シール
先日TSUTAYAで借りてきたDVDを観ようと、プレーヤーにかけたところ、なんと読み込みエラー!

ディスクに傷でもついてたのかと思ったけど、よく聞いてみると、機械の中から何やら「カサカサ」と音が・・・

そこでピンときて、ディスクを取り出したところ、店側がディスクの表側に貼った、管理用のシールが、半ば剥がれかけた状態で、ペロンと反ってました。

実は以前似たようなことがあって、その時は自分が入院中に、録り逃してしまった番組をダビングしてもらい、友人は気を聞かして、タイトルを書いたシールをディスク表面に貼ってあってくれたんだけど、その糊が弱かったようで、それが中で剥がれかけたことで、ディスクの回転を妨げてたんですね。

レンタルのDVDやBDではめったにないことだと思うけど、それでもたまにシールの端っこが、ちょっとめくれかけてるものが、ない訳ではないものの、大抵は問題なく観れるんですけどね。

ただ、今回の場合は実際に不具合が出てしまい、ちょっと困ってしまいました。
店側の商品管理のミス・・・といえばミスなんですが、さすがに勝手に剥がすというのも気が引けるので、さてどうしたものかと。

で、結局・・・



管理シールの上から、セロテープを貼って、シールの“浮き”を押さえてみたところ、無事観ることができました(^^)

観終わったあとは、シールを一緒に剥がさないように、セロテープを慎重に取り、元の状態に戻しておきました。

あのままだと、次に借りる人が困るかも知れないので、返却の際に、一声掛けておくつもりです。

しかし、あのシール、正直なんとかならないものでしょうかね?(^^;
[PR]
by yaskazu | 2016-03-22 22:16 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/25069277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< キック 鼻水 >>