月日
東日本大震災から5年。

5年と言うのは、長いようで短いような、感覚的にピンとこない月日に感じるのですが、2011年の3月頃、震災を除いた世間や自分は、どんな風だったと、思い返したり、当時の自分のブログを読み返したりすると、案外溜飲が下りたりします。

2011年当時は、まだ民主政権まっただ中で、自民党が政権奪還のため、あらゆる手段を行使していた頃。
震災当初の対応の遅れに、一気につけ込まれたことが、民主政権に与えたダメージは大きかったけど、そこを利用する自民党に対しても、当時は嫌悪感を持ったものです。

そして、この年の7月には、TVの地上波は完全にデジタル波に移行と言うことで、対策をどうしようかと、模索していたのもこの頃だったと思います。
震災が起きた時はまだウチは地デジ化が出来ておらず、アナログ波でニュース等を観ていた記憶があります。

そして、その当時に「ポポポポ〜ン」のCMが、トラウマになってたり(^^;



個人的なことでいえば、丁度その震災の直前に、近所にあったコンビニが閉店して、ちょっと不便になったりとか、それまで使っていたデスクトップのMacが壊れて、初のノートパソコンのPowerBookを購入する算段をしてたことが、当時のブログに記されてます。

その最初PowerBookも、媒体が物理的にクラッシュしたため、現在使用してるMacBookに替えたから、5年で都合2回、パソコンを替えたことになります。

また、PowerBookを中古購入したショップも、現在は閉店してしまいましたから、そういう部分でも、歳月と言うのを、皮膚感覚で感じます。

あと、当時はまだツイッターはやってなくて、このエキサイトブログ以外には、当時まだエキサイトが提供していた“つぶろぐ”という、ミニブログを利用していて、そこでいまツイッターでやってることの“ハシリ”のようなことをしていました。

“つぶろぐ”がサービスを終了したため、それまでやる気はあまりなかったツイッターを始めた訳ですが、それももう4年になりますから、本当に早いもんだと思います。

日曜朝のスーパーヒーロータイム、2011年3月当時は、戦隊が「ゴーカイジャー」が始まったばかりで、ライダーの方は「オーズ」が、中盤戦の盛り上がりを見せてた頃。
震災の影響で、放送が休止になったり、暫くCMが自粛され、提供バックからもスポンサー名とナレーションが消えたのを、鮮明に憶えてます。

そんな風に、記憶を紐解いてゆくと、5年の月日は、やっぱり長いようで短くもあり、短いようで長くもあるということになっちゃうんですが、さてその5年間で、復興が思うように進んでいないということを、本日もほぼ1日放送されていた“震災特番”のような、報道番組では伝えていたようです。

でもこれはね、ある意味仕方ない部分もあると思うのですよ。

比較論で語るべきではないけども、阪神大震災は、21年経って、表向きは復興したように見えても、TV等では報道されないような細かい部分では、まだまだ完全に復興したとは言い切れないし、多分100%は無理なんじゃないかと・・・

まして、地震の範囲や規模が桁違いで、津波や原発事故のトリプルパンチ食らってる東日本大震災が、5年で完全復興なんて、誰がどうやたって、出来ようはずがないんじゃないかと。

勿論、復興対策が遅れてることや、不十分なことに対しては、意見して然るべきだとは思うけど、だからと言って、それを野党が選挙を見据えた政権批判に利用したり、マスコミが無責任に報道するのは、もっと許されざる行為ではないかと、感じてしまいます。

今日で5年。

でも、明日からも日々は連綿と続き、時は流れてくし、それは終わることはありません。

生きていかなきゃね・・・
[PR]
by yaskazu | 2016-03-11 21:44 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/25036646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 寝かせて・・・(^^; 戻ってよいもの、よくないもの >>