TVタックル
朝刊のテレビ欄見て、取り急ぎ携帯からお知らせした「TVタックル」
当ブログの関連記事でも、執拗なまでに書いてきた「後期高齢者医療制度」の“本当の問題”でにまで言及されてなかったのは少し残念でしたが、たけしが話の流れで口にした“まるで姥捨て山だな”ってのは、正しくこの制度の本質な訳で、シナリオがあったかどうかは別にして、それを“ビートたけし”が言ってのけたって事は評価して良いかなと思いました。

また、私もまだ不勉強で知らなかった事として、家族と同居する方が年金は変わらないのに払う(年金から天引きされる?)保険料が高くなるって例があるってのには改めて驚きました。

つまり、独居老人の孤独死が社会問題になってる中で“独り暮らし”した方が得だよってお年寄りに奨めてるって事ですか!?

・・・・・・・・・・・・・・

プシュ〜〜〜〜〜


いや、また先日みたいに無闇に爆発しそうになったんで、鎮めてました(^^;


ともあれ、この番組を観られた方で、少しでも問題意識なり、関心なりを持っていただけたなら幸いです。




あと、もうひとつ大きく取り上げられていた「メタボ診断」

わし、モロにドンピシャで当て嵌まっちゃうよ、多分・・・・○| ̄|_

いや、確かにそりゃ不摂生で自堕落をした結果がそうなっちゃたんだから、責任は全て私にありますが、だからと言ってそれを“国が咎める”なんてのはやっぱり黙ってられませんよ!

大竹まこと氏の言う通りです。

ほっといてくれ!!(^^;
[PR]
by yaskazu | 2008-03-18 00:30 | 社会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/7681200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2008-03-18 09:35 x
私の通うジム(メンバーの多くがお年寄り)のロッカールームでも話題になっていました。どうやらお役所から通知が来たようで、「子供の私達が面倒見るって言ってるのにどうしてお婆ちゃんだけ外すのよ!」(恐らく扶養家族で保険料徴収の対象外だった方のケースと思われます)と憤ってました。この辺りのお年寄りは皆さん余裕がおありなので笑いながらの世間話でしたが、年金でぎりぎりの生活をされている方には死活問題ですよね。この念の入ったお年寄り切り離し作戦。まさに姥捨て山と呼ぶにふさわしいと思います。
Commented by tomoko at 2008-03-18 15:49 x
 あの、同世帯家族の所得まで絡んでしまうところも障害者自立支援法そのままです。親が子の為に積み立てた預金がアダになる、というやりきれない制度です。弱いものは勝手に死んでくれ、ということでしょうか。まさに姥捨て山ですよね。
Commented by yaskazu at 2008-03-18 22:08
>つ様
仰る通りで、ある程度の余裕がある世帯や、いわゆる“富裕層”なら、多少の増額があっても保険料も払えるでしょうが、僅かな年金だけが頼りで、なおかつ生活保護にもかかれないと言った様な層には逃げ道もなく直撃しちゃうんですよね。

医療保険を維持していくにはお金が足りない・・・と、その理屈は私らシロウトにも分りますよ。
けど、その鉾先を最も力の弱い所に向けていってしまう無慈悲さがなんとも許せなくてね(^^;
Commented by yaskazu at 2008-03-18 22:24
>tomoko様
あぁ、「障害者自立支援法」でも同じ様な事やってるんですか・・・
発想が貧困と言うか、完全に国民をバカにしてますなお上は(苦笑)

障害者にしても、高齢者にしても、人それぞれによって状態や症状も違う訳だし、各家庭の諸々の事情によって同居や別居は“必然として”変わってくるものでしょう。
それを国が(文字通り机上の計算で)勝手に区分けしちゃう様なやりかたってのは、やはりどうにも納得できませんよね。

寝たきりとか、重度の要介護なお年寄りは家族と同居にならざるを得ないって事も多いだろうけど、そうすると保険料が上がってしまうって事ですか?
なら・・・と言う訳ではないけれど、家での介護が難しい家庭は病院へって事になってしまうのは仕方ないだろうけど、この制度は終末医療に入った患者は自宅での介護へシフトする仕組みも組み込まれてたりして・・・

ホント、矛盾だらけ。

正に“姥捨て山”制度です(怒)
<< タイムリー? お知らせ >>