また、お別れの話・・・
立続けに湿っぽい話になっちゃいそうですが、この方も逝かれてしまいましたか・・・
名脇役・高松英郎さんが死去、77歳




特撮物とは直接の繋がりは無さそうでも、この人が鬼車こと“車周作”を演じた「柔道一直線」は、様々な面で「仮面ライダー」の源流であるのはファンには周知の事実だし、先の記事で触れた“佐々木守”さんを始め、“上原正三”“雪室俊一”と言った私ら世代のファンにとっては切り離せない方達が脚本書いてたり、更にこの番組の時間帯が“あの”タケダアワーであったりと、実は非常に特撮物とは縁の深い作品なんですね(てか、いわゆる“変身ヒーロー”が居ないだけで、立派な特撮物ですわな!)

でも、それ以前に高松英郎さん自体が、とても味のある、好きな役者さんでしたからね。
そういう方がまた1人、居なくなってしまうのは淋しいものです。
なんだか急逝された御様子ですが、「柔道一直線」の“原作漫画”では、最終回に車周作は場末の飲み屋でTVの中の一条直也の活躍を見守りながら急逝すると言う結末を迎えるんですが、妙なところで因縁を感じちゃいます・・・

ごゆっくり、おやすみください。

柔道一直線 DVD-BOX 1【初回生産限定】
桜木健一 / / 東映
ISBN : B000FVGPOY
スコア選択:


必殺仕置人 VOL.5
山崎努 / / キングレコード
ISBN : B00005V2AY
スコア選択:
最初期の頃、準レギュラーで出られてたんですよね!
天神の小六って言う、大物の牢名主で、実にハマッてました!
[PR]
by yaskazu | 2007-02-27 21:43 | ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/4708236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2007-02-27 22:15 x
あの「車先生」が…(無言)
色んな意味で(個人的に)ウルトラマンレオとも重なる柔道一直線、スポ根のはしりでもあり、今思えばまさに特撮でした。先生の飛ばした激。魂や気合を忘れない。それがお世話になった私達視聴者の努めのような気がします。
ご冥福をお祈りします。
Commented by yaskazu at 2007-03-01 23:52
車先生は勿論、個人的にも好きな役者さんだったんで、またこういう人が居なくなっちゃったのかと思うと、それが寂しいんですよね。
見守って下さいとねと、空に話しかけたいものです。
<< ウルトラマンメビウス・第45話 銀の光の流れ星 >>