ラムネが入らないラムネケース
先日、買物時に見かけて、半ば衝動買い的に買ってしまった、食玩。

ハイパーディティールギアと名付けられた、仮面ライダーの変身ベルトのバックル部分を、タブレットケースの名目で商品化したものですが、これが結構いいデキなんですよ!

f0124763_2041036.jpg

今回は、先日紹介した真骨彫のアルティメットフォームに合わせて、ライジングアークルのみ購入しましたが、この他にもノーマルのアークルや、電王ベルト、Wドライバー、ロストドライバー等が商品化されています。

f0124763_20405110.jpg

今回は写真は撮りませんでしたが。箱の中には商品本体が、ブリスターに入って梱包されてます。

本体はこんな感じ。
アマダム周辺の古代文字、装飾部分の作り込みや、彩色等、非常に細かく作り込まれています。

自分の撮影環境やデジカメの性能では上手く写りませんでしたが、アマダム部分のスモークブラックのカバーの中も、しっかりとディティールが作り込まれてます。

f0124763_20402742.jpg

裏側は成形色のままで塗装部分はありませんが、のっぺりとした平面ではなく、ディテールが細かく作り込まれていて、好印象。

以下、もう少し。



f0124763_20401196.jpg

本体以外には、台座と“おまけのラムネ”が入ってます(笑)
ラムネは、いわゆる“フリスク”くらいのサイズで、ラムネ菓子としては多分標準的な大きさでしょう。

f0124763_20394834.jpg

裏蓋をスライドさせると、中にラムネを入れる穴が表れます。

・・・・が!

なんと、名目上はタブレットケースなのに、ラムネ菓子がせいぜい3粒くらいしか入りません!

ダメじゃん(^^;

まぁ、これを本当にタブレットケースに使う人はまず居ないでしょうから、無問題ってことで(笑)

f0124763_20393346.jpg

台座に置くと、こんな感じ。
特に差し込むとか、固定するのではなく、本当に“ただ置くだけ”です(^^;

とは言え、台座側に“窪み”になってる部分があって、そこにベル下部の曲面を沿うように置くので、揺らいだり転がったりということはありません。

こうして飾ると、中々渋くていい感じなんじゃないかと。

f0124763_20392168.jpg

真骨彫アルティメットフォームと並べてみるのもいいかも。
色々とポーズや配置を考えて、透明ケースに入れて飾ったら、ちょっとした店頭デスプレイっぽい、趣のあるものになるんじゃないかと。

そんな訳で、食玩“ハイパーディティールギア ライジングアークル”でした。

HYPER DETAIL GEAR KAMEN RIDER 10個入 食玩・タブレット (仮面ライダー)

バンダイ



HYPER DETAIL GEAR 仮面ライダー [02.ライジングアークル](単品)

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2016-09-04 20:54 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/25786463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 吉と出るか、凶と出るか・・・ 仕込んでますが・・・ >>