守れ地球を、その腕で
特撮ファンとしては、あんまり愉快じゃない・・・というか、むしろ不愉快な話しだし、以前から“そういう噂”があったのは認識していたけど、決して積極的に取り上げたい話ではなかったので、今まで触れてはいませんでしたが・・・



色んなTV番組で取り上げられ、挙げ句に“土下座”の映像や、御本人の言い訳がましいインタビューとかまで、半ば興味本位で流されちゃうとね・・・

勿論、やっちゃったことは擁護のしようがないし、するつもりもないけれど、ああいうのを見ると、ヒーロー番組に出演すること、ヒーローであり続けることが、如何なる意味を持つのかというのを、改めて考えさせられます。

ただ、例えその作品に出た俳優や、製作したスタッフに何らかの問題があったとしても、作品そのものや、映像の中に刻み込まれたキャラクターは、永遠だということは、忘れたくないものです。
[PR]
by yaskazu | 2016-05-30 21:59 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/25281745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 一応、まだ5月です 巷に言う・・・ >>