太刀打ち不可
このところ色々あったというのもあるのですが、ずっと見逃していたハリウッド版・・・というか、“ギャレス版”の「GODZILLA」を、先日TSUTAYAの100円レンタルで、漸く観ました。

なんというか、改めて打ちのめされたとでも言いましょうか・・・
「アオイホノオ」で、焔モユルくんが庵野ヒデアキに、決して認めたくない“敗北感”を徹底的に受けたみたいなもの、とでも言いましょうか(^^;

あ、「アオイホノオ」を引き合いに出したのは、TSUTAYAでもやっとレンタル開始したから、1巻を「GODZILLA」と一緒に借りてきたからなんですが、それはまぁ、おいておいて(笑)

以前、当ブログで「パシフィック・リム」について触れたときにも同様のことを述べましたが、日本のお家芸とも言えるコンテンツである「ゴジラ」を、ハリウッドの技術力と資本力、映画製作に対する態勢や地盤の違いといったものをもって、あの完成度のものを作られてしまったら、もう本当にお手上げというか、太刀打ちできませんって。

悔しいけどね(^^;



映画全体の作りとしては、ハリウッドのお家芸の“パニック映画”を装ってるんですが、内容的にはもう、紛れもなく“ゴジラ映画”であり、“怪獣映画”以外のなにものでもありませんでした。
監督やスタッフは、本当に日本のゴジラ映画や怪獣映画をよく観て研究してると思うし、そのエッセンスを、自分たちの手法や流儀で仕立て直し、見事に自分たちの作品として作り上げたと言っていいでしょう。

新怪獣の“ムートー”は、デザインや存在、“描かれ方”が、怪獣と言うよりは、アメリカ的な感覚の“モンスター”に近い気がしましたが、“ゴジラ”の方は、見た目は随分ゴツくてスタイリッシュになってはいるものの、もう本当に紛うことなく“ゴジラ”以外のなにものでもなく、クライマックスのムートーとの決戦シーンは、脳内で伊福部昭の音楽が流れとりました(笑)

日本でも、新作のゴジラ映画が作られることは既に決定してますが、こんな映画作るヤツらと、正面からケンカ売ったって、到底勝ち目はありません。
自転車で戦車に挑むようなもんです(^^;

ならば、日本は日本流のやり方・・・

例えば、ミニチュアであったり、着ぐるみであったり、生身アクションであったり・・・

そういったものを、とことん突き詰めて、最高レベルのものに仕上げて勝負するしかない気がします。

ハリウッドは確かに凄いし、CGはもはや万能の無敵ツールであることに、異論はないし、認めざるを得ないでしょう。

それでも、自分は日本流の・・・日本の特撮が大好きだし、だからこそ日本のヒーロー物を応援していきたい。

樋口監督、庵野さん、日本版新作ゴジラ、期待してます!

GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組

東宝



S.H.モンスターアーツ ゴジラ (2014)

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2015-08-10 22:17 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/24351529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 油断大敵 無理はしないで >>