意見書
暫くこの話題から離れていましたが、忘れてる訳ではありませんよ(^^;

後期高齢者医療制度:自民クが反対意見書、大垣市議会に提出へ /岐阜

後期高齢者医療制度:大垣市議会、廃止求める意見書可決 /岐阜

実施まで後20日を切ってしまった訳ですが、未だにメディアでも大きく取り上げられる事もなく、世間一般での認知度は相変らずと言ったところですが、水面下では色々と動きはあるようです。
因みに今回紹介した岐阜の反対意見書では、反対していたのは公明党だけだったそうです。

言い替えれば、この制度を強行採決した自民党すらも幾らか態度を軟化したって事になるのか・・・?、とも思ったんですが、そんなに甘い話じゃないんだろうなぁ・・・(^^;



仮にこの時点で自民が態度を軟化する姿勢を見せたとしても、それが直接この制度の中止や撤廃に結び付くとは思えないけれど、政治家さんの中でも多くの人がこの制度に疑問や反対意見を持ってるって事が、少しは垣間見えただけでも、まぁ良しとするってところかな?

ま、そこは与野党共に“次の政権”とか“次の選挙”とかを見越した“思惑”なんかは、勿論あるんでしょうけどね(^^;

あと、今夜テレビでやっていた“小倉智昭”さん司会の、自民と民主の政治家さん達が議論(てか、口論だけどな!(苦笑))する番組。
ガソリンの暫定税率とか年金問題、医療崩壊の事とか、色々な問題を取り上げていましたが、その中で最後の方に少しだけこの“後期高齢者医療制度”の事が話題に上がりました。

小倉さんの“なんだかよく分らない”と言う疑問に対し、自民側の“もっともらしい”簡単な説明が一言あった程度で終わっちゃったのは残念でしたが、漸くメディアで取り上げただけでも進歩と、前向きに受け取っておきましょう。

次は是非この問題について、徹底口論・・・じゃなく、議論してほしいもんです!
[PR]
by yaskazu | 2008-03-12 00:23 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/7644128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< モモタロスたちはノリノリなんだ... 機種変更 >>