世代
浅田真央選手に続き、今度は村上佳菜子選手も、現役引退を表明されました。

自分がフィギュアスケートを見始めた切っ掛けは、夕食時とかにおかんが見ていたのを、他に取り立てて観るものもなかったので、それに付き合ってというのが始まりでした。

その頃に活躍していたのが、女子の選手は、荒川静香、中野友加里、村主章枝といった面々で、それに続くように出てきたのが、安藤美姫、浅田真央、鈴木明子の顔ぶれで、その後に村上佳菜子選手といった感じだったと記憶してます。

スポーツの世界は世代交代が激しいし、取り分けフィギュアスケートの女子は、それが歴然としているように思います。

自分がフィギュアを見始めた頃の選手が、事実上これで皆さん、現役を退かれてしまいました。

新しい世代が育ってきていて、それはそれで楽しみだとは言え、やはり少し寂しいですね。
[PR]
by yaskazu | 2017-04-24 22:10 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/27753954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 50発 緊張の理由 >>