電王.最終話

仮面ライダー電王
最終話「クライマックスは続くよどこまでも」脚本:小林靖子 監督:長石多可男

とうとう終わってしまいました「仮面ライダー電王」
一言でいえば、とても爽やかで良い最終回だったと思います(^^)

振り返ってみれば、これだけノリというか、番組のスタンスに殆どブレがなく走り切ったのは素晴らしいと思うし(正にモモの“ノリのいい方が勝ち”を地でいっていた(笑))なにより視聴者として1年間を通して、これだけ毎週楽しく観れたライダー作品は本当に久しぶりだった気がします。

そんな訳で、最終回のポイント!



※またあんなのをやるつもりか
どうやってもこの時間が自分達の未来に繋がらない事に、完全にブチ切れちゃったカイは、世界も時間も全て消滅させようと天を引き裂こうとして行く・・・

デスイマジンとの戦いで、変身が解けてしまった侑斗はそれでもカイを止めるべく赴こうとするのですが、前回デスイマジンは“今日がゼロノスの死ぬ日”なんて言ってた割にはトドメ刺さないのね(いや、刺しちゃったら終わっちゃうけど(^^;)

※この時間は絶対に消させない
そう誓って、モモと2人で並んで敵陣へと歩み出す良太郎、ここ絵面的にも凄くカッコ良くて、否応なく盛り上がります。
そしてそこに番組タイトルが被って、モモタロスのナレーション。
「仮面ライダー電王、最終回!!」

※提供バック
よく見るとここでかなり内容がネタバレしている(笑)

※俺とお前、2人だけなんだからよ
ここで“アレ、リュウタロスは?”って思った人も多かったはず。
実は、キンタとウラが降りた後でリュウタにも砂化現象が始まり、自分が消えてしまう事が恐くなったリュウタが戦えなくなる・・・ってシーンがあったそうなんですが、どうやら尺の関係で切られた様です(前回の予告にそれらしいカットがあります)
こういうの聞くと、せめてあともう1話位はほしかったかなとか思っちゃいますよねぇ(^^;

※モモタロス、望みを言うよ・・・
この期に及んで迷いが無いだろう事を、良太郎に念押しするモモタロス。
言ってる後から身体に砂化現象が起き、思わず舌打ちしちゃったりする訳ですが、モモタロスも本当は良太郎に迷いが無い訳がないことは分かってるんだろうけど、だからこそその迷いを断ち切る事が、自分達の絆を確認し合う事にも通じるんですね。

そして、良太郎もそれがちゃんと分かってるからこそ、モモに対して“望み”を言うんですな。
「僕と・・・最後まで戦ってくれる?」
「お前の望み・・・聞いたぜ」
もう、余計な解説とかは不要!、この2人のやりとりが“色々なもの”を総べて物語ってます!(^^)
良太郎と話しながら襲ってくるザコイマジンをビシビシ捌いちゃうモモさんカッコイイ!

ライナーフォームに変身した良太郎と、並んで敵陣へ突っ込んで行くモモタロス!
Aパート半ばで既にこれだけ盛り上げてどうする気だ!?(^^;

※大丈夫だ、全部やっつけた!
あれだけの数のイマジンの群れを1人で掃討するとは・・・デネブ、凄ぇ!(^^;

※やるしかないだろう!
カードを使いきり、もはやゼロノスに変身できなくなった侑斗は、それでも尚“生身で”イマジンの群れに挑んで行く。
時間を、未来を、そして愛理さんを守る為に・・・って、なんかこう書くと完全にこの番組の主人公というか、ヒーローは侑斗の方だよな、やっぱ(^^;
確かに、物語の構造上や立ち位置的には侑斗の方が主役っぽいんですが、それは“平成仮面ライダー”通しての特長みたいなもんですけどね(涼とか、蓮とか、加賀美君とか、諸々・・・)

そんな侑斗の姿に、自らの身体にも砂化現象が表れているにも拘わらず、果敢に侑斗と共に挑んで行くデネブの姿が・・・泣けるでぇ!

※大混戦
良太郎をカイの元に行かせるため、ひとり奮戦するモモタロス。
生身なのに、予想外の強さでイマジン達と戦う侑斗、そしてデネブ。
そして、カイを止めるために突き進んで行くライナー電王=良太郎・・・と、この辺りはバトルに次ぐバトルと言った感じで、アクションの連続です。

そんな中に入る、病室で眠ってる愛理さんを静かに見つめているコハナちゃんのシーン。
そうか、最後の砦はコハナパンチ&コハナキックで守るんだな・・・と、一本気で瞬思ったんですが(・・・(^^;)、どうやらこれは“最後の秘密”のためのネタ振りだったんでしょうね。
これを良太郎やハナがどこで知ったか、気づいたかってのはちょっと描いておいてほしかった気はしますが、それも尺的で切られたのかな?
コハナちゃんが愛理さんをじっと見つめていたのは、愛理さんが実は自分の・・・って知ったからなんですね。

あとここで印象的なのは、デスイマジンに追い詰められる良太郎のピンチを感じたリュウタロスが、思わずデンライナーを飛び出て行くシーン。
リュウタの手が砂化現象を起こしているところから、ここに繋がるものとして前記したリュウタが動けなくシーンがあったと思われます。
自分の事よりも良太郎や世界の事が優先した・・・って事で、リュウタの成長を描くものとしては重要な意味を持ってるだけに、端折った印象があるのは残念なんですが、ここと後のシーンの良太郎との会話と合わせれば、概ね意味は通じるので良しとしましょうか(切られるシーンとかカットは、概ねそういうものですしね)

※決死のダイブ
時間の破壊を止めるために、カイに飛びついてそのままビルの屋上から落っこちてゆく良太郎(飯綱落としでもかける気だったか?)
また随分と無茶な事をするもんですが、自分はライナー電王に変身してるからまだ勝算はあるだろうけど、カイは一応生身だって事を考えれば・・・・うわ、良太郎ってば案外非道ぇ(^^;

とは言え、カイもあの状況で無傷なんだから相当なもんだ(^▽^;

※恐いのに、ありがとうね
落下してくる良太郎を受け止め、助けたのはリュウタロス。
ここでの良太郎の言葉から、リュウタロスが恐怖感から戦えなくなっていた事が伺えますが、思い返せばキンタロスが過去に残った辺りからそれを匂わす様な描写は確かにありましたね。
それらを振り切って良太郎を助けにきたものの、結局カイの破壊までは防ぎ切れなかった事に対する“何も出来なかった”というリュウタの後悔と、それを踏まえた上での良太郎の思いやりの言葉で、リュウタの物語はある意味完結する。
ウ〜ム、やっぱここはキンタやウラ同様にリュウタで1話欲しかったかな?(^^;

※いつも目の前にいた・・・
カイの起こした大破壊・・・の、筈だったのに、壊されたのは直撃を受けた一帯だけで、拡がっていった破壊の波に飲み込まれた筈のビルは無傷のまま残っている。
カイでなくとも、特異点としての良太郎の記憶が修復したのか・・・と思うところですが、その再生を起こしていたのは、良太郎の居る時間の更に先の時間に居た未来の特異点、それこそが“ハナさん”で、そしてそのハナさんこそ、桜井さんと愛理さんが“忘れる事”で存在を隠した自分達の子供だった・・・

例え自分の居た世界が消えても、特異点であるハナさん自身は消滅を免れた。
しかし、過去の時間で両親になるべき人間や叔父になるはずの人間(つまり、良太郎ね)の記憶から存在が消えてしまったため、ひとり時間の中に取り残される“彷徨い人”になってしまった(そこをデンライナーに拾われたってとこかな?)
ハナさんが自分の両親の事を知らなかったのは、過去の世界で皆の記憶から自分が消えてしまった事が逆作用したのかな?
そして特異点であるハナさんの記憶が、消えたはずの“ハナさんの居た未来”をいつの間にか復元し、それが良太郎達の時間と繋がり、結果カイの未来(イマジンの未来)は“この時間”とは繋がらなかったと。
消えたはずのゼロライナーの登場も、この辺りが多分関係してるんでしょう。

ウ〜ンと、色々突っ込むところは多々あるんですが、まぁ「電王」だから“そういう事らしい”でいいんじゃないかと(えー
いや、去年までだったら多分暴れてたと思うんですが(苦笑)、「電王」は不思議とそれでいいやって思えちゃうんですよね。
実際、なんだかんだ言っても振ったネタや伏線の回収率はかなり高いし、拡げた風呂敷が(多少強引とは言え)なんとか畳めたってのは“平成ライダー”としてはむしろ奇跡なんじゃないかと(笑)

※最後のカード
桜井さんがデネブに託していた、最後のゼロノスカード。
どうやら桜井さんの存在そのものを繋ぎ止めていたカードだった様で、使用前から既に消滅しかけていたのは、カードを使い切った事で桜井さんの事を憶えてる人間は、もはや侑斗達以外にはいなくなってしまったからなのでしょう。
これを消費する事で桜井さんの存在は全て消滅する代わりに、侑斗は桜井さんとは別の人生を歩いて行く事になる・・・

これもちょっとややこしいところですが、つまり桜井さんは自分の存在を消す事で“過去の自分”に、今とは違った人生、違った未来を託そうとしたんですね。
そしてそれは、辛い思いをさせた過去の自分や、愛理さんや良太郎、生まれてくる筈だった自分の子供に対する、最後の希望だったのかもしれません。
“過去が希望をくれる”というのは、違った時間を歩む事で新たな未来を築く、侑斗自身の事だったようです。

※帰還
コハナちゃんを守ろうと、群がるイマジンの群れに挑もうとする良太郎達の前に走り込んでくるデンライナー。
下りてきたのはモモタロスに・・・え?、キンタロスにウラタロス!?
どういう事だという問いに“ナオミが迎えに来てくれたんや”・・・って、それで済ますのか!?
チクショウ、前2回で俺が流した涙を返せぇ〜!・・・とか思いつつも、取り敢えず“無事な姿”を見れて安心したよ(^▽^)
ナオミちゃんも、オーナーが不在だからという理由で独断でやっちゃったらしいですが、なるほど確かにやる時はやる娘だな(単にデンライナー運転するのが楽しかっただけ、みたいな気もしなくはない(^^;)

※ラストバトル!
良太郎とモモ達4タロス、そして侑斗とデネブも揃ってのラストバトル!
代わる代わるに良太郎に憑く4タロス、各々の“決めゼリフ”で次々にフォームチェンジしながら戦いを展開して行く電王に、2人揃って“俺達はかーなーり強い”と絶妙のコンビネーションで押して行くゼロノスとデネブ。
もうね、みんなに“見せ場”があって、爽快感に溢れてて、ホントに“ヒーロー物としての正しい最終回”というか、文字通り“戦いはノリのいい方が勝つ!”なバトルシーンを展開してゆきます(^^)

そうそう、バトルの導入部が“リュウタ電王とゼロノス”ってのも、なにげにツボなところね♪

※満を持して・・・
そして、その盛り上がってる最中にオイシイところをかっさらうかの様に“王子”降臨!
出てきた理由が、ナオミちゃんが“たまたま居たから連れてきた”・・・って“たまたま”かい!(笑)

一番最後に“たまたま”出てきて“コハナを守る”という、実に王子の名の相応しい(笑)オイシイ役を買って出た上、相も変わらず“でかい態度”でモモたちを“家臣”扱いして命令口調。
いや、ジークが最終回に出るらしいという噂は聞いてましたが、例の一件で少しは謙虚になったかと思ってたら全然変わってないでやんの!(笑)

こうして見ると、ジークってやっぱゲストイマジンにしておくには勿体無いキャラだよなぁって思います。
確かに物語の中で動かすには扱いにくいキャラですが、もう少しモモ達との掛け合いを見てみたかったなぁとは思います。

※俺の必殺技、ファイナルバージョン!
そして“トリ”はやっぱり“モモ電王”!
「俺、参上!」
から、行くぜ行くぜとブンブン腕振り回して突っ込む“嬉しそう”な姿は正に水を得た魚で、モモ電王はこうでなくちゃ!

ゼロノスもデネブと合体して“ベガフォーム”に。
「最後に言っておく、侑斗をよろしく!」(「デネブ、バカ!」)
もう、最高!(^^)

そして、4タロス達&ジーク+ゼロノスの全ての力を合わせた最強必殺技
「俺の必殺技、ファイナルバージョン!!」
で、遂にデスイマジンを撃破!
イメージ的に“ゴレンジャーストーム”って意見が結構ありましたが、正にそういう感じ。
少し惜しいのは、デスイマジンがラスボスの割にはあまり強い印象がなかった事ですが、それこそ“ノリのいい方が勝つ”で押し切っちゃったって感じでいいんじゃないかな?

※消滅
デスイマジンの消滅と共に、全ての未来が決したらしく、敗北を悟って消滅していくカイと余多のイマジン達・・・
ここで何故(特異点であるはずの)カイまでもが消えてしまうのかは少し疑問が残るんですが、まぁ消えていただかないと話は終わりませんしね(^^;
ただ、カイが結局何者だったのかとかが判らず終いだったのは少々残念。
カイのキャラクターとしてのバックボーンが描かれてれば、もう少し物語に深みが出たのになぁとは思います。

そしてカイの言葉通り、他のイマジン達もろとも消えてしまったモモタロス達。
矢も盾もなくゼロライナーに戻る侑斗、ガックリと膝を着く良太郎・・・・

ゼロライナーに帰ってきた侑斗が見たのは、デネブが用意した椎茸御飯、添えられたカードには“椎茸ちゃんと食べてね”のメッセージが・・・感極まって泣き出す侑斗。

モモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス・・・
皆の名前を呼びながら、まだ話したい事があった事、ちゃんと別れを言えなかった事を悔やみながら泣く良太郎と、唇を噛み締めるコハナ・・・

切なくて、しんみりとした空気が漂う中・・・おや!?
なんだ、この見覚えのある後頭部は(^▽^;

※なにやってんの?
盛り上がってるところ、完全にチャンスを逃して出るに出られないモモタロス達、モモの手にした“俺!参上”のプラカードが、ヤツらがやろうとしていた事を物語っています(^^)
良かった、お前ら無事だったんだなぁ〜〜〜・.・つ▽ヽ)・.・
と、素直に喜びつつも前2回とさっきまでに流した俺の涙を返せコノヤロー(笑)

人の心配をよそに、いつもの調子の漫才始めるタロス衆+ジーク。
ジークの“何故私の名を呼ばぬ”に対するモモ達の“頭が高い”のくだりは何度見ても笑えます(((^▽^)))
そんな騒ぎに、いつの間にか気づいた良太郎が立っていて“なにやってんの?”
漂う気まずい空気が更なる笑いを誘います(www

※ただいまぁ〜!
泣きじゃくりながら椎茸御飯を掻き込む侑斗の姿を、そ〜っと覗き見てるデネブ(笑)
その姿に気づき、思わず“椎茸入れんなぁ〜!”と叫びながら飛びついていく侑斗・・・
互いに涙、涙で、しっかり抱き合う2人の姿に、思わず貰い泣きしちゃいました・.・つ▽ヽ)・.・
デネブの“よしよし”にはちょっと笑ったけど(^^)

そして、みんなの元に飛び込んでいく良太郎を受け止め、胴揚げするモモタロス達・・・
ホントにみんな無事良かった、生きてて良かった!!(^^)

※共に過ごした記憶と時間
そして遂に決着を見るチャーハン対決!・・・って、まだやってたのか!(^^;
しかし、倒れそうになった旗は斜めになったまま止まってしまう・・・

オーナーは言います。
もはや誰の記憶に依存する事もない、良太郎達が築き上げてきた時間と記憶が、彼らを存在させるのだと。
モモ達が生き残ったのは、カイの束縛や影響よりも、良太郎達と共に過ごした時間や記憶の積み重ねが勝ったからなのでしょう。
そして多分(キンタが言ったように)その事でモモ達自身の記憶や築いてきた時間も、自分とお互いを存在させてるんでしょう。
モモ達がいつの間にか実体化していたのは、他でもない自分の記憶が自分を存在させていたからで、あの砂化現象はその過程でそれがまだ定着しきってなかったからだと推測。

※いつか、きっと・・・
その存在が消えてしまう前に、愛理さんの元に現れた桜井さん。
この時の愛理さんは桜井さんの事も、未来が守られた事も認識していた様ですが、桜井さんの消滅と引き換えに記憶が戻ったのでしょうか(それが永続的なものか、一時のものかは分かりませんが)

漸く再会できた2人ですが、すぐに消えてしまった桜井さん。
けど、未来が守られたという事はいつかまた会える事も意味している、だから愛理さんは泣かないんですよね。
桜井さんとは別の時間を歩んだ侑斗が、近い内に桜井さんとなって現れるはず(相変わらずややこしい(^^;)
2人の出会いの時期がずれた事が、ハナさんがコハナちゃんになってしまった理由だったんでしょうね(リアルな理由はこの際言いっこなしね(^^))

結局桜井さんの素顔は最後まで分かりませんでしたが、それもまた良いかも知れませんね(^^)
因に、EDタイトルを見るとどうやら“岡野友信”さんという方が演じられていた模様です。

※エンディング
先を争って飛び込んでくる尾崎さんと三浦さん、それを笑顔で迎え入れる愛理さん。
いつもと変わらないミルクディッパーの光景で、なにかとても安心する風景です(^^)
よ〜〜〜く見ると、壁にはリュウタロスの絵らしき物が貼られているのですが、経緯は分からないけど、どうやらリュウタもやっとあの絵を愛理さんに渡せた様で、ヨカッタ!

オーナーに電王パスを返却し、デンライナーを降りる良太郎(モモ達がそのまま乗ってるのは、多分功労賞みたいなもんか?(^^;)
みんなが挨拶しながらも、何故かそっぽ向いてるモモタロス(^^;
そんな一同に“ありがとう”の言葉をかける良太郎。

自転車で走る良太郎の横を、駆け抜けてゆくゼロライナーとデンライナー。
みんなが良太郎に、TVの前の視聴者に、思い思いの“挨拶”を手向けていく中、意地張ってたモモタロスも遂に窓におでこぶっつけながら(笑)良太郎に心からの言葉を投げかける。
「また会おうぜぇー!」
ホント、モモらしいや(笑)

みんなが、それぞれの時間に帰ってゆく・・・けど、それは決して別れなんかじゃない。
いつかきっと再び会える、語り合える日が来る、そんな希望に満ちた旅立ちなのだから・・・
「いつか、未来で!」
良太郎の笑顔が、そんな希望の時間を全て表しています(^^)

END

※そんな訳で
私の「仮面ライダー電王」の感想記事も一応これで終了させていただきます。
最初にも書いたように、これだけ毎週楽しく観れたライダー作品は本当に久しぶりだったし、私の中では“平成仮面ライダー”の中では「響鬼」(前半)を抜いて1番好きな作品と相成りました(因みに、これまで1番だった「クウガ」はめでたく“殿堂入り”って事で)
途中、何度かアクシデントもありましたが、それすらもエネルギーに換えて全速力で駆け抜ける“勢い”に溢れた作品だったと思います。

まだ余韻があるし、書き漏らした事もあるんで、できれば総論みたいなものが改めて書ければいいなと思ってますが、一応それは未定って事で御勘弁(^^;

そんな訳で、拙い感想におつきあい下さった方、本当にありがとうございました!

いつまでもクライマックス!!(^^)

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック
/ TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
ISBN : B000WOTYC4
スコア選択:
[PR]
by yaskazu | 2008-01-24 23:55 | 仮面ライダー | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/7337808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 埴輪の寝言 at 2008-01-26 15:56
タイトル : 電王最終回
毎年恒例でオープニングがなく、エンディングに初期バージョンの主題歌を持ってきていた。 ... more
スペルボーン(Spellborn)