総なめ
このところ、様々なところで賞を総なめにしてる感のある「シン・ゴジラ」ですが、とうとう“日本アカデミー賞“で、最優秀作品賞を獲得してしまいました!

『シン・ゴジラ』作品賞を含む最多7冠で圧勝!【第40回日本アカデミー賞】

【第40回日本アカデミー賞】「シン・ゴジラ」が作品賞含む7冠!

【日本アカデミー賞】『シン・ゴジラ』最優秀作品賞など最多7冠

監督賞や美術賞といった、スタッフに対しての賞はなるほどと思ったのですが、まさか最優秀作品賞まで獲ってしまうとは、これまでの同賞の傾向を考えれば、かなり意外で、正直ビックリしました(^^;

勿論、特撮好き、怪獣好きとしては、素直に喜びたいところだけど、あまりにも色々なところで賞を獲りまくってるのを見ると、逆に「マジか?」って気もしてしまいます。



前にも述べた気がしますが、多分庵野監督は、この映画は巷で云われているような意図(災害や政治を怪獣映画を通して描いた社会派映画…的な)で作った訳じゃなく、自分が観たいゴジラ映画を徹底的に拘り抜いて作った結果、世間にそういう風に受け取られる映画になったというのが、本当のところじゃないかと自分は思ってるんですが、それが一般に対しても、特撮や怪獣のファンに大しても、見事にツボに入ったことが、こういう各賞総なめみたいな結果に繋がってるのかもしれません。

さて、こうなってくると、いよいよ次は、オタ的には、ある意味最も注目すべき賞である“星雲賞”も有力になってきた感じです。

ここまで来たら、やっぱり獲ってほしいですね!

シン・ゴジラ Blu-ray特別版4K Ultra HD Blu-ray同梱4枚組

東宝



シン・ゴジラ PMフィギュア 熱線放射Ver. 単品 プレミアム フィギュア

フリュー


[PR]
by yaskazu | 2017-03-04 21:11 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/27610871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 変わり目 ただ風が吹いてた >>