真相
報道のあった当初から、いわゆる“ハニートラップ説”はありましたが、ああいうカタチで幕引きを行ってしまうと、逆にその疑いも強くなってしまった気が・・・(^^;

こういう事件だからこそ、被害者(と、呼ばれてる側)加害者(と、呼ばれてる側)双方の言い分を、平等に法廷で争って、決着をつけるべきではなかったのか?

そしてもし、万が一にも、これが本当に“ハニートラップ”の類いのようなものだったとしたら、真に裁かれるべき者が逆転してしまう場合だってある。



誤解のないように言っておけば、自分は今回加害者(と、呼ばれてる側)を擁護する気さらさらない。

ただ、あれだ大騒ぎしたわりには、あまりにも判断材料が少なくて、真相の欠片も見えないままに、こんな風に有耶無耶にされるのは、どうにも気持ちが悪い。

いや、被害者(と、呼ばれてる側)に考慮してって理由は、勿論理解できるんだけど、ならばこそ、真相や真実に目を背けず、しっかり向き合い、法で決着をつけてこそ、次の一歩を踏み出せるのではないのか?

・・・なんて風に言ってしまうのは、某刑事ドラマの警部殿の見すぎ・・・でしょうか?(^^;

いずれにせよこの事件、もの凄く“裏”のある気がするし、闇が深い気がします。
[PR]
by yaskazu | 2016-09-10 21:37 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/25845913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 暑の戻り 一過ならず >>