声かけ
先頃起きた、痛ましい事件。

逮捕された容疑者が、PTAの会長も務める、子供達の見守り隊の人物だったということで、各方面に多大な衝撃を齎せている様子。

自分も、これに関しては少し思うところあり。

何かというと・・・



自分の地元は、10数年前に某小学校に卒業生が襲撃、先生が1人亡くなられたという不名誉な事件があり、以来他の地区と比べても、小中学生の見守りや声かけを、市を上げて積極的に行ってきた地域。

にも拘らず、2年前には中学生の男女が、変質者(と思われる)人物に拉致、殺人死体遺棄という、全国ニュースにまでなった事件が起きてしまったことで、それまで以上に、子供に対する見守りや声かけを、地域の大人達が働きかけていこうとしている訳ですが、他府県での出来事とは言え、こういう事件が起きてしまうと、それこそもう、大人も子供も、誰を信じていいのか分かんなくなっちゃいますよねぇ?

そもそも、大人達に対しては、子供に対し積極的に声をかけ、事件に巻き込まれたりたりしないよう、見守っていきましょうとする反面、子供達に対しては、知らない大人に声をかけられたりしても、絶対についていかないようにしましょうなんて言うんだから、それこそ互いにどうすればいいのかということに・・・(^^;

少なくとも、町内の子供くらいは、みんなで見守り、親御さんと一緒に育てていく・・・なんて時代は、遠い昔になっちゃったんでしょうか?
[PR]
by yaskazu | 2017-04-15 22:12 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/27728663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏日手前 テイクオフ >>