傷つくことに弱虫なんて乙女がすたるもの
仮面ライダーゴーストや、動物戦隊ジュウオウジャーの、夏の劇場版の情報が解禁されてきた中、自分的に俄然注目してしまったのは、むしろこちらだったり(^^;

大正ロマン漫画『はいからさんが通る』初の劇場アニメで“復活” 17年公開

「はいからさんが通る」劇場アニメ化決定!じゃじゃ馬・紅緒の大正ロマン

はいからさんが通る 公式サイト

はいからさんが通る 公式ツイッター

実は、自分は「はいからさんが通る」の原作は、断片的には読んでるけど、しっかり通しで読んだことはないんですよね(^^;

それもあって、当時TV版アニメシリーズは結構楽しみにしてたんですが、結局途中で残念なことになっちゃいましたからねぇ・・・



その後、南野陽子主演で映画化された際は、そのころ「スケバン刑事II」以来、“ナンノ”に嵌まってた自分は、かなり喜んで映画観に行きましたよ(恥ずかしい思い出(^^;)

いや、でも当時の南野陽子と、“花村紅緒”のイメージはバッチリと嵌まってたし、なんと言っても伊集院少尉役の阿部寛が、ある意味で原作を“越えちゃって”たのが、なかなかツボッたんですけどね(笑)

映画自体も、なかなか面白かったと思うんですが、あの長編が約2時間程度の尺に上手く収まるはずもなく、不満の残るものになってしまったのも事実。

個人的には“蘭丸”が出てこなかったのも不満だけど、“酒乱童子”や“お引きずりさん”が、どんな風に実写になるのかを、密かに楽しみにしてたんですけどね(笑)

その後も、関西ローカルでの“宝塚”の番組での舞台化や、単発ドラマ化等されてはいるものの、なにか映像化には恵まれない作品なんですよねぇ・・・

今回のアニメは、劇場版と言うことですが、どういう内容で、どういうカタチで公開されるのか・・・

今後の情報を、注目しておきたい作品です。

はいからさんが通る 全4巻完結 (文庫版)(講談社漫画文庫) [マーケットプレイス コミックセット]

大和 和紀 / 講談社



はいからさんが通る [DVD]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


[PR]
by yaskazu | 2016-06-03 21:46 | アニメーション | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/25295055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 微妙な時に・・・ もはや妖怪の仕業 >>