閉じてしまう・・・
この1月に、新年会に利用させてもらい、当ブログでも紹介させていただいた“元祖怪獣酒場”が、残念ながら閉店となってしまうそうです。

当時の当ブログの記事
怪獣酒場・店舗編

怪獣酒場・料理編

円谷プロ公式のお知らせ
「元祖怪獣酒場」閉店のお知らせ

元祖怪獣酒場公式のお知らせ
パラレルワールドが閉じてしまう!!

自分らにとっては大変楽しい、居心地のいいお店だったので、また行ってみたいなぁと思ってたのですが、なかなか時間が作れないうちに、残念な事になってしまいました。

閉店までにまだ時間はありますが、今の見通しだと、多分行くのは無理っぽい感じです・・・



敢えてリンクは張りませんが、元祖怪獣酒場の公式ブログでは、パラレルワールドとオオサカの空間のひずみ云々と書かれてますが、リアルな表現でいえば、ぶっちゃけ利益が上がらなかったってことなんでしょうけどね(^^;

こういう類いの店は、元から“客を選ぶ”ものだし、文字通りマニアとかおたく以外の客が呼べるものではありませんからね。

それに、残念ながら、大阪は東京に比べ、こういう“オタク文化”は(発祥の地と言われるわりには)なかなな浸透しない、商売に繋がり難いようだし、更にアニメに比べ特撮は、一層その傾向が強いというのは、関西の特オタである自分自身が肌で感じるところ。

まして、その特撮の中でも“昭和ウルトラ限定”とくれば、本当に来る客は限られちゃいますしねぇ(苦笑)

ただ、一番の原因は、やっぱり“場所柄”じゃないかなぁ・・・とは思います。

ミナミの、なんばグランド花月の中という、ある意味最も“大阪らしい”場所は、逆に他の一般のお客さんにとっては、興味を持ってもらえない場所だったとも言えるし、特撮オタクにとっては、ちょっと敷居の高い場所だったかもしれません。

もっとリアルな話をすれば、あの近辺は、このところの“瀑買いの中国人”等の、観光客の影響等で、土地の価格が桁違いに上昇しているらしく、その影響で、どこのビルも“テナント料”が、とんでもないことになっている、と言う話も、小耳に挟みます。

つまり、そんな状況下でも、常に黒字を出し続けるような店でもない限り、保たないなんてことは、十分に考えられます。

まぁ、決まってしまったことは仕方ありませんが、自分としては、頑張ってほしかったなぁと・・・

ただ、一抹の希望としては、東京の怪獣酒場は、一旦閉店したあと、場所を変えて再開した経緯もあるので、大阪の方もそういう方向で、どこかで再開してくれたらいいのになぁ・・・とは、思います(^^;
[PR]
by yaskazu | 2016-04-13 23:31 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/25130197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 1983年の衝撃 春眠 >>