割高
少々遅くなりましたが「宇宙船」151号の紹介。

f0124763_21455975.jpg

実際に発売されたのは、去年末の12月29にだったんですが、以前の記事に書いたように、いつも購入する本屋で買えなかった(買わなかった)ため、アマゾンで注文。

翌日には届いたのですが、既に年末の大掃除やらなんやらをやらなきゃならなかったので、今になってしまいました。

でも、去年末っていっても、まだ1週間前なんだよね(^^;

紹介・・・て、言ってもまぁ、内容的には特筆する記事もなく、何ら変わることのない“いつも通り”の「宇宙船」です(笑)

巻頭恒例の“ディティール・オブ・ヒーローズ”は、放送中の「仮面ライダーゴースト」より、ゴースト新フォームの“闘魂ブースト魂”“ゴエモン魂”“リョウマ魂”に、スペクターの“ノブナガ魂”に“ツタンカーメン魂”と、3人目のライダー“ネクロム”と、盛沢山。
造型物好きには、嬉しい記事なのは、相変わらず。

その『ゴースト」を始め、現行番組の「ニンニンジャー」と、新番組の「ジュウオウジャー」や、放送終了したばかりの「ウルトラマンX」等のTVシリーズ。

それらの作品の劇場版新作や、今年公開予定の「シン・ゴジラ」や、新作制作がアナウンスされてる「ガメラ」等、特撮作品に関しての情報は、ほぼ隙がないのは、さすが老舗だと思います。



昭和特撮の小特集は、今号は「レインボーマン」で、岡野剛氏の“特撮夢想”も、“死ね死ね団の女背幹部”となっていて、こちらは相も変わらずというか、どうやったらこんな可愛らしいキャラに脳内変換できるんだろうかと、楽しませていただけます(笑)

個人的にツボッたのは、「ニンニンジャー」の脚本の“下山健人”氏の連載4コマまんが“うちのおししょう”
師匠である“浦沢義雄”さんを、結局「ニンニン」のゲスト脚本に呼べなかったことをお詫びすると、そんなの気にしてないよと言いつつ、でも本当はやりたかった本音を漏らすという内容のもの(笑)

いや、でも自分も浦沢脚本の「ニンニンジャー」は、正直かなり観てみたかったぞ!

最新号の「宇宙船」は、そんな感じの内容でしたが、今回は想定外のネット購入で、代引き料の分少し割高になってしまったというのが、最も印象に残ってしまうという、違う意味で忘れられない号になってしまいました(苦笑)

宇宙船vol.151 (HOBBY JAPAN MOOK)

ホビージャパン


[PR]
by yaskazu | 2016-01-04 21:47 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/24833553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< まだいっぱい 大移動 >>