第2ステージ
大阪W選は、府知事、市長、共々、維新候補の再選。
それも、ほぼ圧勝といっていいものでした。

正直、今回は相当(維新にとって)厳しい選挙になると思ってたのですが、そういう意味では、少し意外だったかもしれません。

まずは、当選おめでとうございます。
そして、全ての候補者の皆様、支持者の皆様、有権者の皆様、お疲れさまでした。

自分としても、支持した候補が当選し、一安心といったところです。



維新は、大阪都構想の再挑戦を掲げていて、ここは自分としても最も注目している政策。
その第2ステージが始まったということで、大変期待しています。

しかし、今回の選挙で最も注目すべきは、他会派のあれだけのなり振り構わない、巨大な“組織票”に、民意が勝利したということ。

これが意味することを、皆が考えてゆくべきことだと思います。
[PR]
by yaskazu | 2015-11-22 23:48 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/24698443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 急冷 自分次第 >>