仕方がない側の人間だから・・・
またまた社会派ネタと言う事で、クソ面白くもなく誰も興味を持てないだろう様な話が続いてますが、もう少しだけ私の戯言におつきあい下されば幸いです。
そして、もしなにかしらの興味を持っていただけたなのなら、御自分なりに(政治や諸問題に対し)アプローチしてみてほしいと、切に願います。

最初にちょっと先日のエントリーで紹介した、この4月から始まる「後期高齢者医療制度」おさらいと補足。
前よりは分かり易く纏めたつもりなので、御確認願えればと・・・

「後期高齢者医療制度」とは
※75歳以上のお年寄りはこれまでの保険からは強制的に脱退させられ、新たな専用の保険にこれまた強制的に加入させられる。

※保険料は“年金から天引き”というカタチで、全ての75歳以上のお年寄りから徴収する。
その際、支給されている年金が少なくて生活が苦しい、身寄りのない独居老人といった個人の事情は考慮されず、例外は殆ど無い。

※保険適応医療費に上限を設定して、その範囲内のみの治療しか受けられない。
もし限度額を越える治療になる場合(寝たきりや臨床医療も含まれます)は、原則実費を全額支払うか、治療そのものの打ち切り。
その結果、完治しないまま医者や病院を追い出されたり、亡くなってしまう事態も起こり得るため、患者側だけでなく医療機関側に対しても損失を招く例も発生する。


更にそこから派生する問題として
※少ない年金から天引きされて、生活そのものが成り立たない事例が出てきても、それに対するフォローは無い。

※もし保険料の滞納や未払いがあった場合は、保険証そのものを取り上げられ、支払うまでは医療費は全額実費で払わなければならず、事実上医者にかかれなくなる。
その結果、病状が悪化したり亡くなってしまったとしても、それは保険料を払わなかった方が悪いのだから、国は一切責任は持ちませんよと・・・


えー・・・と、イマドキ悪徳金融でもやらないような悪どい内容な気が・・・(^^;

名目上は医療保険“改正”を掲げつつも、実態はとんでもない“改悪”制度なんですが、何よりも国民の大多数がこんな酷い内容だって事を知らないまま、この4月から実施される事が既に“決定”してるって事、これ許せます?
そして、国のアナウンスが殆ど無い事やメディアが大きく取り上げない事も相俟って、国民の関心度が極めて低い事は、それ以上に問題なんじゃないかと・・・これが先日の記事の概要。

私が少し執っこい程この件にこだわるのは、ウチのおかんがこの制度の直撃対象になるからと言うだけでなく、幾ら国のアナウンスやメディアの報道が薄いからとは言え、あまりにも一般の関心度が低過ぎるからなんですよ。
国はこういった、本来なら国民の同意を得てから進めるべき話に限って、勝手にコッソリ話を進め、勝手にコッソリ施行してしまい、国民は実態を知ってから大騒ぎ・・・なんてのを何度経験しても、何故か双方共に懲りてない。
メディアは目に見えた実害が出る(例えば、この制度のせいでお年寄りが何人も死んだとか)等でニュース性が発生し、自分達の“飯の種”になるものになってからでないと動きませんし、もしかしたらこのテの話はどこかから大きな圧力がかかってる可能性だって、無い話じゃない。

だから、例え今は関心はなくとも、いつかは自分の身に降り掛かる事、自分の両親や祖父母に直接関わってくる重大問題だって認識持ってほしいんですよ。
暫くぶりに会いに行ったら、お爺ちゃんやお婆ちゃんが医者にもかかれないでミイラになってたなんて事が“起きてから”じゃ遅いですから。

と、これからがやっと本題(えー(^^;)
以降は私がこの件に絡めて、今度の選挙や政治や世の中の事に対し、色々考えた事なんですが、完全なひとりごとなので、興味の無い方は読み飛ばして下さっても結構です(長いし(^^;)
ただ、本当にこのバカげた制度については、皆さんに広く、大きく自分達の周りに伝え、知らせて頂きたいと、お願いいたします、ホントにマジで!
誰もかれも、自分の身に直接関係ない事には関心すら持とうとしない、自分さえよければいいって社会で、本当にいいのか!?



今度の大阪府知事選、一体誰に投票したらいいのか、本当にギリギリまで迷いました。
今の大阪の情勢を考えれば、どの候補に入れようと、いい方向に大きく転回するとは思えないし、如何にそれが困難で至難の技かは、シロウト目に見ても明らかでした。
だから、若さと勢いで乗り切る可能性のある橋下氏に入れるという選択肢は確かにあったし、私も最初は彼に入れる事も考えてました。
事実、多くの大阪の有権者もそう思ったからこそ、彼のあの圧勝に繋がったのでしょう。

ただ、私の中ではどうしても彼に投票したくない“引っ掛かり”があって、それを最後まで拭えなかったのですよ。
それはネット上でよく見かける様な、半ば感情的なアンチ的なものでは決してありません。
むしろ、あの挑戦的でケンカ腰な態度は、政治家としては必要な重要な資質だと思ってます。
その“引っ掛かり”に直接関係してくるのが、実は件の「後期高齢者医療制度」なんですよ。

橋下氏は選挙運動が始まる前に、自らのマニフェストである“子供が笑う街”を作るためには、他の行政サービスや福祉に“しわ寄せ”が行くのは仕方がないという向きの発言をして物議を呼んだ事があります。
橋下氏はこの発言をすぐに撤回しましたが、それだけなら元々ああいう“口が滑った”発言の多い人だから、今度もやっちゃったなぁで私も聞き流してたと思います。

しかし、彼が知事に立候補した時点では既にこの「後期高齢者医療制度」は決定事項で、当然知らなかったはずはない。
もし、その上でこの発言をしたのだとしたら、やはりどうしてもそこに“引っ掛かり”を感じずはいられません。
それに、この制度を国民に殆ど知られる事なく進め、決定してしまったのは実は自民党と公明党で、橋下氏を推薦し、バックについたのも自民党と公明党とくれば、(おかんが直撃対象者という)この制度の影響を直接受ける側で、この制度に反対の立場をとっている人間・・・言わば“仕方がない”の範囲に入れられたかも知れない側としては、例えどれだけ期待できる人材だったとしても、彼に入れる訳には行かなかったのですよ(彼の人格や才覚とは全く別の理由です)

じゃあ、誰に投票したらいいのか、と考えた時・・・

元々共産党は福祉関連や弱者救済に力を入れているし、この「後期高齢者医療制度」にも、立案当時から反対の姿勢を見せ、反対署名運動等も行っていました。
残念ながら力及ばずに4月から施行されてしまいますが、現在でも見直しや中止を強く訴え続けてる。

そこで、その共産党の推薦してる梅田さん。
梅田さんも福祉関連、弱者救済のマニフェストを多く打ち出していて、その中には「後期高齢者医療制度」に対する補助金や救済等の対策もちゃんと明記されていました。
ざっと見ただけですが、候補者の中でこの事に直接アプローチしていたのは梅田さん1人だけで、それが決め手になったのは事実ですが、かなり早い段階から予算抽出や大阪の借金返済に関する“見積もり”や展望を具体的に示していたのもこの人だし、それらを総合的に考え抜いた上で、梅田さんに投票した次第。

ただ、仮に梅田さんが当選していたとしても、マニフェスト通りの政策が貫けたとは、実は私は思っていません。
正直な話、共産党は力を持っていないし、共産主義はあまり良い印象では捉えられていません(冷戦時代のアメリカ映画の影響は強いかも(笑))から、色々な方面の圧力も考えれば、結局件の制度が強行されたみたいに、思惑通りの政治が行える可能性は低かったと思われます
それでも私は、梅田さんの打ち出した「後期高齢者医療制度」の対策を含む、弱者救済や労働者の支援と言った政策のビジョンに共感し、投票したのだから、なにも後悔はしてません。

これだけ自民だ共産だと書いておきながら、今更書いても信じてもらえないかも知れませんが、私自身は政治的な思想なんかは何も持っていないし、特にどの党を応援してるとか、支持してるって事も全く無かったりします(^^;
どんな正統の考え方も皆一長一短な訳で、民主主義は実力や才能のある人はどんどん前へ出ていける反面、それが嵩じれば今の日本のように格差社会が広がってしまう。
共産主義は虐げられてる層には有利かも知れない反面、頑張ってる人がそれに見合った報酬が得られないばかりか、下手をすれば民主主義以上に格差が広がってしまう。

で、今の日本を見てみれば、なんだか双方の悪いところばかりで出来上がってる様な気が・・・(^^;

“自由競争の社会で格差が出るのは仕方がない”と言うのは、私もその通りだと思います。
勝ち組負け組と言うのは私も大嫌いな言葉ですが、これは今に限らずともいつの時代にもあった事です。
ただ、今の日本は“勝ち組が負け組を泥足で踏み付けている事で成り立ってる社会”な事、そして“踏み付けてる側は踏まれてる側の痛みを感じていない、踏み付けてる自覚すらない社会”になってしまってるのが一番の問題なんじゃないでしょうか?
かつての日本は、格差があったとしても各々に“身の丈に合った幸せ”だけは最低でも存在した筈で、だからこそ世界一平和な国を実現できていたんだと思います。
けど、今はどれだけ頑張った人間でも、その“身の丈に合った幸せ”すら手に入れられない社会になってしまってます。

結局、どんな政党が政権をとって、どんな政策を行おうが、それが“民衆の方向”を向いていなければ目くそ鼻くそ、ドングリの背比べにしかなりません。
だから、政党がなんであろうが、候補者が誰であろうが、その時々で自分の考えに一番近いところを選んで投票すればいいと、私は思ってます。
そして、それこそが正に自分が“今の国や政治に対して俺はこう思ってる”って事の、一番簡単にできる自己主張だと思うから、やはり選挙には興味を持って投票には行くべきだと思うのですよ。

嗚呼、ほんの数年前までは選挙や投票なんてバカにしてた男が、変われば変わるものだと我ながら呆れる(笑)

そんな日本の中でも、大阪は特に景気や仕事や社会や人間、全てが窮めて“えらいこっちゃ”な状態になってます。
当選した以上、橋下新知事には是非頑張ってこの事態を改善してほしいと切に願います。
“子供が笑う街”は大いに結構ですが、笑ってる子供の足元でお年寄りや弱い立場の人間が泣いてる様な社会にだけは、絶対してもらっては困りますよ!
私に言わせれば“子供が笑えばみんなが笑う”は、幻想にしか思えませんから・・・
[PR]
by yaskazu | 2008-01-30 21:54 | 社会 | Trackback(5) | Comments(4)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/7375837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from どこへ行く、日本。(福田.. at 2008-02-05 20:46
タイトル : <本来責任を追及されるべきは国家と政府>医療崩壊に乗じて..
「阿修羅」という投稿掲示板に「医療崩壊」という投稿板がある。そこには[どっちだ]さんとか[茶々]さん(いずれもハンドル・ネイム)ほか何人かの常連投稿者がいて有意義な投稿を送ってくださっている。次に紹介するのは「医療崩壊に乗じて得するのは誰(西川クリニック)」... more
Tracked from 未来を信じ、未来に生きる。 at 2008-02-05 22:56
タイトル : 後期高齢者医療−4月実施の強行は許されない−
主張 後期高齢者医療 4月実施の強行は許されない --------------------------------------------------------------------------------  二〇〇八年度は、二十三万床の療養病床の削減、公立病院の統合・廃止・縮小など、自民党と公明党が「改革」の名で〇六年に強行した医療改悪が本格的に動きだします。  とりわけ、福田内閣が四月から実施しようとしている、七十五歳以上の高齢者を別枠の差別的な制度に追いやる後期高齢者医療制度には、全国...... more
Tracked from 未来を信じ、未来に生きる。 at 2008-02-05 22:57
タイトル : 勤務医は全国的に激務ー医師不足の原因は自民党の医学部定員..
お医者さんが減ってます。 ご存じのように産婦人科と小児科のお医者さんが減ってます・・ 心あるお医者さんは超過勤務を続け、交代要員のないままボロボロになるまで 働いてます・・ 経費削減、人員不足で外来閉鎖され、いきなりの緊急時(初診が急変だったときのこと)に 受け入れてもらえる「産科」「小児科」のある病院がドンドン減っている・・・ 「でも産科や小児科に行くとすごいたくさんの人が待っていて、、儲ってるンやなあ・・と思った」 残された場所に集中して患者さんが行くからそう見えるんですよね。 そ...... more
Tracked from 未来を信じ、未来に生きる。 at 2008-02-05 22:57
タイトル : 尊厳死についてーその2−
 尊厳死について、私の整理  春野ことりさん(医療界では医師はすべて「先生」と呼ばれることは承知していますが、ここでは「NHK方式」にさせて頂きます)から頂いたコメントとトラックバック記事も考え合わせて、自分としての「尊厳ある死に方」を整理してみたくなりました。最後の瞬間まで死ぬまいと戦いつづける人たちもいる、自覚的でなくても、本能的にそうする場合もあるということですから、他人のことは、ここでは考えないことにしましょう。    春野さんの著書「天国へのビザ」にもありましたが、私が考えるのは「死の受容...... more
Tracked from 未来を信じ、未来に生きる。 at 2008-02-05 22:58
タイトル : 尊厳死について。
 2007.9.25 23:38:42 東西南北 :    常日頃は、考えないことですが、死への恐怖を和らげる観点から自分の死というものを考えておかねばならないですね。  しかし、東西はお金や家族に時間と労力をかけないで医療や介護、ターミナルケアが社会化されていれば植物状態でも生きていたいというのが人間の生なのだと考えます。  人間の生を苦しめ、治療停止に追い込んでいるのは過重な本人と家族への医療費、経済負担、そして、家族への労力と時間の負担なのだと考えます。自公政権は高齢者医療費の自己負担を...... more
Commented by tomoko at 2008-01-31 13:14 x
 この制度については聞きかじっただけだったのですが、ひどいですね。「75歳になったら死んでね」ということですか。子供が増えないなら年寄りを早く減らして人口比率を整える、ということでしょうか。
 梅田氏に投票したいがやはり「共産党」という看板にひっかかりを感じる、という声はあったようですね。何をとり、何を捨てるか。投票という行為は考えるほどに難しい、と感じた選挙でした。
 誰も切り捨ててはならない、それが政治の第一の使命だと思います。
Commented by yaskazu at 2008-01-31 22:18
>tomoko様
解説には多少の意訳は入ってますが(え?(^^;)、75歳以上の高齢者の負担増と、死ねと言わんばかりの欠陥だらけの内容な事には変りありません。
国が人口調整のために高齢者を減らそうとしているなんて、昔のSFなんかによくあったネタですが、現実のものだとしたら本気で恐ろしいです。

私も投票には相当悩んだんですが、言い方は悪いけど消去法でいったら梅田さんしか残らなかったって面も正直あるんですよ。
熊谷さんは個人的には眼中に無かったし、選挙戦で橋下氏を罵倒する戦法に出た時点で完全に消えましたから・・・(^^;
共産党って名前に抵抗があるってのは分かりますが、今の日本をこんな風にしちゃったのは自民や公明って事考えれば、結局どこでも同じなんですよね。
だから、自分がその時点で良いと思ったところに入れればいいだけの話なんですが、結局政党にも“ブランドイメージ”みたいなのが左右するって事でしょう。

どこがどういう政治をするにしても、切り捨てられ、忘れられてる層が現実にある訳で、そこをどうするが一番の責務だと思うのですがねぇ・・・
Commented by れい at 2008-02-15 10:19 x
初めまして。遅くなりましたが、トラックバックありがとうございました。「後期高齢者医療制度」が立案された根本原因である医療制度費削減方針を政府が転換しない限り撤回、見直しは難しいのかも知れません。しかし、めげずに反対を言い続けることが大切です。マスコミがもっとこの制度の問題点を報道すべきなんだと思いますが、商業主義、視聴率優先主義の今のマスコミには期待しても無理なようです。
Commented by yaskazu at 2008-02-16 00:08
>れい様
初めまして、コメントありがとうございます。
「後期高齢者医療制度」は、ウチの母親がもろに直撃食らってしまう事もあり、国は何を考えてるのだと憤ったのですが、根本になるものはもっと根深い様ですね。

リハビリ医療の打ち切りや、障害者自立支援制度等も、数々の反対の声が上がりながらも実施され、現実に煽りを食って被害(と、敢えて言う)に遭ってる方が沢山居ます。
今の時点では多分中止や撤回は難しいとは私も思いますが、上記の者も含め、弱者いじめの制度の撤廃には、やはり声は上げて続けて行くしかないでしょうね。

マスコミは目の前のニュース性が高い、自分達の“飯の種”に直接繋がるものしか食い付きませんね。
薬害エイズやアスベスト問題の様に、深刻な実害が出て世論に繋がれば動く事もあるでしょうが、起きてからでは遅いんですよねぇ・・・

私も、非力ながらも折を見てこのブログ上で訴えて行こうと思ってます。
<< 難い話と柔い話 こんな制度が始まります >>