尻餅
今日はおかんの病院。

年内最後ということもあり、待合室は満員御礼でごった返してましたが、なんとか席をとって、順番を待っていると、前の方でなにやらドスンという鈍い音が。

何が起きたのかと見てみると・・・



他の患者さんの、高齢の爺さんが転倒し、尻餅をついていた模様。

一部始終を見ていたおかんの話によると、元々その爺さん、結構背丈が高くて体格がいいわりには、足元がおぼつかないと言うか、歩幅が小さくて足を擦るような歩き方をしていたため、バランスを崩して転倒してしまったらしい。

場所が場所だけに、居合わせた看護師さんやらお医者さんやらが集まってきて、結構な騒ぎになり、そのまま車椅子に乗せられてどこかに連れて行かれたようだけど、特に大きなケガはなかったようだし、頭も打ってないようなので、意識もハッキリしてたから、多分大事には至ってないでしょう。

先日、当のおかんが転倒して大騒ぎだったので、少々ヒヤッとしましたが、そのことを忘れたように、他人事のごとく話すおかんが、余計に心配だったり、安心だったりと、なんとも複雑です(^^;
[PR]
by yaskazu | 2016-12-22 20:43 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/27380318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 待ってたよ・・・ 天の邪鬼 >>