リバーシブル
少し遅れましたが「宇宙船」の紹介しておきます。

今回は、発売日に購入することが出来ず、翌日に本屋に行ったら、他の人の立ち読みで表紙が汚れてたり、中味が少し痛んでるのが1冊残っていただけで、とても買う気にならなかったため、不本意ながら、ネットで買うことにしました。

それが到着したのが今朝で、取り急ぎ中味を確認しましたので、紹介をば。

f0124763_22142036.jpg

f0124763_22144193.jpg


今号は、表面が通常の表紙で、裏面も広告ではなく、記事内容を表記した“W表紙”という扱いになっています。

時期的なこともあり、スーパーヒーロータイムの夏の劇場版や、TVシリーズの展開に加え、シン・ゴジラの公開や、ウルトラマンの新作「ウルトラマンオーブ」の放送開始等、非常に情報量が多いため、こういう仕様になったかと思われます。



全体的には、前述のような内容の記事が多い中、恒例の撮影用スーツの特写記事“ディティール・オブ・ヒーローズ”は、「仮面ライダーゴースト」から、ムゲン魂、ダーウィン魂、ダークゴースト、ナポレオン魂、エクストリーマーと、いつにも増して盛沢山になっております。

加えて、今回特筆すべきは、巻末に“ディティール・オブ・ランヴァルズ”と銘打ち、「仮面ライダー鎧武」の事実上のラスボス“ロードバロン”が紹介されていること。

こういう“敵キャラ”というか、”怪人”のスーツを紹介するというのは、造型物好きにとっては非常に“そそられる”ものがあるので、今後も是非続けてほしい企画だと思います。

欲を言うなら、ライダー系だけでなく、ウルトラ系もやってほしいところ。
特に、新作の「ウルトラマンオーブ」に登場する新怪獣の造型は、かなり凄いようなので、是非詳細な写真で見てみたいもの。

他の記事で個人的に目を引いたのは、現役アイドルにも拘らず、非常に“コア”な怪獣オタの“相川菜穂”さんへのインタビュー記事。
こういう若い、しかも可愛い女の子の中に、怪獣に非常に“偏った”興味を持ってオタ化する人が出てくるとか、おじさんは妙に嬉しくなってしまいます(^^)

今後とも、是非その偏ったオタ道を精進してほしいものです(笑)

そんな訳で、「宇宙船」153号の紹介でした。

宇宙船 vol.153 (ホビージャパンMOOK 731)

ホビージャパン


[PR]
by yaskazu | 2016-07-04 22:17 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/25409293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 微熱 シャトル >>