緊張の理由
4月の人事で、スタッフの入れ替えがあるのはどこでも同じ。
先日のエントリーでも触れたように、病院も人事異動や新人さんの現場入り等で、顔ぶれが一新されたてたりします。

これまで、自分の担当だった心臓関係の女性の先生も、外来の曜日が変わったために、今回からは別の男性の先生に交代。
カルテは引き継いではいるものの、細かい部分は直接話して、新たに関係を築いていかなきゃという点では、こういう場合も同じですね。

胃腸関係の先生は、今まで通りの女性の先生なので、こちらの方は診察室に入って、検査の結果を聞いたり、次の予定を話したりしてるだけでも、妙に安心したりするのは、不思議なもの。

そう言えば、診察前に心電図をとるのですが、ここの技師の方も、新人さんに変わっていました。

その方が・・・



これまた若い、眼鏡の似合う爽やかな感じの女性で、新人さんということもあり、初々しい雰囲気も放っているし、ぶっちゃけちょっと“好み”のタイプ(^^;

そんなだから、普段からそういう若い女の子と触れ合うチャンスのないおじさんは、年甲斐もなくちょっと緊張したりして・・・色んな意味で(←おい!)

身体にクリームを塗られ、手足に、例の洗濯ばさみみたいなのと、心電図の電極を付けられ、検査開始というときに・・・

「少し、手と肩に力が入ってますね、楽にしてください(^^)」

なんて言われてしまいました。

緊張の理由は・・・

おぢさんってのは、案外純情なもんなんだよ、ということにしておきましょう(笑)
[PR]
by yaskazu | 2017-04-22 22:17 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/27748385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 世代 問題はない、けれど・・・ >>