アンタが言うな(^^;
先日の福田さんと小沢さんの党首討論、凄ぇ面白かったと言ったら怒られちゃいそうですが、実際下手なドラマやバラエティ観てるよりもよほど“楽しめました”よ(コラコラ(^^;)

まぁ、与党と野党のああいう“意固地”の張り合いが、物事を余計にややこしくしちゃってるのは事実だし、あの党首討論にしたって、狐と狸ならぬ“大狸同士”のバカし合いみたいなもんで、決して誉められたもんではないですが、なんと言っても“あの”福田さんが珍しく逆ギレしたかの様に、感情むき出しで捲し立てる姿なんて、ネッシーやツチノコ並にめったに見れない物を見れた様で、ちょっと得した気分ですよ(笑)

と、確かにそういう意味では楽しめたんですが、でもね・・・



小沢さんに色々文句や苦言を言う事はまぁいいとしましょう(笑えるし(^^;)

けど、言うに事欠いて
「決定が遅い」
「みんな可哀想なくらい苦労してるんだ」

て、この言葉は国民の方がそっくりそのまま熨斗つけて返してやりたいです!

てか、アンタが言うな!(^^;

政治がみんな後手後手に回って決定が遅いから国民はみんな翻弄されてる訳だし、そのお陰で本当にみんな可哀想なくらい苦労を強いられてるんじゃないんですか!?

ちょっと話題が変わっちゃいますが、また例の「後期高齢者医療制度」の話。
開始前に危惧していた通り、準備不足と周知不足は全国で色々な問題を発生させている様です。
保険証がまだ届いていない所もあるなんてのも言語道断だけど、あろう事か“既に他界してる人”の年金からも保険金天引きの手続きをしちゃったって、呆れるを通り越して腰が砕けそうなミスを起こした自治体もあるそうです・・・orz

と、そんなアホな手違いを起こして、ただでさえ問題だらけのこの制度を余計混乱の元にしちゃってるのだって、結局は政府や厚労省の仕事が“いい加減”なのが原因な訳ですよ。
実際、各自治体や医療機関に正式に具体的な内容が知らされたのは(4月開始にも拘わらず)3月の終わりになってからって話ですから、それじゃぁ現場の担当者が混乱するのは当然でしょ(それでも、上の人達はそれを現場のせいにしちゃってるしさ!)

なんかね、福田さんにしても小沢さんにしても、政治そのものが結局“自分の身に降り掛かる事”として行われていないんですよね。
だから、幾ら“悲劇のヒロイン”みたいなセリフを吐こうとも、決して国民には届かないし、誰も同情なんてしませんし、出来ません。

だから・・・

アンタが言うな!
[PR]
by yaskazu | 2008-04-10 23:31 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/7827015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 後手、後手・・・ 日記を・・・ >>