゃってたそうです。

はて、なんかデジャヴ。
確か去年の夏頃にも似た事を経験した気が・・・( ̄▽ ̄iI



まぁ、今回の場合は去年の膝の時とは違って“入院騒ぎ”にまではならなかった事と、取り敢えずコルセット嵌めて2〜3週間で治るらしいと言うのが大きな違い。
やはりこの違いは本人にとっても、私にとっても精神的に大分違いますよ(^^)

しかし、それでもまた数週間は大人しくしてないとイカンと言う事で、本人は多少なりともゲンナリしています・・・(^^;

でもね、ちょっと考えてしまったのは、おかんが風呂場で滑った時、結構大きな音がしたらしいのですが、私実はブログの原稿書いてて気づかなかったんですよ。
「後期高齢者医療制度」の事を中心に、エラソーに社会派気どった事書いてるヤツが、それじゃぁ正しく本末転倒、なにやってるんだって事になっちゃいます。

自分のここ最近のブログの方向性を、軌道修正しようとしていたのはそれよりも少し前でしたが、それと重なるようにこういう事があり、更に見つめ直す機会にはなりました。
20日付けのエントリーの内容が、後半からちょっと別の方向に行ってしまったり、ここ数日の内容が敢えて無関係なものにしていたのは、その辺りの私自信の“迷い”からなのかも知れません。

難しいものです、“伝える”って事は(^^;
[PR]
by yaskazu | 2008-04-22 23:14 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/7903479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomoko at 2008-04-23 13:23 x
 肋骨って、折れたりひびが入ったりしても最初のうちはなんとなく我慢できてしまうので医者に行くのが遅くなることが多いです。高齢者の骨折は心配ですよね。安心して医者にかかることもできなくなりそうな世の中なんて、やはりおかしいですよね。お大事になさってください。
Commented by yaskazu at 2008-04-23 21:55
>tomoko様
お気遣い、感謝です。
歳とってからの骨折は、折れ易いけど治り難いって辺りが厄介です。
しかし、それ以上に(特にウチのおかんなんかは)気持“だけ”はまだ30〜40代の若い頃のままのつもりだから、それに身体の動きがついていかないで、よくコケたりしてケガに繋がるんですよね。
だから、周りが気をつけていないといけないんですが、かと言って四六時中着いて回る訳にもいかず、困ったもんです(^^;

あの制度が始まってから、実際にお年寄りの医者控えとか、既に生活に影響出てる人とか、出てきてる様です。
また近い内に新しい話題で、ちょっと書いてみたいと思ってます。
<< 死罰=贖罪・・・なのか? ギャオスは首が回らない >>