提出
野党4党が共同で廃止法案を提出したそうです。

野党4党、廃止法案を共同提出 後期高齢者医療制度

野党4党共同っていうのは、総選挙に向けての政治的思惑も絡んでいるとは思いますが、そもそもまだ始まってもいない制度に廃止法案が提出されるって事自体、如何にこの制度が多くの問題を孕んでいるかという、証ともとれます。

こちらは民主党のニュース

こっちは共産党のニュース

しかしこのニュース、少なくとも私の知る限りではTV等での報道は無かったみたいだし、今朝(29日)のウチでとってる朝日新聞の朝刊では、政治のページの隅っこに小さく載っていただけでした。
4月からの施行が予定されてるのに、世間一般ではまだこの制度の事自体を知らない人がかなり居る・・・と、言うよりは多分そういう人が大多数だと思われますから、まだまだ“世論”にまでは繋がらないかも知れませんね。

と、言うか・・・



肝心の医療現場ですら未だにこういう現状のようです・・・
何の音沙汰もない後期高齢者医療制度
そんなんで本気で始めるつもりなんだろうか、与党と厚生労働省は・・・(^^;

ともあれ、野党がこうやって廃止法案を出した事自体は“動きがあった”と捉えていいでしょう。
まぁ、与党が予算案やらガソリン税やらイージス艦の事故やらの諸々の議論で有耶無耶にして議会にかけなけりゃ結局“提出しただけ”に終わっちゃうでしょうし、多分与党側はそれ狙ってるだろうしね(^^;

この廃止法案提出がどう転がっていくかは、まだまだこれからって事でしょうから、今は静かに見守るのが妥当ではないかと・・・
[PR]
by yaskazu | 2008-02-29 22:29 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/7573693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ハニー、ゴーオン、キバ、墓鬼、... 希望の星を目指して〜♪ >>