昼飯時の惨劇
おかんがまたちょっと調子悪く、昼飯はいらないなんて言い出すんで、ともかく御飯はあるから冷蔵庫の中の作り置きの惣菜とかで一口でも食べさせておき、自分は何を食おうかと、水屋周辺を色々弄って“チャーハンの素”を見つける。
よし、これならわしでも作れるなと思い、作業開始。

先ずレンジで御飯を温めて、溶き卵を作ってからボールで混ぜ合わせる。
以前TVでやってたんですが、最初に御飯と卵を混ぜておけば、料理の苦手な人でもパラパラの仕上がりに出来るという事で、自分で炒飯作る時は実践してる作業なんです。

そしてその卵と混ぜ合わせた御飯入りのボールを、なにげに流しの角に置いて、フライパンに油を引こうとした時・・・

・・・・ドシャ(なんだ、この鈍い音は?)

嫌な予感とともに、音のした方向を見てみると・・・



ハイ、ボールが流しの下に落下して、足元の絨緞には卵と混ざった御飯が“年末の駅前の電柱の下のアレ”みたいな状態に散乱しとりました・・・_| ̄|○

炒飯1回分の卵と御飯を無駄にしてしまった事もショックだったけど、落ちた所がよりによって繊維の絨緞の上という事で、後始末に泣きそうになりましたよ(T△T)

まぁどうにか掃除は終えたけど、このままでは昼飯にありつけないので、仕方なく前のコンビニで弁当でも買ってくる事に。
ひとつ目をつけたヤツがあって、それに手を伸ばそうとした時に、イキナリ横から出てきた“どっかのじいちゃん”が1個しか残ってなかったその弁当を持っていってしまった!(正にトンビに油揚状態)
てか、どこから出てきたんだあの“じいちゃん”は!、忍者かアンタは!(^^;

それで仕方なく別の弁当と、スープ代わりのミニのシーフードヌードルを買って帰る。
シーフードヌードル用にお湯を沸かそうとしたのですが、いつもなら電器ポットを使うんだけど、ミニのカップ1個分だから小さい手鍋でいいやと思って、ガスの元栓を捻ろうと手を伸ばした時、何やら手に鈍痛が・・・

どうやらガス台に着けてある油はね除けのアルミの板に引っ掛けた様で、これが結構鋭く切れてて、見る見る流血・・・・

わし、なんか悪い事したかしらん?(T▽T)

PS
後で見たら、使おうとしてた“チャーハンの素”、賞味期限かなり過ぎてました。
ど、どっちに転んでも・・・・・(なんだ、この計算したみたいなオチ(^▽^;)
[PR]
by yaskazu | 2008-04-20 23:38 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/7888617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ギャオスは首が回らない 取り敢えずゴミくらい拾おうや >>