宇宙の星よ永遠に
ネットサーフィンをしていて、偶然この方の訃報を知りました。
訃報:星山博之さん(脚本家)

亡くなったのは7日と言う事ですが、新聞やネット上のニュース等では見かけなかった為、今まで気づきませんでした・・・



基本、特撮物をメインにヲタをやってる私ですが、アニメだって勿論好きだし、それが嵩じて一時期はその業界に身をおいていた時期もある身ですから、この方のお名前も非常に馴染みの深いものです。

考えてみれば中高生の頃、ある意味特撮物以上に影響を受けた(当時の)サンライズ系のロボットアニメには、大抵この人の名があったものです。
当時は私も今ほど“脚本”と言うものを意識してらおず、もっぱら“富野演出は凄い”だの“金田伊功とスタジオZの回は何を犠牲にしてでも観ろ!”とか、今思えばかなり気恥ずかしい事を周りに熱弁していたものです。

映像作品における“脚本”の役割りの重要性を知ったのはそれから幾年も後、そして私の人生観に影響を与えた「無敵超人ザンボット3」の中の忘れ得ぬエピソード「アキと勝平」や、あの「機動戦士ガンダム」の第1話「ガンダム大地に立つ」のホンを書かれたのが星山博之という脚本家だと知ったのは、更に後の事でした・・・

御冥福をお祈りします。

機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)
/ バンダイビジュアル
ISBN : B000ETQSKS
スコア選択:


無敵超人ザンボット3 DVDメモリアルボックス
/ バンダイビジュアル
ISBN : B00009KM13
スコア選択:
[PR]
by yaskazu | 2007-02-18 21:40 | ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/4636848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ウルトラマンメビウス.44話 電王.第3話 >>