最近の夜中のアニメとか
最近は深夜にアニメを観る事なんてとんと無くなって、先日関西でもようやく放送の始まった「スカルマン」をビデオ録りしてる位ですか・・・

寄る年波で起きていられない(苦笑)って事もあるんですが、やはり近年の明らかにマニアを狙ったものや、いわゆる“萌え系”作品にはもはやおぢさんの感性がついて行けないのが一番の要因ですね(^^;

そんな中で、数少ない視聴作品もあります。



「ラブ☆コン」
関西ではこれ深夜にやってます。
コレの前にやっていたのが、私が近年の深夜アニメでお気に入りだった「地獄少女・二籠」でして、その流れで半ば惰性で観てるって部分もあるんですが、また随分と「地獄少女」とは真逆の作品だなぁと思いつつ、結構楽しんでます(苦笑)

しかし、これ観てると私なんかの世代はどうも「THEかぼちゃワイン」が思い浮かんじゃうんですが、「かぼちゃワイン」は結構エッチネタがあったのに対して「ラブ☆コン」は結構爽やかで健全なラブコメですね。
御時世って事もあるかも知れませんが、やはりこれは原作が少年漫画か少女漫画かってところが大きいのかな?


「ぼくらの」
これも、この前にやってた「RED GARDEN」を、寝つけない時とかに観ていた流れで観てる作品。
特に好きと言う訳ではない・・・むしろ私的にはあまり好きではないタイプの作品ですが、何故か引込まれるものがあります。
なんと言うか、作品の方向性としては「エヴァンゲリオン」的なものを強く感じるのですが、「エヴァ」自体がさほど好きではないからそう思うのかも知れませんがね(いや「エヴァ」が業界に与えた影響は認めるけどね)

因みに、アニメ化の際には原作とは著しく変更されてる部分があり、原作のエピソードを消化した時点でアニメのオリジナル展開になるらしいのですが、その事でファンから凄まじい拒否反応が起こっていると言う事です。
私は原作漫画は読んだ事はありませんが、原作と映像化作品が違う事など当たり前の事だというのはこれまでの数多の例を挙げるまでもないとは思うのですが、恐らく原作にはそこまで“コア”なファンをつくるものがあるのかも知れません(まぁ、多分に騒ぎだけが一人歩きしてるってのはあるでしょうが・・・(^^;)

なんにしても、おぢさんには厳しい昨今のアニメ事情です(^^;


ラブ★コン (1)
中原 アヤ / / 集英社
ISBN : 4088474872
スコア選択:



ぼくらの 1 (1) (IKKI COMICS)
鬼頭 莫宏 / / 小学館
ISBN : 4091885020
スコア選択:
[PR]
by yaskazu | 2007-07-24 22:50 | アニメーション | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/5966639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 清田 Weblog at 2007-07-25 11:49
タイトル : 新世紀エヴァンゲリオン
新世紀エヴァンゲリオンはアニメを語る上ではなくてはならない存在だと思います。 今年にまた映画をやるそうですが... more
<< またまたちょっと・・・ 時限爆弾? >>