忘れてた訳では・・・
宇宙船の最新号。

発売日にはちゃんと購入してたし、特に忘れていた訳ではないのですが、今月は初っ端から妙に所用、野暮用が立て続けで、半月以上経ってしまいましたが、取りあえず掻い摘んで紹介だけ、しておきます。

f0124763_21295229.jpg

お馴染み、巻頭のディティール・オブ・ヒーローズは、仮面ライダーエグゼイドより、エグゼイドマキシマムゲーマーや、仮面ライダーポッピー始め、一挙に6体のスーツを紹介。

エグゼイドに関しては、正直番組自体にイマイチ乗れないことや、キャラクターのデザインがどうも肌に合わないというところはあるんですが、造型物に関しては、デザインを立体に起こす際の、制作者の創意工夫や、処理のセンスには相変わらず目を見張るものがあり、そこは見ているだけで楽しいです。

現行番組や、新作映画に関する情報は、概ねいつも通りな感じな中、実写版「破裏拳ポリマー」に関しての、坂本浩一監督のインタビューで、こういうヒーロー物の撮影用のスーツに関して、日本とハリウッドとの考え方や、製作体勢に違いといった話は、双方を経験されてる坂本監督ならではで、興味深かったです。

他の連載記事の中では「岡野剛の特撮夢想」が、今回は「円盤戦争バンキッド」のバンキッドスワンで、バンキッドの番組の性質上、変身後のスーツアクターも変身前の子供達が演じていたという話から、スワンの白鳥ほのかちゃんは当時15歳くらいで、“蕾が花開く前の固さと軟らかさを兼ね備えた少女の曲線美にドキドキ”という一文に、激しく同意していたという・・・(^▽^;

あと・・・



f0124763_2129448.jpg

春の号といえば、恒例のイヤーブック。
今回も、前年度の作品群を、そつなくフォローしていて、手軽な資料としての価値は十分だと思われます。

ただ、可もなく不可もなくすぎて、少し物足りないのも確かなので、もう少し突っ込んだ内容にしてほしかったかも・・・

ということで、おくればせながら、宇宙船の紹介でした。

宇宙船vol.156 (ホビージャパンMOOK 790)

ホビージャパン


[PR]
by yaskazu | 2017-04-17 21:32 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/27734428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本は広い 夏日手前 >>